« 中村屋のコロッケ | Main | あべちかが変わっていた »

12/05/2018

今年のチケット屋 年賀状相場は様変わり

最近、チケット屋を覗くことはめったにありませんが、きのう中村屋のコロッケを買った後、大阪駅前第四~第一ビルを歩いてチケット屋を20店くらい眺めたところ、「無地62円の官製年賀状」が全店61円とわずか1円しか安くなっていませんでした。しかも大半が10枚セット売り。ご丁寧に「ばら売りは定価です」と張り紙をしている店も。

ちなみに2年前、1年前のブログで当時の売値をチェックすると、今年とは大違い。利幅の大きい高価な絵柄入り年賀状にシフトしているようです。チケット屋の商売も変革期を迎えている?

2016年12月6日のチケット屋
阿倍野・天王寺→郵便局で52円の無地インクジェット用年賀はがき 10枚で480円(2店)。
東梅田・駅前第3、第4ビル(5店)→同 1枚でも46円、10枚で460円、10枚で500円。

2017年12月のチケット屋
大阪第4、3ビルのチケットショップ→52円の無地インクジェット47~48円。(普通の葉書は62円に値上げされたが、年賀状は52円だった)。

それからJRが2018年9月で昼得切符の発売をやめるという記事を去年見た覚えがありますが、その影響でしょうか。近距離格安切符の取り扱いをやめた店が多いですね。
もっとも12/16までは使えると、最後の?売り込みをしている店もありましたが・・・

|

« 中村屋のコロッケ | Main | あべちかが変わっていた »