« March 2018 | Main | May 2018 »

04/29/2018

ATCに行ったら めんたいパークで「できたて生明太子」を

前回買って美味しかったので、また買ってきました。
博多のめんたいを大阪の「めんたいパーク」内の工場で製造し、隣の即売店で冷凍せずにすぐ販売しているなんておもしろいですね。美味しいわけです。

Sp1220571


Sp1220563


|

四天王寺 春の大古本市へ

きょうは四天王寺境内で開催中の古本市へ。ざっと見て回って(といってもたくさんのテントがありますから何時間もかかりましたが)、買ってきたのは江戸時代の古文書を読むために役立ちそうなユニークな字典。厚さが45mmもあります。

音訓引きのくずし字字典兼国語辞典です。こんな字典があったのか! 江戸時代の古文書を読むのに、いわゆる古語辞典はほとんど役に立ちません。この字典は江戸時代の言い回しや言葉が豊富ですし、文中で小さく書く字を見出しで明示してあります。普通の辞書やインターネットで見つからない単語がかなり出てきます。異体字や国字の解説も丁寧。これは役立ちそう、と購入を決めて「こんな本を作ったのは、どこだろう」と出版社名を見たら柏書房。去年も一昨年も、四天王寺の古本市で買ったのは、古文書の辞書や学習書。まったくの偶然ですが、出版社もすべて同じ。今年1月、大阪府立中央図書館のイベントで「100人近くで一冊の本をつくる! たった独りで何十年もかけて本をつくる! 力の結集と、力の集中がこれまでに存在しない企画を生み出します! こだわり抜いた挑戦をぜひご覧ください」というPOPを掲げていた会社らしいなあ。

この店(テント)の店主から「古文書を勉強されているんですか。僕も古本屋仲間のつてで、大阪市内から大東市まで月に1回、勉強に出かけています。平野の古文書サークルの先生と生徒さんは、毎回四天王寺の古本市にやってきてたくさん買っていかれます」。
そんな話をしていたら、お客さんから「ここに並んでいる思想全集、2巻と?巻がぬけているけど、実はこの2冊はまだ発行されていないままなんですよ。<既刊分全冊揃い!>とネットで紹介すれば、またたくまに売れるのに」と店主に教えていました。へーえ、そんなこともあるんですね。古本屋も奥が深い。

Sp1220573


25sp1220576_2


Sp1220582_2


25sp1220577_2


|

不発の文春砲


http://www.sankei.com/premium/news/180429/prm1804290013-n1.html

|

動画 トミカ博 in OSAKA 2018


楽しいトミカワールドをどうぞ!

https://youtu.be/zz6xUW_OO5I

|

人間国宝 文楽太夫竹本住太夫さんお亡くなりに(4/28)


文楽の鑑賞だけでなく、NHKの古典芸能を解説している方や大阪市立大学学長との対談を生で拝聴する機会がありました。
「心にしみわたる語りで人間の情を表現した文楽界初の文化勲章受章者で人間国宝」でした。
謹んでご冥福をお祈りします。

|

04/28/2018

ボタン・シャクナゲの当麻寺・石光寺へ(その3) /相撲の神様当麻蹴速のふるさと

当麻蹴速(たいまのけはや)といえば、野見宿禰(のみのすくね)」とともに相撲の神様と言われます。『日本書紀』によれば、大和国の当麻邑(たいまのむら、現奈良県葛城市當麻)に住み、強力を誇って生死を問わない勝負をする者を欲していたため、これを聞いた垂仁天皇が出雲国から勇士であると評判の野見宿禰を召し寄せ、捔力(すまひ)で対戦させたところ、互いに蹴り合った後に、腰を踏み折られて死にました。

当麻蹴速の地元、当麻には相撲の博物館「相撲館 けはや座」があります。館内の土俵は本場所使われるものと同一です。

相撲館の前に蹴速塚があります。そこに乱暴者で宿禰にころされた蹴速が、なぜ地元でいまに至るまで親しまれているのか、ユニークな思いが書いてあります。

<蹴速は高慢な人のようですが、実際には都ずれしない素朴で野性的な性格のため、朝廷の人々と相いれなかったと想像されます。そのため、当地の人々からはかえって親しみをもたれた。石塔は田畑の中に鋤かれることなく貴重な遺跡として残されているのです。
勝者必ずしも優ならず時には商機と時運に恵まれず敗者となることもある。勝者に拍手をおくるのはよい。だが敗者にもいっきくの涙を注ぐべきではないか>。


Sp1220243

Sp1220245


|

クレーンで鯉のぼり

ニュートラムに乗っていたら、フェリーターミナル付近で、クレーンに吊り上げられた鯉のぼり群。去年も確かこの場所で見た覚えが・・・

Photo


|

久しぶりのたこ焼き

南港ATCで。


Sp1220561


|

世界最小自動車メーカーのとてつもなくでっかい博覧会

大阪南港ATCで開催中の「トミカ博 in OSAKA」に出かけました。ミニチュアカーいっぱいの華麗な世界、ちびっこに大人気ですが、大人も十分楽しめます。入場料900円。

巨大なジオラマの中を疾走するさまざまなミニカーの数々、エレベーターで次々高い位置に移動したミニカーが急勾配の道を弾丸のように下ったり上ったりするからくりスライダー。

自分で選んだ部品を使ったミニカーを組立ててもらえる工房やプレイランドなど(有料)、もちろん即売コーナーやレストランも。イベントだけの特別なトミカもいっぱい。1個600円のトミカが飛ぶように売れていました。しかも例えばアンパンマンのオープンカー(700円+税)は入場チケットの半券を提出して1枚につき1個限り、希少価値を植え付けるビジネスモデルですね。

トミカが模型だけでなく、衣類、雑貨、さらに食品まで販売している(もちろん自社で製造している訳ではありませんが)のには驚きました。トミカカレー、トミカふりかけ、トミカマカロニ、お風呂の香料まで並んでいました。

Sp1220474


Sp1220467


Sp1220495


Sp1220498


Sp1220518


Sp1220567


Sp1220570


|

たこ焼きも高嶺の花に?

明石や三原などタコの名産地は多いので、大半が日本産かと思ったら・・・。アフリカからの輸入価格が高騰しているそうです。

http://www.sankei.com/1804270002-n1.html

|

04/27/2018

ふー、やっと第1作目ができた


パソコンが壊れて、動画作成ソフト「MOVIE MAKER」が使えなくなり(MICROSOFTが供給中止)、「MOVIE STUDIO」を購入。パソコンが壊れた時のために、昨年無料の代替ソフトを見つけて、使用法を研究?し、自分なりの取扱いマニュアルまで作って(実際に作品も数本作りました)いたのに、今回ダウンロードしようと思ったら、なぜだかうまくいきません。無料とは思えない高機能ソフトでしたが、日本語が機械翻訳そのままでほとんど理解不能だったこともあり、使用をあきらめました。

「MOVIE STUDIO」はさすが本格的動画作成ソフトです。機能が豊富すぎて、マニュアルを読んでも素人にはよくわかりません。そこで今までの経験から「こうするのかな?」と試行錯誤でなんとか1本作りました。
もっとも意図しない動きをするパソコン相手に少々てこずりましたが・・・。
とにもかくにも、記念すべき第1作です。テーマは 4/19の葛井寺(ふじいでら)藤まつり。

「鳩さん、ちょっとちょっと!! きれいな白藤を食べないで」。 

https://youtu.be/SaNQ7To-YWI

|

04/26/2018

寝てるだけのお気軽野党議員はもういらない


http://www.sankei.com/premium/news/180426/prm1804260008-n1.html

|

Amazonのインチキメール


Eさんが紹介しているこの記事。怖いですねえ。

https://securitysoft.asia/sougou/column/amazonfake.php

|

04/23/2018

きょうのNHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」にあの本が

先週取り上げられた銀座の有名なクラブのママさん、まさかOさんがよく御存知の方だったとは・・・・
きょう取り上げていたのは、ユニークな「1万円選書」で知られる北海道・岩田書店の店主さん。予告編の冒頭に「パリのすてきなおじさん」が大きく出てきてびっくり。

今年1月、大阪府立中央図書館で出版社の社長さんが講演で「入社試験で<とにかく本が作りたい>というので採用した男が、なんと初日から遅刻するとんでもない男。ところが最初に企画提案した本を担当させたところ大ヒット。<なあに、ビギナーズラックさ>と言っていたら、2冊目もまたまたヒット。この男は、いつも定時で退社していましたが、じつはその後、あちこちの交流会に顔を出し、ユニークな知己を増やしながら、出版企画を練っていたのです」。

この新人さんが企画した2冊目の本が、「パリのすてきなおじさん」です。講演後、社長さんと話しながら私が買ってきたのもこの本でした。

番組の中で、岩田さんが「これね 思ったよりいい本なんですよ」と女性のお客さんを先導してこの本に近づき、手に取って渡します。ここで表紙がぐっとアップされ、画面中央にでかでかと。「じゃあ これも買います」、「ね、面白そうでしょ」、「パリに行ってこれを読む」、「そうそうそう そんな感じかな」、「すごい やった。ありがとうございます」。

あまり見ていない番組ですが、2週続けてなんとなくつながりを感じる話題が続きました。

|

「ナレ死」って?


「西郷どん」の島津斉彬がナレ死だと大騒ぎになっているそうですが、ナレ死って何?

「時代劇で武将が戦死する際に、最期のシーンが描かれないまま、アナウンサーのナレーションだけで語られること。2016年の大河ドラマ「真田丸」における有働由美子アナウンサーのナレーションが語源とされる」だそうです。

|

ボタン・シャクナゲの当麻寺・石光寺へ(その2) /中将餅

近鉄・大阪あべのばし駅から 橿原神宮前行準急に乗って 37分。当麻寺駅で下車すると、駅前に中将姫にちなんだ「中将餅」のお店があります。「24年前にもここで中将餅を買って食べました」と言うと、店のお姉さんが「私が勤め始めたのは12年前ですから、いませんでしたねえ」。店内は餅を買い求めたり、食べる観光客で混雑していました。

中将餅はよもぎ餅に餡を被せたおいしいお餅です。「やわらかくて変形しますので、出来るだけ水平に」言われましたが、「それは無理」。形が崩れないうちに撮影しようと、当麻寺の途中にある相撲館前のベンチに座って形の崩れていない中将餅をパチリ。2個入りは昼食に、5個入りはお土産。

Sp1220231


Sp1220236


Sp1220237


|

24年ぶりに当麻寺・石光寺へ(その1)

「3分間で早わかり!」(動画)の花シリーズの中に「ボタン」と「シャクナゲ」がまだなかったことに気付き、どこに行こうか?と考えました。

思い出したのが、二上山麓の当麻寺と石光寺。どちらも中将姫に縁のある、牡丹の花で有名なお寺です。本棚から、山と渓谷社のガイドブック「歩く地図 奈良・大和路」を取り出しました。おー懐かしい。

25年ほど前、北九州から大阪転勤になった頃、この本を片手に奈良・大和路を歩き回りました。特に古くて懐かしい日本の姿を現代に留めたような明日香村がお気に入り。当初、単身赴任だったこともあり、明日香村は毎週のように訪れ、レンタサイクルであちこち回りました。

「当麻寺(たいまでら)・石光寺(せっこうじ)」のページを開くと、「1994.5.1 (娘2を含めた家族4人の)イニシャル 10:50 アベノバシ急行」のメモ書き。
単身赴任の翌年、家族とともに芦屋に住み始めた直後でしょう。長女は大学に進学して別居だったのですが、連休で芦屋にやって来たようです。

そこで、24年前と同じく10:50 あべのばし発の急行に乗ろうと近鉄あべのばし駅へ。当時と同じく10:50発の急行がありました。もっとも車掌さんから「古市で準急に乗り換えることになります。その準急はいま反対側に停まっているあれですよ」言われ、10:54発の準急移動していざ出発!

|

04/22/2018

崩壊危機で使えない? 廃止する核実験場


http://www.sankei.com/world/news/180421/wor1804210057-n1.html

|

エリート官僚がスケベ親父になるわけ


http://www.sankei.com/premium/news/180421/prm1804210005-n1.html

|

04/21/2018

鳩さん、ちょっとちょっと!

藤棚から垂れ下がる藤の花は何とも言えない風情があります。50年以上前、母が「三永の水源池の藤がきれいらしいので見に行こう」とバスで出かけて見た藤はまことに見事でした。300m以上続く藤棚から地上すれすれの位置まで垂れ下がった枝に紫の花が満開。
あれほどの藤棚はその後50年以上見たことがありません。もっともネットで調べるとそんな写真は見つかりませんでしたので、現在はもう見られないのかもしれません。

ということで最近、藤の花に感動することはあまりないのですが、4/29に出かけた藤井寺市の葛井寺(ふじいでら)の藤で2つ発見が・・・

1.藤といえば紫を思い浮かべますが、白い藤もきれいですね。
2.白い藤の花(or 蜜)はおいしいらしく、鳩が群れて争うようにきれいに咲いている花をぱくぱく食べていました。
紫の方には寄り付いていません。思わず「鳩さん、ちょっとちょっと!」と文句を言いたくなる光景でした。

Sp1220188

Sp1220208


Sp1220215


|

04/19/2018

朝ドラ「半分、青い。」 に出てきた美少女は


https://mantan-web.jp/article/20180417dog00m200044000c.html

|

04/17/2018

いま解散・総選挙に踏み切れば、野党はそろって討死


http://www.sankei.com/premium/news/180417/prm1804170007-n1.html

|

04/15/2018

今週の週刊誌ウォッチング

http://www.sankei.com/premium/news/180415/prm1804150009-n1.html

|

財務官僚はただの経理担当者、家計簿の辻褄合わせしかやってない


http://www.sankei.com/premium/news/180414/prm1804140008-n1.html

|

04/13/2018

瀬戸大橋開通の思い出


開通直後の瀬戸大橋をマイカーで渡ろう、と当時住んでいた北九州からフェリーで松山へ。道後温泉で休憩後、瀬戸内海に沿って多度津?まで移動。予約していた瀬戸大橋開通に合わせて開業したホテルに宿泊しました。ガイドブックにプールがあると書いてあったので水着を持って行ったのに、影も形もありません。後でそのことを書いて手紙を送ると、丁寧なお詫びとお菓子が届きました。
当時、瀬戸大橋開通記念の博覧会が香川県の坂出と対岸の岡山県児島で行われていました。坂出のタワーは今もありますね。
眺めのいい大橋をマイカーで渡り、広島の実家に寄って陸路北九州まで帰りました。

あれからもう30年なんですねえ。

|

教育の中立性


http://www.sankei.com/column/news/180413/clm1804130004-n1.html

|

パソコンが壊れて

やらなきゃいけないことがいろいろ。

1. 次の購入ノートパソコン選び。コストパフォーマンスを考えて、メモリは8Gb、HDDは1TB、プロセッサーはいままでがペンティアムなので Core i3でもいいか。(予算に合う通販modelの中に、i5や i7がなかったので妥協)

2. PCが届いて。バッテリー充電、ケーブルテレビとネット接続(画面に表示されたネットワークの中から該当するものを選び、パスワードを入力すれば簡単に接続完了)、マイクロソフト アカウントとPIN登録、Windows10更新プログラムダウンロード、MICROSOFT OFFICE (WORD、EXCEL、POWER POINT)インストール、ウイルスセキュリティ(ソースネクスト)インストール(Windows10に替えた時から固定端末契約=インストールしたPCがこわれるまで、OSが替わっても使用可=に変わっていたことを忘れていたので、無駄な努力をしました。結局、1800円ほどのゼロウイルスセキュリティを購入してダウンロード。これでこのPCがこわれるまでセキュリティは安心です)。

3. 今まで使ってきたソフトのダウンロード。ソースネクストから購入したソフトの多くは、無償でネットからダウンロードできますので実施。問題は動画編集ソフト。MICROSOFTが供給を止めたmovie maker を諦めて、昨年検討して数回試用したソフトに切り替えなくてはいけない時がやって来ました・・・

いままでマウスしか使っていなかったので、高精度タッチパッドの使用に戸惑いも。マニュアルの記述が簡単すぎてよく理解できませんでした。いきなりタッチパッドジェスチャーの図解を取り上げるのでなく、タッチパッドの基本的な使い方をまず記述すべきでは?と思いますが

P.S
1.購入したのは Gatewayのノートパソコンです。昔、Gatewayのデスクトップを使っていたことがありますが、今回、実に久しぶりに使うことになります。もっともいまのGatewayは台湾・エイサーのブランドのひとつです。
2. 5,6年に1回の行事なので前回の苦労を忘れていますしねえ。パソコンに関する最近の知識もないし。動画ソフトは結局、sony開発品の簡易版を購入することに。使用法をこれから勉強しなければ。
3.4/14夕方、去年買い換えたふつうのプリンターのセットアップを行い、パソコンと接続したので無事印刷できるようになりました。引き続いてきのう真夜中ネットで注文し、その場ですぐダウンロードした元SONY開発の動画編集ソフト(何十万円もしていたものの簡易版を4000円台で新発売していたので)をいじって、使用法の概略がわかってきました。これで引き続き、動画が作成できそう。

|

04/11/2018

きょうの「歴史秘話ヒストリア」はあの話です


今年3月に聴いた「田辺製薬と島津義弘と住吉の関係」の話がテーマのようですね。田辺や住吉が出てくるかどうかはわかりませんが。講演会について書いた私のBlogは次の通り。
------------------
住吉大社に島津家初代・島津忠久がここで生まれたという「誕生石」があります。
3/17、大阪府立中之島図書館でおこなわれたセミナー「薬の町 道修町講座」の中で、住吉と島津家の関わりをもう一つ聞きました。

現存する製薬会社の中で日本最古の田辺製薬(現 田辺三菱製薬)の田辺家は、戦国時代、朱印船貿易を手掛けた豪商です。薩摩の島津家とも深いつながりがありました。とくに 関ヶ原で敗れた島津義弘が薩摩まで撤退する途中、田辺屋道與(どうよ)が助け、大阪の住吉に匿ったそうです。その恩義から島津が田辺に秘薬の調合法を伝授し、「たなべや薬」を発売し大ヒットしました。これが田辺製薬飛躍の礎となります。セミナーの中では、同社のその後の苦難の歴史も詳しく紹介されました。

田辺家が島津義弘を住吉に匿って助けなければ、田辺製薬は生まれなかった・・・

|

04/10/2018

踊るカレーうどん

うどん県で売っていたユニークなうどん。

Sp1220134_2


Sp1220136_3


|

瀬戸大橋開通30周年記念ヘッドプレートを付けた第1号電車乗車記念品

これをねらっていた訳ではありませんが、偶然自分の乗るマリンライナーが「瀬戸大橋開通30周年記念のヘッドプレートを付けた第1号電車でした。
香川県知事、岡山県副知事、JR四国社長などそうそうたる財界人を集めて、ホーム上で「披露式典」と「発車式」が行われました。

小学校の修学旅行で宇高連絡船に乗って、高松(屋島、栗林公園)、琴平等を回ったことを懐かしく思い出します。30年前の瀬戸大橋開通は本州と四国の人と物の移動を画期的に変化させました。道路だけでなく、鉄道併用ということも威力になりました。この30年間の利用者数は2億6千万人だそうです。

昔の宇高連絡船の名残りで、以前の高松駅は今より海に近いところにありました。長らく移設工事中の高松駅を利用して四国に出張していたことも懐かしいですね。

写真(後程追加)は瀬戸大橋開通30周年記念のヘッドプレートを付けた第1号マリンライナーに乗り合わせた乗客全員に配られた記念品です。

現場でNHKのインタビューに応じたのですが、帰宅して「NHK Web 香川のニュース」を見ると、画像はありませんでしたが(岡山で行われた式典の方は映像も)、「大<瀬戸大橋開通の思い出>阪の自宅にもどるために駅をおとずれていた70代の男性は「瀬戸大橋は景色がきれいで気持ちがいいです。記念列車に乗ることができてうれしいです」と話していました」という記述が・・・。これ、私が喋った話の一部です。小学校の修学旅行で宇高連絡船に乗った話もしたのですが。

Sp1220109


Sp12201121


Sp122014230


Sp122014330


|

みきゃん

愛媛県産みかん果汁入りの飴。

Sp1220135


|

04/09/2018

トミカの「ドクターヘリ」と「トーマスバス」


車だけかと思ったら、ヘリコプターまで。


Img_20180409_180515


|

政府の慰安婦「強制連行」答弁動かした民間力


http://www.sankei.com/premium/news/180409/prm1804090005-n1.html

|

04/08/2018

きょうの「めぐみへの手紙」


産経新聞に随時掲載されている横田早紀江さんの手記。きょうの紙面にも悲痛な叫びが書かれています。

Img_20180408_195822_2


Dsc_0060_2


Dsc_0057_2


Dsc_0058_2


|

04/06/2018

造幣局さくらバス


4月から、大阪市営バスは大阪シティバス、大阪市営地下鉄は大阪メトロに民営化されました。
きょうバスに乗ったら、例年通り「大阪造幣局さくらの通り抜け」のための「さくらバス」のポスターが貼ってありました。今年の「通り抜け」は 4/11から4/17までです。 

きょうMBSでソメイヨシノが満開の琵琶湖北端・海津大崎から中継していました。2年前に現地に行って素晴らしい景観を観てきましたが、今年もきれいに咲き誇っているようです。大阪のソメイヨシノはもう葉桜になっていますが、八重が中心の造幣局はこれからですね。来週11日から大変な人出でしょう。

P1220037


|

北朝鮮が拉致を認めたその時、「ありえない」と主張してきた人たちは・・・

今朝の産経新聞「私の拉致取材」第77回から。
「国家がそんな非道なことをするなんてありえない。産経は頭がおかしいのではないか」、そう堂々と主張していた政党もありました。マスメディアの大半は、頭から馬鹿にして取り上げてきませんでした。結果はどちらが正しかったか? 同様な実例はいくらでもあります。(「朝日の慰安婦強制連行は捏造」と産経が指摘し始めて間違いを認めるまでに20数年かかった等)。事実よりイデオロギーが先にある人、政党、マスメディアは信用できない。
---------------------------------------
(北朝鮮が正式に日本人拉致を認めたことで)多くの国民が「8人死亡」で 受けた衝撃とはまったく異質な ショックを受けて頭を抱えた人 たちが、日本社会には少なからずいた。言うまでもない。拉致 を産経などによる「捏造」「で っち上げ」としてきた人たちであり、「確証がない」「疑惑の 段階にすぎない」と北朝鮮寄りともとれる発言、論調を続けてきた政治家、文化人、学者、そ して一部マスメディアだった。 あるいは、どう転んでも北朝鮮が認めるはずなどないのだから、どうせウヤムヤのうちに終 止符が打たれる、とたかをくくっていた人たちだった。
いきなりはしごを外された思いだったに違いない。北朝鮮の度重なる強い否定と、確証がないということが、彼ら、彼女らの支えだった。
それが、一瞬にしてなくなっ てしまった。具体例は控える が、ある人は口をつぐみ、ある人は前言を翻し、ある人は前言さえ忘れてしまったかのように豹変した。
-----------------------------------------  

P12200420406


|

04/05/2018

リベラルとは「腹黒く、批判ばかり、自分だけ正義、自分の非を認めない、身勝手で他人の自由を侵害、現実を無視」


なるほど、なるほど。日本だけかと思ったら、最近はアメリカでもそう言われているそうです。

http://www.sankei.com/politics/news/180405/plt1804050005-n1.html

|

04/04/2018

大分のお菓子 ザビエル

大分とザビエルには深いつながりがあった・・・ザビエル公園という名の公園は、堺にも山口にも鹿児島にもありますが、大分にあったかなあ、と思ったら大手公園の中に、ザビエル像があるようです。長崎の平戸にもザビエル記念碑があります。

Sp1220035


Sp1220036


|

吉祥寺・小ざさ(おざさ)の最中

早朝から店に並ばないと買えない銘菓だとか。このデザインは何? お猿さん・・・じゃないか。
(写真:大阪まで移動中に、少し皮が割れています)

ダイヤモンド・オンラインによれば、「小ざさの年商は1坪で3億円を超えるという。 坪当たりの売上高は、世界企業のティファニーやアップルストアをも凌駕する。 その観点で見ると、あるいは、吉祥寺の「小ざさ」こそが、世界最強のビジネスと言えるかもしれない。 「幻の羊羹」は1日限定150本であり、1つ600円程度にすぎないから、売上の9割は実は「幻の羊羹」と同じ小豆を使った「最中」によってもたらされているという ...」。40年間、行列が絶えないそうですから、すごい和菓子屋さんですね。

Sp1220032


|

04/03/2018

ゴキブリ100万匹飼育、世界最大級の研究所が赤穂に


http://www.sankei.com/west/news/180403/wst1804030004-n1.html

|

動画 関西一の「背割堤さくらまつり」

Walkerの桜名所人気ランキング(2017)で堂々関西1位。全国でも4位の京都府八幡(やわた)市背割堤(せわりてい)の桜並木。堤、水上(宇治川のお花見船)、空(高さ25mの展望塔)から堤の上に続く1.4kmの桜並木を鑑賞できます。
堤の上に「伊勢湾台風の最高水位標識」がありました。

https://youtu.be/2HJfzxsoMTA

|

04/02/2018

続 背割堤(せわりてい)さくらまつり

現地で撮影した写真を何枚かご紹介しましょう。(後で動画も作成します)

Sp1210747


Sp1210757


Sp1210805


Sp1210845


|

これは便利、メガネ型拡大ルーペ

新聞広告でよく見かける1万円以上するメガネの上から掛けて使える拡大ルーぺ。効能通りなら、便利そう。某出版社が1,200円の製品を書店で売っていますが、ネットに「ピントが合わない」と批判していた人がいましたので、あまり興味ははなかったのですが・・・

きょう近くのジョーシン(電気屋)に行って、特売安売りコーナーで見つけたのがこれ。どーせインチキ?と思いながら置いてあったサンプルを掛けてみると、細かい字がくっきりはっきりと見えます。ピントもほぼ全視野にわたって合っています。私が日頃掛けている老眼鏡のメガネを外して、これだけの方がよく見えます。

値段も500円と安かったので、試してみようと買ってきました。某国製ですからあまり期待しているわけではありませんが。その人の視力によっては、ごく狭い範囲しかピントが合わないかもしれませんので、事前に確認をお忘れなく。

Sp1220025


Sp1220029


|

豆乳にも甘酒風味

豆乳飲料にも甘酒風味と言うのがあるんですね。甘酒ブームに便乗でしょうか。
なるほどほんのり甘くて甘酒の味がします。


Sp1220027


|

4/1の「そこまで言って委員会」に桂春團治さん出演

昨日は背割堤の桜を観に行ったので、録画で観ています。
4代目春團治師匠が初出演、ざこばさんの後釜? 半年間、大阪市大で講義を受けていたときの春之輔師匠に比べ、終始にこやかな表情でした。「金正恩は国民の幸せのために最高指導者の座を辞し、大阪に来て鶴橋で平壌冷麺の店でも始めたらいい」。すかさず辛坊さん、「そんな店主の店にだれも行きませんよ」。貴乃花親方には「親方と弟子が別々に暮らすなど相撲道から外れている。すっぱり相撲を諦めて、鶴橋でちゃんこ鍋屋を始めたら」。
ゲスト出演者の中に、橋下前大阪市長が。「佐川証人喚問で追求した国会議員はアンポンタン。弁護士なら<訴追の恐れがあるので回答をひかえる>とは言わせないように追求する」。久しぶりに元気溌剌とした橋下さんを見ました。
勤務先の東京新聞の社論と反対の論陣を張ってきた長谷川さん、3月でめでたく定年退職されました。今後ますますのご活躍を。

|

04/01/2018

背割堤(せわりてい)さくらまつり

京都府八幡(やわた)市と言えば、有名な石清水八幡宮のお膝元、吉田兼好の「徒然草」に山の麓の神社を石清水八幡宮と勘違いして山に上らずに帰った仁和寺のお坊さんの話がでてきます。「先達はあらまほしきこと」という中学の国語で習った一節です。
八幡市は、他に「エジソンの電灯に使われた竹の生産地」とか「日本でただ一つの飛行神社があるところ」として知られます。最近めっきり有名になってきたのが、淀川河川公園背割堤のさくら。

木津川、宇治川、桂川が合流して淀川になる地点に、関西で一番人気のあるお花見スポットがあるのです。昨日3/31から4/10まで、「背割堤さくらまつり」が開催されています。

昨日朝、よみうりテレビの辛坊さんの番組で、現地から大々的な中継を行っていました。堤の上に1.4km続く見事な桜並木があります。この桜を桜トンネルの中から見上げたり、宇治川に浮かぶお花見観光船から眺めたり、「さくらであい館展望塔」から全体像を観たり・・・。テレビではさらにドローン(もちろん許可を取って)で上空から俯瞰していました。

さすが関西一(HPによれば、全国でも第三位)のお花見人気スポットです。きょうは日曜日だったこともあり、大勢の人で混雑していました。きのうのテレビ中継も一役買ったことでしょう。

桜並木の長さでいえば、琵琶湖北岸の海津大崎も素晴らしいですね。あちらはなんと4kmも続いていますから往復8kmの桜のトンネルが楽しめます。もっともマキノ駅から桜並木までも少し歩かなければなりませんので、2年前、10kmくらい歩く羽目になったんじゃなかったかな。股関節手術後のリハビリのつもりがかなり激しい運動になってしまいました。桜は素晴らしいものでした。

きょうの動画はまだ作っていないので、今年のパンフレットと、2年前の「海津大崎の桜」(動画)をどうぞ。


Photo


Photo_2


https://youtu.be/hjUXK_vKnBU


|

すべて憶測


きのうの産経新聞「週刊誌ウォッチング」。

http://www.sankei.com/premium/news/180401/prm1804010013-n1.html

|

和田政宗氏、「メディアリンチ」と断固戦う


https://ironna.jp/article/9322?p=1

|

« March 2018 | Main | May 2018 »