« 謎肉は香川県産だった | Main | 住吉と島津と田辺製薬 »

09/19/2018

講演とシンポジウム「水都大阪と住吉」、10/14です


すみよし歴史案内人の会が主催し、住吉区役所が後援、大阪市立大学地域連携センター協力により、講演とシンポジウム「水都大阪と住吉」が開催されます。
日時:10月14日(日)13:30~17:00
場所:大阪市立大学 田中記念館(大阪市住吉区杉本3-3-138)
最寄駅:JR阪和線「杉本町駅」東口すぐ
資料代:500円

講演 「住吉の伝承をたどって」(小出英詞氏/住吉大社権禰宜)、「住吉浦・北加賀屋新田の運営と開発」(川嵜千島氏/千島土地)、「水都の盛衰ーヨーロッパ港湾都市の経験からー」(大場茂明氏/大阪市立大学大学院文学研究科教授)、「水都大阪と住吉」(橋爪紳也氏/大阪府立大学大学院経済学研究科教授)

シンポジウム (講演者による)

申込方法 往復ハガキ、メールで、郵便番号・住所・氏名・電話番号・参加人数を記入の上、
〒558-0046 大阪市住吉区上住吉1-9-26 すみよし歴史案内人の会「講演会係」宛

HPの「お問合せ」欄より申込も可能です。
 http://www.sumirekian.jp/
平成30年10月6日(土)必着です。

Img_20180919_0003


|

« 謎肉は香川県産だった | Main | 住吉と島津と田辺製薬 »