« りんごとカスタードのパン | Main | 氷スライダー »

08/12/2018

きょうは 1万4千歩、大阪城では豊国踊り


午前中は「すみよし歴史案内人の会」定例会、午後は「住吉大社の歌碑。石標調査」の一環でひとり境内を歩き回って写真撮影、引き続きちん電、バス乗り継いで大阪城天守閣へ。
18時から「豊国踊り」です。
秀吉7回忌に京都でたった1回だけ実施された「豊国踊り」を歴史的・芸術的な考証を経て、大阪城天守閣広場で400年ぶりに再現したのが4年前でした。いまでは大阪の8月の風物詩として定着。私は3年前から参加しています。(ただし見ながら映像を撮るだけ)
ステージ上でOSK日本歌劇団出身の美砂まりさんや宝塚出身の朝宮真由さんなどOSKおよび宝塚のOG 14名が華麗な模範演技を披露した後、ステージからの踊り方レクチャーおよび参加者に交じっての指導があります。

今年も美砂まりさんには元気いっぱい、ほれぼれする「豊国踊り」を見せていただきました。(「豊国踊り」再興に当初から参加されていた美砂さんは、指南役のひとりなのでふつうステージから降りてこないのですが)たまたま今年はステージから降りて「大阪城特製御札」を配布されたので、偶然お話しする機会がありました。「毎年来ています」と言うと「来年もぜひお出で下さい」とのお言葉。

ところで去年も配布された「御札」には「春夏冬二升五合大阪城」と書かれています。どういう意味か分かりますか?
「商いますます繁盛 大阪城」と読みます。家内安全にも霊験あらたかだそうですので、玄関にお供えしておきましょう。

ということで、きょうのスマホ歩数計は、1万4千歩を刻んでいました。

P1250776


Photo


Photo_2


P1250834_3


|

« りんごとカスタードのパン | Main | 氷スライダー »