« みきゃん | Main | 踊るカレーうどん »

04/10/2018

瀬戸大橋開通30周年記念ヘッドプレートを付けた第1号電車乗車記念品

これをねらっていた訳ではありませんが、偶然自分の乗るマリンライナーが「瀬戸大橋開通30周年記念のヘッドプレートを付けた第1号電車でした。
香川県知事、岡山県副知事、JR四国社長などそうそうたる財界人を集めて、ホーム上で「披露式典」と「発車式」が行われました。

小学校の修学旅行で宇高連絡船に乗って、高松(屋島、栗林公園)、琴平等を回ったことを懐かしく思い出します。30年前の瀬戸大橋開通は本州と四国の人と物の移動を画期的に変化させました。道路だけでなく、鉄道併用ということも威力になりました。この30年間の利用者数は2億6千万人だそうです。

昔の宇高連絡船の名残りで、以前の高松駅は今より海に近いところにありました。長らく移設工事中の高松駅を利用して四国に出張していたことも懐かしいですね。

写真(後程追加)は瀬戸大橋開通30周年記念のヘッドプレートを付けた第1号マリンライナーに乗り合わせた乗客全員に配られた記念品です。

現場でNHKのインタビューに応じたのですが、帰宅して「NHK Web 香川のニュース」を見ると、画像はありませんでしたが(岡山で行われた式典の方は映像も)、「大<瀬戸大橋開通の思い出>阪の自宅にもどるために駅をおとずれていた70代の男性は「瀬戸大橋は景色がきれいで気持ちがいいです。記念列車に乗ることができてうれしいです」と話していました」という記述が・・・。これ、私が喋った話の一部です。小学校の修学旅行で宇高連絡船に乗った話もしたのですが。

Sp1220109


Sp12201121


Sp122014230


Sp122014330


|

« みきゃん | Main | 踊るカレーうどん »