« 阪大博物館、鉱物でつむぐ | Main | シナノスイートとひらたね »

10/18/2018

住吉大社宝之市神事・升の市 2018


本日(10/17)行われた伝統行事です。
昨年まで住吉公園で行われていた「升の市」(芭蕉も死の1カ月前に訪れて、升を買っています。その時詠んだ句が「升買うて 分別かはる 月見かな」。句碑が住吉公園にあります)が、今年から反橋前の左右にある絵馬殿に変わりました。

いままで住吉公園でのふるまい酒(升付)引換券配布開始と御田前の神事開始がともに10時だったので、引換券を受け取って急いで御田に駆けつけても、すでに稲刈りの神事が終わっていることもありましたが、今年から引換券配布も御田そば。
安心して御田および第一本宮での神事を観た後、升の市を楽しむことができます。

さらに今年から「ふるまい酒」「升」の提供も、信州上田、和歌山県九度山、大垣市の物産展もなくなるとのうわさがあったのですが、むしろ従来より便利な位置に移動しての開催となりました。もっとも九度山の店で聞いたところ、出店者に連絡が来たのは、直前だったそうです。

いったん「升の市は去年が最後」、と決めていたそうですが、「楽しみにしている人が多い」「住吉大社から、絵馬殿で升の市を行えば、神事と升の市の両方を楽しんでもらえる、との提案があった」ことから急遽今年以降も開催が決まったそうです。(主催者側の幹部らしき方にヒアリング)。

升も来年から、以前のような干支の刻印入りに復活すそうです。酒造会社の提供でなく、主催者がお金を出して購入するとのこと。

今年も信州のシナノスイート、九度山のひらたね(種なし柿)を買って帰りました。毎年買っていた信州のおやきは来ていませんでした。

古い方のカメラを持っていったら、静止画はいいのですが動画のブレが目立ちます。熱射病のせいではないみたい。少々見苦しいですが、がまんして見てください。

https://youtu.be/TG7w0wlifHo

|

« 阪大博物館、鉱物でつむぐ | Main | シナノスイートとひらたね »