« すべて憶測 | Main | 4/1の「そこまで言って委員会」に桂春團治さん出演 »

04/01/2018

背割堤(せわりてい)さくらまつり

京都府八幡(やわた)市と言えば、有名な石清水八幡宮のお膝元、吉田兼好の「徒然草」に山の麓の神社を石清水八幡宮と勘違いして山に上らずに帰った仁和寺のお坊さんの話がでてきます。「先達はあらまほしきこと」という中学の国語で習った一節です。
八幡市は、他に「エジソンの電灯に使われた竹の生産地」とか「日本でただ一つの飛行神社があるところ」として知られます。最近めっきり有名になってきたのが、淀川河川公園背割堤のさくら。

木津川、宇治川、桂川が合流して淀川になる地点に、関西で一番人気のあるお花見スポットがあるのです。昨日3/31から4/10まで、「背割堤さくらまつり」が開催されています。

昨日朝、よみうりテレビの辛坊さんの番組で、現地から大々的な中継を行っていました。堤の上に1.4km続く見事な桜並木があります。この桜を桜トンネルの中から見上げたり、宇治川に浮かぶお花見観光船から眺めたり、「さくらであい館展望塔」から全体像を観たり・・・。テレビではさらにドローン(もちろん許可を取って)で上空から俯瞰していました。

さすが関西一(HPによれば、全国でも第三位)のお花見人気スポットです。きょうは日曜日だったこともあり、大勢の人で混雑していました。きのうのテレビ中継も一役買ったことでしょう。

桜並木の長さでいえば、琵琶湖北岸の海津大崎も素晴らしいですね。あちらはなんと4kmも続いていますから往復8kmの桜のトンネルが楽しめます。もっともマキノ駅から桜並木までも少し歩かなければなりませんので、2年前、10kmくらい歩く羽目になったんじゃなかったかな。股関節手術後のリハビリのつもりがかなり激しい運動になってしまいました。桜は素晴らしいものでした。

きょうの動画はまだ作っていないので、今年のパンフレットと、2年前の「海津大崎の桜」(動画)をどうぞ。


Photo


Photo_2


https://youtu.be/hjUXK_vKnBU


|

« すべて憶測 | Main | 4/1の「そこまで言って委員会」に桂春團治さん出演 »