« 崩壊危機で使えない? 廃止する核実験場 | Main | ボタン・シャクナゲの当麻寺・石光寺へ(その2) /中将餅 »

04/23/2018

24年ぶりに当麻寺・石光寺へ(その1)

「3分間で早わかり!」(動画)の花シリーズの中に「ボタン」と「シャクナゲ」がまだなかったことに気付き、どこに行こうか?と考えました。

思い出したのが、二上山麓の当麻寺と石光寺。どちらも中将姫に縁のある、牡丹の花で有名なお寺です。本棚から、山と渓谷社のガイドブック「歩く地図 奈良・大和路」を取り出しました。おー懐かしい。

25年ほど前、北九州から大阪転勤になった頃、この本を片手に奈良・大和路を歩き回りました。特に古くて懐かしい日本の姿を現代に留めたような明日香村がお気に入り。当初、単身赴任だったこともあり、明日香村は毎週のように訪れ、レンタサイクルであちこち回りました。

「当麻寺(たいまでら)・石光寺(せっこうじ)」のページを開くと、「1994.5.1 (娘2を含めた家族4人の)イニシャル 10:50 アベノバシ急行」のメモ書き。
単身赴任の翌年、家族とともに芦屋に住み始めた直後でしょう。長女は大学に進学して別居だったのですが、連休で芦屋にやって来たようです。

そこで、24年前と同じく10:50 あべのばし発の急行に乗ろうと近鉄あべのばし駅へ。当時と同じく10:50発の急行がありました。もっとも車掌さんから「古市で準急に乗り換えることになります。その準急はいま反対側に停まっているあれですよ」言われ、10:54発の準急移動していざ出発!

|

« 崩壊危機で使えない? 廃止する核実験場 | Main | ボタン・シャクナゲの当麻寺・石光寺へ(その2) /中将餅 »