« 各地のスイーツ賞味 | Main | 大和川付替についての本2冊 »

10/06/2018

「日本のヤバい女の子」がきた


6月末に図書館に予約した「日本のヤバい女の子」が届きました。
当時、この本は大阪市立図書館で「発注中」、予約待ち12人でした。現在、所蔵冊数4に増えて予約57人。私の元に届いたのは東住吉図書館の1冊でした。発行日を見ると、第1刷は2018.06.10ですが、第3刷 2018.09.15でした。ピッカピカの本ですから、私が最初の読み手かも。
手にして驚いたのは、センスあふれる装丁やいたるところにちりばめられた強烈かつユニークな挿絵。なるほど出版社の女性社長さんが、自信たっぷり販促に力を入れていたわけです。
読売新聞書評(8/19)にも取り上げられたようです。

2月に調べた本2点とその後に発行された同じ出版社の3点の動きを自宅のパソコンから調べました。

「歴メシ!」 2月 所蔵3冊 予約20人→6/27 所蔵15冊 予約0人→10/6 所蔵16冊 予約1人 
「パリのすてきなおじさん」 2月 所蔵1冊 予約50人→6/27 所蔵3冊 予約72人 →10/6 所蔵3冊 予約 61人
「消えたベラスケス」 6/27 所蔵1冊 予約待ち18人 →10/6 1冊、予約 19人
「不便ですてきな江戸の町」 6/27 所蔵2冊 予約22人 →10/6 所蔵2冊、予約 16人

いずれも私のブログで取り上げた本です。「消えたベラスケス」「不便ですてきな江戸の町」はまだ読んでいません。

Sp1010170


Sp1010167


Sp1010168


Sp1010169


|

« 各地のスイーツ賞味 | Main | 大和川付替についての本2冊 »