« 北海道は冬を乗りきれるのか | Main | 内陸の丘陵地でなぜ液状化? 札幌市清田区 »

09/15/2018

震度2で原発の外部電源喪失? 東京新聞は正確に書け

きょうの産経新聞夕刊に「火力全面復旧11月以降/北海道地震、再開大幅遅れ」の見出し。

9/7付東京新聞社説は「泊原発の外部電源は、震度2で喪失した」。高橋洋一氏のご指摘通り、これ違うでしょう。震度7の直撃を受けた火力発電所が停まって全道停電になったから、外部電源が失われた、と書くべき。なんでもかんでも反原発をあおる記事に仕立てようという魂胆がみえみえ。あきれます。

すぐディーゼル発電機が立ち上がって冷却を開始したことや、長期間冷却していたので後少しで空冷でもOKになるレベルだったことなども合わせて書くべき。

「断層がないことを証明せよ」と無理難題を突きつけて7年間停まったままにしているうちに、今回のブラックアウトが発生しました。そもそも泊原発が稼働していれば今回のブラックアウトは起きていません。

|

« 北海道は冬を乗りきれるのか | Main | 内陸の丘陵地でなぜ液状化? 札幌市清田区 »