« 住吉大社前 喜久寿のどら焼き | Main | すみ博 住吉大社・石灯籠への菜種油による献灯 »

10/18/2018

宝の持ち腐れ


河合宏之さんの知研関西セミナーで、パワーポイントのお話を聴いたのは昨年12月。

水谷さんのお書きになった「セミナー案内」にこう書いてあります。
<ビジネスのプレゼンといえばPowerPointが定番。ところが巷にあふれるのは箇条書きや文章が書かれたスライドばかり。ただスライドを読み上げるだけのプレゼンも多く、聞いている方は眠くなるだけです。

その場ではわかった気になっても、記憶には残らず、ビジネスを動かすためのプレゼンにはなっていません。重要なのはプレゼンの「印象」。印象は記憶に焼き付き、人々を行動へと駆り立てます。どうすれば印象に残るプレゼンができるのでしょうか?>

私もお話は聴いた(いや、聞いただけ?)ものの、その後使っているのは、「3分間で早わかり!」(動画)のオープニング6秒の動画だけ。
これは従来使っていた動画作成ソフトが使えなくなり、新たにオープニング部分を作らなければならなくなったというやむを得ない事情のため。

久しぶりに「動くPowerPoint素材集2000」を開いてみました。なるほどいいことが書いてある・・・

|

« 住吉大社前 喜久寿のどら焼き | Main | すみ博 住吉大社・石灯籠への菜種油による献灯 »