« 酷暑ゆるんだとたんに蚊が活躍・・・ | Main | 佐川急便を騙るSMSにご注意を »

08/17/2018

良寛てまり


倉敷(玉島)の和菓子です。
良寛さんが玉島で12年間も修業したということを初めて知りました。
wikipediaにこう書いてあります。

出家後、安永8年(1779年)22歳の時、良寛の人生は一変する。備中玉島(現・岡山県倉敷市)の円通寺の国仙和尚を"生涯の師"と定め、師事する。良寛は故郷を捨てたが、この世にあらん限りは父母の言葉を身に包み生きよう、と誓った。円通寺の格式は高く、その入門には厳しい戒律を通過しなければならなかった。そして経を学ぶことより、勤労に励むことを第一としていた。「一日作らざる者は、一日食わず」国仙和尚は日を変え言葉を変えて良寛に説いた。その教えは後の良寛の生き方に強い影響を与える。修行4年目の春、良寛は母の訃報に接する。しかし帰郷は許されるはずもなく円通寺の修行は12年も重ねた。

P1250841_2


P1250842_2


|

« 酷暑ゆるんだとたんに蚊が活躍・・・ | Main | 佐川急便を騙るSMSにご注意を »