« あきれた反日政治家、謝罪外光の付けが今の韓国 | Main | さらば、「敗北」の時代よ »

01/01/2019

今年の年賀状から


数年前からメールアドレスが分かっている方には、年賀状裏のデザインをWORDの添付文書にして、12/31の除夜の鐘が鳴り始める1~2時間前に「12時過ぎるとメールが混雑しますので、少し早いですが」と送信していました。

今年は、送信時刻を大幅に早め、12/31夕方に「1日早い年賀状」として送りました。葉書75枚に対してメール82枚とメールの方が多くなりました。特にここ数年、活動範囲を広げた「古文書」「歴史案内人」関係の知人にはすべてメールです。

すると、12/31のうちに続々返信がきてびっくり。しかも葉書なら印刷に一言コメントで済ませる人も、数行にわたって近況を書いてくれています。それを見て、こちらからまた折り返したりして、例年にない充実したやり取りになりました。

メールアドレスが古くて届かず、問い合わせて住所録のメールを書き直しできた方も数名。

そのほか高齢の方から「今年限りで年賀状は失礼します」という方が3名、奥さんや長男の介護・看病で苦労されている方も何人か。
こちらから昨年作った動画60本のタイトルをお知らせしたので、「youtubeは観たことがない。見方が分からないが努力して観る」とか、「facebookを観ています」というコメントも。

|

« あきれた反日政治家、謝罪外光の付けが今の韓国 | Main | さらば、「敗北」の時代よ »