« 日本での就職目指す韓国人急増 | Main | 天王寺動物園、海洋堂とタイアップしてオリジナルのこだわり動物フィギャー販売へ »

09/08/2018

「マッサン」「西郷どん」「ハゲタカ」に共通するものは?


いずれも現在放送中のドラマ(「マッサン」再放送は、BSPで朝7:15から。「ハゲタカ」は 9/6 に最終回を迎えました)ですが、もうひとつ重大な共通点があります。それは音楽担当がどれも富貴晴美さんということ。

「西郷どん」スタート当時書いた記事です。
<第一回の冒頭は、上野公園の西郷隆盛銅像の除幕式。あれ? どこかで見たような・・・? そうです、NHK大阪放送局制作の朝ドラ「マッサン」の第一回冒頭とそっくりです。あちらはウイスキーの表彰式でしたが、楽団が音楽を演奏するにぎにぎしいオープン風景はそっくり。

それもそのはず、「西郷どん!」の制作統括・櫻井賢さんは「マッサン」の制作統括だったお方。あの当時、NHK大阪放送局の座談会で、「マッサンの舞台裏」についておもしろい話をいろいろ聴きました。私も質問して答えていただきました。堺の三国丘高校-大阪大学-大阪大学大学院-NHK入局という経歴。これで大河ドラマの担当は、「江~姫たちの戦国~」に次いで2回目ですね。

もうひとり、「マッサン」つながりが音楽担当・富貴晴美さん。当時、NHK大阪ホールとあべのハルカスで行われた「マッサン」のイベントでお会いし、演奏も聴きました。ハルカスでは立ち話も。当時、まだ20代でした。その富貴さんが「西郷どん!」の音楽担当です。タイトルに続いて、「原作 林真理子」、「脚本 中園ミホ」、「音楽 富貴晴美」と大きく表示されます。国立音楽大学を首席で卒業―同大学院修了。

「マッサン」とも大いに関係のある今年の大河ドラマ、チーフプロデューサー(制作統括)も音楽担当も超一流、これはおもしろくなりそうです>。

その後、こんな記事も書いています。
<糸さあ(黒木華)が吉之助をあきらめてお嫁入りするシーン。そこで静かに流れてきたのは、なんと「埴生の宿」!。富貴晴美さん(音楽担当)の思い入れがよく伝わってくる感動の調べでした。万次郎が口ずさんでいたのも「HOME SWEET HOME」、すなわち「埴生の宿」。

富貴さんが音楽を担当した「マッサン」でも、エリーがよく歌っていました。「マッサン」の音楽CDにも、シャーロットさんが歌う「HOME SWEET HOME」が収録されました>。

「マッサン」ではエリーの故郷、スコットランドの音楽を研究し、ケルト音楽を取り入れた劇中音楽を作曲、北海道のニシン漁の網元・森野熊虎(風間杜夫)のシーンになると、尺八を使った音楽を作曲して驚かせました。ストーリーに合わせた的確な音楽は、ドラマの展開に大きな効果を与えていました。

民放の「ハゲタカ」でも、綾野剛の力強い演技をより印象付ける、富貴さんらしい音楽が流れていました。

|

« 日本での就職目指す韓国人急増 | Main | 天王寺動物園、海洋堂とタイアップしてオリジナルのこだわり動物フィギャー販売へ »