« たこ焼きも高嶺の花に? | Main | 久しぶりのたこ焼き »

04/28/2018

世界最小自動車メーカーのとてつもなくでっかい博覧会

大阪南港ATCで開催中の「トミカ博 in OSAKA」に出かけました。ミニチュアカーいっぱいの華麗な世界、ちびっこに大人気ですが、大人も十分楽しめます。入場料900円。

巨大なジオラマの中を疾走するさまざまなミニカーの数々、エレベーターで次々高い位置に移動したミニカーが急勾配の道を弾丸のように下ったり上ったりするからくりスライダー。

自分で選んだ部品を使ったミニカーを組立ててもらえる工房やプレイランドなど(有料)、もちろん即売コーナーやレストランも。イベントだけの特別なトミカもいっぱい。1個600円のトミカが飛ぶように売れていました。しかも例えばアンパンマンのオープンカー(700円+税)は入場チケットの半券を提出して1枚につき1個限り、希少価値を植え付けるビジネスモデルですね。

トミカが模型だけでなく、衣類、雑貨、さらに食品まで販売している(もちろん自社で製造している訳ではありませんが)のには驚きました。トミカカレー、トミカふりかけ、トミカマカロニ、お風呂の香料まで並んでいました。

Sp1220474


Sp1220467


Sp1220495


Sp1220498


Sp1220518


Sp1220567


Sp1220570


|

« たこ焼きも高嶺の花に? | Main | 久しぶりのたこ焼き »