« すみ博 住吉大社・石灯籠への菜種油による献灯 | Main | 浅薄な正義感で倒閣運動家と化した朝日、毎日の記者。その論法はもはや通用しない »

10/21/2018

さんまには胃がない、だから内臓もすべて食べられる

奥さんが近鉄から1尾 250円もする高級さんま?(近所のスーパーでは150円のさんまを売っていた)を買ってきたので、自分でグリルを使って焼いて大根おろしを付けて食べました。

内臓も含め一尾まるごと。頭としっぽ、骨を除いてすべて平らげました。脂がのっていてとっても美味しい。内臓もあの苦味がなんとも言えません。

ところで、さんまの内臓はなぜ食べられるのか?
<さんまは「無胃魚」の一種。コイ科に属する魚(メダカとか)も胃がありません。食物を体内に貯めることが出来ません>。
食べた物を体内に貯蔵しないので、不純物がたまりにくい、だから臭くもなく、食べられるというわけ。

|

« すみ博 住吉大社・石灯籠への菜種油による献灯 | Main | 浅薄な正義感で倒閣運動家と化した朝日、毎日の記者。その論法はもはや通用しない »