« 大久保利通の幻の大阪遷都 | Main | 日経新聞と財務省はアホだらけ »

12/11/2018

昨日は東京からやって来たEさんと


12時にJR大阪駅の水の時計前で待ち合わせ。
今しか見られない大阪を、ということで、まずヒルトンの巨大ジオラマ「ヨーロッパの雪景色」、ついで阪急百貨店1階のショーウインドー(数々のクリスマスにちなんだ動く装飾)とイルミネーション、9階祝祭広場の巨大イルミネーション(13時からのショー開始まで、階段に座ってオープンストリートマッピングのことについて教えていただきました)。続いて13階のイタリアンレストラン(座席数が多く、庭園を眺めながら話し込むには最適)でカジュアルランチを。私は、孫がこども二科展で入選した絵の題材マルゲリータを選択。
食べ終わった後、隣の屋上庭園にある「日本初の民間ラジオ放送は、ここ阪急百貨店屋上から始まりました」というプレート(これは気付かない人がほとんど)と、同じく庭園にある稲荷神社にお詣りして地上に降り、大阪駅で別れました。

Sp1030328


Sp1030352


Sp1030353


|

« 大久保利通の幻の大阪遷都 | Main | 日経新聞と財務省はアホだらけ »