« 住吉大社大神輿が反橋を渡るのを見た | Main | 中国が変わる? »

07/18/2018

大阪市立大学の文楽講座、今年は「妹背山婦女庭訓」


例年案内メ―ルが来るのに、今年は来ていません。「あれ? 申し込み締め切りが近いのでは?」とあわてて大学のHPを見たら、締め切りまで1週間ほど。間に合いそう。もっとも桂春団治さんの落語講座と並ぶ大阪市立大学の超人気講座。去年から3000円になったのに、全国から応募してきます。飛行機代にホテル代をかけて大阪までやってくる方々の熱心さ。

なにしろ毎年、1演目に絞って学術的なセミナーと浄瑠璃語りの原文テキスト(一部)の解釈講義、さらにいまをときめく超一流の太夫、三味線、人形遣いの実演、トークショーが全日制3日間続くのですから。

もっとも応募時に作文を提出しなければならないところが、NHKの公開録画とは違うところ。過去2年連続で参加できたけど、今年はどうでしょうか。

http://www.osaka-cu.ac.jp/ja/event/2018/180821-180823

|

« 住吉大社大神輿が反橋を渡るのを見た | Main | 中国が変わる? »