« 朝日、毎日の記者は 小学校の算数から勉強しなおしたら? | Main | 最新ウィルス情報 ビジネス版オレオレ詐欺 »

09/22/2018

予定を変更して・・・


朝方激しい雨だったので、府立中央図書館の講演会「大和川と洪水」に参加するのは取りやめ。私が関心のある大和川付替え(1704年=元禄の次、宝永元年=以前の大和川は柏原から北上し、淀川に流れ込んでいたため、大洪水が頻発していました。この年、住吉・堺の方向(西)に向かって新たな大和川が掘られ、従来の北上ルートの跡は新田開発されました)に関係した洪水というよりは、大和川と石川の合流地点より手前での洪水の話らしいというのも取りやめの理由のひとつ。もちろん近鉄・吉田で降りて、旧今米村の中甚兵衛(大和川付替えを50年間叫び続け、ついに実現させた方)顕彰碑→花園ラグビー場→近鉄・河内花園近くの和菓子店「花一」で「河内甚兵衛饅頭」を買って、近鉄・荒本まで戻り大阪府立中央図書館まで歩く、という工程が雨の中では嫌、というのが最大の理由。またの機会にしましょう。

きょうはまじめに、懸案事項を片付けよう。まずはあさってのボランティアガイド「住吉大社まつりコース」の資料見直しから。担当の「大歳社」と「御田植神事」の手持ち資料を最新の知見に基づいて修正します。初辰まいりの際、大歳社でいただく「御神米」は一粒万倍の日にご飯に混ぜて食べると御利益があることを追加、一粒万倍の日ってみなさんご存じなのかな? ちなみに翌日9/25は「一粒万倍の日」というだけでなく、「大安」と「満月」が重なって、いいことを始めるにはとっても運の開けるありがたい日だってことも。もっとも借金などよくないことを始めると、悪い運が万倍になることも言っておかなくちゃ。御田植神事のところでは、明治になって神社の田んぼが取り上げられ、民間所有地になったため御田植神事が廃絶。それを再興させたのが、新町廓の名物男・木原茂平翁でした。その顕彰碑があちら(ちょっと離れているので近くまでは行かない)というような最近知ったエピソードも。

このまち歩きは、住吉大社の観月祭に合わせたイベントですが、予報では雨。雨の中では満月を見上げながら幻想的な雰囲気を味わうのは無理。反橋上でのイベントもできませんね。全国から集まる和歌や俳句入選者の表彰式はどこでやるんだろう。

|

« 朝日、毎日の記者は 小学校の算数から勉強しなおしたら? | Main | 最新ウィルス情報 ビジネス版オレオレ詐欺 »