« March 2019 | Main | May 2019 »

04/30/2019

きょう、あすは特別夕刊

2日とも祝日ですが、平成から令和への記念すべき日。
特別に夕刊が発行されます。

0430

|

04/29/2019

住吉大社に「遣唐使進発の地」碑

4/28、西大鳥居そばに「遣唐使進発の地」碑が除幕されました。
4艘の遣唐使船が、住吉(すみのえ)の津(=港)から出航する様子を描いたカラーの絵がはめこまれており、大変美しい石碑です。
船には住吉神が祀られ、安全を祈願する「主神」という人が必ず乗船していました。
なお、4枚目の地図はOpenStreetMapで、住吉大社境内の石碑(100基くらい)・燈籠(10基くらい)を私が登録しました。国内外からインターネットを通じて、設置場所や名称を確認できます。


 


Sp1080628 Sp1080638 Sp1080630 Osm

|

卯の花苑の「卯の花」と浅澤社の「杜若」

去年の台風で木が少なくなりましたが、卯の花が元気に花を咲かせています。もうすぐ一般公開が始まりますね。
浅澤社の杜若も咲き始めています。
(いずれも住吉大社境内)

Sp1080682
Sp1080678
Sp1080679
Sp1080681
Sp1080684
Sp1080684
Sp1080690
Sp1080691

|

御即位奉祝記帳所を住吉大社、区役所に開設

(住吉大社facebookから)
【御即位奉祝奉納行事】

 

住吉大社では、この度の新帝陛下の御即位を奉祝し、境内において奉納行事を執り行います。
正面参道に、奉納された80灯以上の奉祝提灯を掲げ、神輿担ぎや太鼓の演奏、新しい御代を寿ぐにふさわしい祝言能「大典」の奉納や舞楽奉納が予定されています。

 

また、5月1日~6日の期間に、御即位奉祝記帳所の開設や「神館(しんかん)」を一般公開、皇室ゆかりの御品や肖像画を展示いたします。 共々に新帝陛下の御即位を奉祝し、大御代の弥栄と平安をお祈りしましょう。

 

奉祝行事予定

 

■5月1日~6日(9時~16時)
御即位奉祝記帳所(第四本宮向かい側)
神館特別拝観(神館)

 

■5月1日  午前8時 

 

践祚改元奉告祭(第一本宮)

 

午前10時~・午後1時~(第一本宮)
風流武者行事:武者行事保存会
住吉踊:住吉踊保存後援会
江戸芸かっぽれ:家元 櫻川ぴん助
枕太鼓:ボーイスカウト大阪第123団

 

午後2時~         
奉納太鼓演奏:堺太鼓(反橋西詰)

 

午後2時30分~
奉納ライブ書道(反橋西詰)  
青霄書法会 書道家 上平梅径       

 

TOSHIGO           
上平泰雅 上平桃凜 終日 

 

第68回住吉大社全国弓道大会

 

5月2日  午後1時~(第一本宮~反橋西詰)
神輿奉舁:住吉神輿会
獅子舞演舞:御祓講獅子
太鼓演奏:住吉祭太鼓会

 

5月6日  午後1時~
卯之葉神事(第一本宮・五所御前)
引き続き
舞楽(吉祥殿)

 

「萬歳楽・地久・太平楽」:天王寺楽所以和貴会

 

午後4時~(吉祥殿)
能「大典」:山階彌右衛門ほか     
:すみよし反橋能実行委員会

 

(住吉区役所も御即位奉祝記帳所設置)Sp1080622 写真

 

 

|

04/28/2019

大阪歴史博物館の「住友銅吹所」展示

先日、住吉大社の住友燈籠のガイドをする前に、長堀の住友銅吹所跡に行きました。今回のガイドは終わりましたが、詳しいことを知るため、きのう大阪歴史博物館の展示を観に行きました。
住友グループが寄贈した20分の1模型は非常に精巧にできています。しかも定期的に自動回転し、さまざまな方向から外観および内部を見ることができます。

銅山から運ばれた荒銅から間吹を経て精銅とし、これを溶かして型に流し込み棹銅を造る(小吹)までの工程などをわかりやすく、表・作業の様子を描いた絵などで解説した映像もあります。裏に回ると、銅吹所跡から出土したるつぼ、棹銅などが並んでいます。

鎖国の江戸時代、長崎からオランダ、インド、中国、朝鮮などに輸出していた最大の商品が、大坂の住友銅吹所で製造された「品位99%の棹銅」だったんですねえ。それが住友財閥を大きくしたことがよくわかる展示です。

Sp1080526
Sp1080528
Sp1080568
Sp1080584
Sp1080605

|

「大阪城たこ焼き巨額脱税」事件の裏を橋下徹氏が語った

3年間で3億3千円を売上げ、1円も税金を払っていなかった驚きのたこ焼き屋。たこ焼き1店で年間1億円以上も売り上げるなんて、いったいどうやって? と不思議に思ったものです。

https://web.smartnews.com/articles/fQH73Ki5apV

|

きょうは日本を代表?するメディア 「NHK」vs「虚構新聞」のトークショー(その3)

補足です。

写真1枚目は、トークショーで紹介された、NHK足立氏による「偽情報」「フェイクニュース」の定義です。
2枚目は、学校の副読本にも採用されている「虚構新聞」の「コンピュータウィルスの写真撮影に成功」の記事です。

また、足立氏も騙されそうになったのが「おならを赤外線写真で捉えた」という記事。雑踏のなかでお尻からふわーと怪しげなものが出てくる動画を見せられると・・・。もっとも多くの人が検証して「うそ」と分かったこと、記事中にフェイクと表示されていたことから、嘘の拡散は収束したそうです。
(帰宅後ネットでチェックすると、「もっと見る」を押すと注意書き「この動画は赤外線サーマルカメラで撮影されました。すべての熱映像は本物ですが、オナラだけはデジタル合成されたものです。」と表示される仕組みになっていたそうです。その動画のワンショットが、写真3枚目です)

Sp1080613nhk Sp1080614 Photo_3

 

#平成ネット史

|

お座敷芸「投扇興(とうせんきょう)

大阪歴史博物館の9階(だったかな。住吉大社や住友銅吹所の展示の前)でお座敷芸「投扇興」の体験ができます。扇を拡げて紙飛行機のように投げ、前方の目標物に当てて、得点を競う遊び。
私は、5回トライして1回も目標物に当たりませんでしたが、上手な人は結構当てているようで、時々歓声が上がっていました。

Sp1080522
Sp1080616
Sp1080617
Sp1080618

|

きょうは日本を代表?するメディア 「NHK」vs「虚構新聞」のトークショー (その2)

トークショーの写真をアップするのを忘れていたので続編です。
会場は静止画OK、動画NGでした。ただし4Kの巨大スクリーン(ひとりひとりのアンケート回答を表示する動く画面)は撮影不可。
トークショーの実況中継は、スタッフ以外禁止。

出口でもらった「平成ネット史」のステッカー写真も添付。2種類ありますが、午前中に会場を回った時とトークショー(11時から整理券配布、入場13時半)の時、別々のものをもらいました。

#平成ネット史

Sp1080610
Sp1080611
Sp1080615

|

きょうは日本を代表?するメディア 「NHK」vs「虚構新聞」のトークショー

きょうからNHK大阪アトリウムで「平成ネット史(仮)展@大阪」が開催されています。30日まで。

顔認証写真を撮影して入場すると、Windows95から始まる「あなただけの!インタラクティブ年表」。それぞれのスポットで、自分にぴったりのコメントが表示されます。懐かしいネット世界の変遷を振り返りながら。

ステージ上で「平成終了」の看板を持った写真を撮ってもらいました。

14時からはトークショー。初日は、日本を代表?する二大メディア対決。「NHKネットワーク報道部足立義則氏」vs「虚構新聞社主UK氏」。テーマは「嘘を嘘であると見抜けない人は使うのが難しい!?」。司会は放送作家・トトロ大嶋氏。
毎日、たくさんの嘘・ホントまぜこぜの情報が飛び交うSNSの時代に、どう生き抜いたらよいのか・・・。
16年目に入った虚構新聞をたった一人で作っている人は、意外にまじめなアラフォーの男性。舞台にはお面を被って現れました。
もともとエイプリルフール用に作った記事でしたが、その後独立して「虚構新聞」に。間違った情報が拡散しすぎないよう、いろいろ工夫もしています。例えばスマホにスクリーンショット機能が付いたとき、スクロールしても上部の「虚構新聞」の文字が消えないように画面レイアウトを変更したり・・・。
楽しく笑えるニュースを提供し、「安心と信頼の虚構新聞」を守るため、今後も虚構のレベルは替えないそうです。

学校の副読本にも虚構新聞の記事「コンピュータ―ウィルスの写真撮影に成功」が取り上げられ、偽情報の見分け方の教育にも一役かっています。
足立さんも、そうした虚構新聞の役割を評価していました。

#平成ネット史

Sp1080495
Sp1080491
Sp1080517
Sp1080515
Sp10805117

|

04/27/2019

「なつぞら」のパンフレットと絵はがき

さすが朝ドラ100作目だけあって、今後も次々人気者が出演しますね。
北乃きい、山口智子、リリー・フランキー、戸田恵子、鈴木杏樹、比嘉愛未・・・

1
2

|

NHK大阪の外壁に巨大壁画?

大阪局制作の番組名が書いてあるようです。

Sp1080486nhk
Sp1080487nhk

|

猫好きの皆さん必見?

「ニャンダフル 浮世絵ねこの世界展」は、大阪歴史博物館で 令和元年7月27日から。

Photo_4
2_1

|

三浦瑠璃さんの「なぜ徴兵制は再び必要とされているのか」

https://www.sankei.com/life/news/190427/lif1904270018-n1.html

|

04/26/2019

4/27~4/30は、「平成ネット史(仮)展」 @ NHK大阪

https://www.nhk.or.jp/osaka-blog/work/318555.html

|

堂島大橋は「いまなおしています」

Sp1080484
Sp1080483

|

動画 新5千円札に採用される「のだふじ」発祥の地を訪ねて

https://youtu.be/uemerkHy8-k

|

04/25/2019

白い杜若(かきつばた)も、住吉区役所

大阪市住吉区の花は「杜若」。住吉大社浅澤社付近は、「住吉の浅沢小野の杜若 衣に摺りつけ着む日知らずも」と万葉集にも詠まれた杜若の名所でした。
写真は区役所の池に咲いていた杜若です。白い杜若もきれいです。

 

Sp1080357 Sp1080358

|

新5000円札裏面の「のだふじ」発祥地を歩く

新5000円札の表面は津田塾大学の創設者・津田梅子。卒業生はさぞ待ち遠しいことでしょう。(そういえば古文書の先生にお祝いを言うのを忘れていました)。
ところで、裏面に描かれるのは、のだふじ(野田藤)、きょうはのだふじ発祥の地を訪ねて、大阪市福島区へ。先日のテレビ朝日の「報道ステーション」や昨日のNHKでも取り上げられたため、多くの人が訪れていました。

(写真は動画の方で)

|

04/24/2019

反都構想の強硬派、相次いで自滅

大阪府議団、市議団のトップが相次いで落選して姿を消したと思ったら、今度は都構想を猛烈に批判してきた堺市長が、2億3千万円もの収支不記載を追求され自滅。

大阪の政治は、面白過ぎて目が離せません。

0424

|

今週末から10連休だそうですが・・・

毎日が日曜日の身には無関係です。老人向け講座は祝日とは無縁、古文書の次回授業は5/3。
今年は、4/27、5/1、5/3など住吉大社で即位奉祝奉納行事が続きます。5/1には住吉大社で全国弓道大会、トップレベルの選手の実力を一目みたい気持ちもあります。5/5はレンゲの御田に入って子供が遊べる日、5/6は卯の葉神事と日本三大舞台で舞楽が・・・。台風で倒木が相次ぎ寂しくなった卯の花苑もオープンかな。
お金のかからない動画撮影の素材には事欠きません。
もっとも 5/10の歌碑・石碑学習グループの準備もあるし・・・

|

河野外相、WTO判断めぐり朝日に抗議

https://www.sankei.com/politics/news/190424/plt1904240004-n1.html

|

04/23/2019

朝日新聞カメラマン批判される

https://news.nifty.com/article/domestic/society/12184-47603/

|

難産の 子牛の足に チェーンまき 母と二人で 引っ張り出した

4/17に放送されたNHK BSP「平成万葉集 ふるさと」に登場した北海道の女性が、中2の時詠んだ歌。

 

朝ドラ「なつぞら」で、なつが逆子の牛をみんなに手伝ってもらって引っ張り出し、出産させたシーンが目に浮かびます。なつは、さらに仮死状態だった子牛の鼻に詰まった羊水を口で吸って生き返らせたのでした・・・

 

この女性が詠んだ別の歌です。
「ばあちゃんは もぐさを丸め 足の悪い 牛の背中に お灸をすえる」

|

安倍人気は失速していない、支持率はむしろアップ

https://www.sankei.com/premium/news/190423/prm1904230005-n1.html

|

04/22/2019

西暦から令和(018)引けば元号に

これは覚えやすくて便利。2019年は 19-18=令和1年。
ちなみに昭和は 西暦の下2桁から25を引く、平成は西暦に12を足します。

Skimg05150422

|

維新、止まらない勢い

0422

|

04/21/2019

NHKニュースを見てびっくり! 安倍首相が吉本の舞台に出演

https://www.sankei.com/politics/news/190420/plt1904200012-n1.html

|

東大教授本郷先生が絶賛、「次の大河は島津義弘」

絶不調の「いだてん」の失敗を乗り越えるには、この男しかいない? もう韓国に遠慮する義理もないし(数年前、韓国を刺激するからと落選になったそうですが・・・)
(このテレビ番組はそのころの放送だと思います)」


 


https://www.youtube.com/watch?v=aWrDhN0uXtM

 

|

動画 島津忠久公誕生記念祭

勇壮な撥(ばち)さばきの薩摩琵琶、一旦剣を抜いたら最初の一太刀にすべてをかける示現流・・・
当日奉納されたこれら貴重な催しの一端を動画でどうぞ。

 

https://youtu.be/JIIZCzG1gkg

|

04/19/2019

動画 住吉大社の燈籠・石碑巡り

住吉大社には燈籠が約630、石碑が約100あります。
そのうち18カ所を回る、2日前(4/17)に実施したコースの映像記録です。
高さ11.8mもあるのっぽ燈籠や台座の1辺が10mの巨大燈籠、住友家の代々の当主が航海安全(別子銅山から大坂など)と家業繁栄を祈願して奉納した燈籠、鷺の絵が43も彫ってある燈籠、芭蕉が亡くなる1カ月前に住吉大社にお詣りして詠んだ句を刻んだ句碑燈籠、鎌倉時代創建の日本最古の灯台と伝わる燈籠の復元、住吉大社が舞台の源氏物語レリーフなど、初詣しかお詣りしたことのない方には、驚きの世界が次々広がります。

https://youtu.be/fqV7rStXwPQ

|

04/18/2019

なんだ、この新聞広告は!

きょう(4/18)の産経夕刊にはびっくり。なんと1面から最後の14面までのすべてに同じ映画の広告が掲載されています。しかも5~10面までの6ページは全面広告。どうみても一般記事よりこの映画広告の分量のほうが多い。今まで全然知らなかった映画のタイトルですが、確かにタイトルだけは頭に入りました。


 


そういえば中島貞夫監督が、20年ぶりに後世に残せる本格的チャンバラ映画として制作した「多十郎殉愛記」も現在上映中。日文研お墨付きで監督の講演も聴いたし、あちらの方が優先度は高い。


 


20190418

 

|

04/17/2019

御即位奉祝奉納行事

きょう午前中は、NPOすみよし歴史案内人の会の「住吉大社の燈籠・石碑を巡る」コースのボランティアガイド。せいぜい十数名という予想を大きく上回り、30人近くが参加されました。
住吉大社の概要説明に続いて、境内の主な燈籠・石碑18カ所を歩いて回りました。
反橋手前に「御即位奉祝奉納行事」の看板が設置されていました。西大鳥居前には、4月20日の「島津忠久公誕生記念祭」の告知も。

 

写真は奉祝行事の看板(2枚)、島津忠久公誕生記念祭告知、境内でもっとも巨大な燈籠(「うつぼ干鰯仲間」、高さ10.8m、舞台巾10mの上に基礎4段、竿柱1辺80cm、竿1辺2.5m)、境内でもっとも背の高い燈籠(「和州吉野郡材木商人中」、高さ11.8m。火袋の浮彫は吉野の桜)、鷺が43羽浮彫、線刻されている鷺燈籠(神功皇后が、杉の大樹に3羽の白鷲が止まったところに住吉大社を創建されたとの故事から)。

 

 Sp1080142 Sp1080141 Sp1080134 Sp1080210Sp1080150 Sp1080159

 

|

04/16/2019

あすは「住友燈籠」「芭蕉句碑燈籠」「高燈籠」「源氏物語澪標」のガイドです

あすは住吉大社の石碑・燈籠巡りのガイドをします。私の担当は上の4カ所。
(住友燈籠)住友財閥は別子銅山の銅を大坂鰻谷の銅吹所で純度99%の銅インゴットにして長崎から輸出、莫大な財を成しました。運搬に使われた航海の安全と、家業繁栄を祈願し、代々の御当主が海の神様・住吉大社に燈籠を寄進しました。これが住友燈籠です。現在、表参道の汐掛道の両側に28基並んでいます。
きょうは明日の準備を兼ねて、島之内1丁目の住友銅吹所(るつぼの中で精錬)跡を見てきました。先日、瀧口さんがレポート・写真をアップされていたのを思い出して。

(芭蕉句碑燈籠)芭蕉は亡くなる1カ月前、住吉大社の宝の市に詣り、境内で名物の「升」を買いました。その夜、十三夜の月見が予定されていたのですが、体調を崩し、欠席しました。翌日、体調が良くなって出席した時、言い訳として詠んだ風流な一句が「升買うて 分別かわる 月見かな」。(升を買って、考えが変わったので月見を欠席した)。もちろん弟子たちはみんな本当のことを承知していたのですが。この句碑の上部に丸くくりぬいた穴があります。ここに灯明を燃やして燈籠にしたようです。句碑の左側面に、「献燈」と書いてあります。

(高燈籠 たかとうろう)鎌倉時代に創建された日本最古の灯台と言われています。もともと現在地の西200メートルにありましたが、台風で倒壊したり、道路工事で撤去されたりして、1974年に現在地に移築・復元されました。
内部は史料館となっており、日曜日に一般開放されています。
もとの場所まで、昔は海が迫っており、当時は立派に灯台の役目を果たしていました。
またあたりでは、鎌倉時代の蒙古来襲や幕末の黒船来襲時には、天皇の勅命を受けて、浜祈祷(はまぎとう)が行われました。幕末の祈祷のとき作られた「禁裏御祈祷場所」の石碑が境内に残っています。

(源氏物語みおつくしのレリーフ)「源氏物語」には、当時の住吉信仰が色濃く書かれています。みおつくしの場面は、光源氏と明石の上が住吉大社ですれ違う悲劇(失脚した光源氏が都に呼び戻されて出世し、そのお礼に住吉大社にやってきた。その姿をかつて契りをむすび、女の子までもうけた明石の上が、船の上から眺め、「私には何の連絡もない」と悲しむ)です。
このレリーフは、俵屋宗達の国宝屏風を参考にしたものと思われます。住吉大社の反橋、鳥居、牛車と光源氏、明石の上が乗った船が描かれています。

Sp1070466
Sp1070487
Sp1070502
Sp1070474

Sp1080110
Sp1080113

|

島津初代忠久公は、住吉大社境内で誕生した

島津忠久公のお誕生を祝うお祭りが、毎年4月20日に境内で行われます。
鹿児島から御当主を初め、そうそうたる方々が参列されます。
田辺製薬(現 田辺三菱製薬)の創業に関して、「関ケ原の戦いで敗れた島津義弘が、逃走中住吉で田辺屋道与に匿われ、無事薩摩に帰国できた。そのお礼に、義弘が道与に秘薬の製法を教えた」ことが最近判明したため、今年は田辺三菱製薬の関係者も招待され参列されます。(中之島図書館で開催された講演会でこの話を聞きつけた私が、住吉大社につないだところ、「住吉大社は島津初代の生誕地であり、浅からぬ縁で結ばれている。さらに田辺製薬が住吉大社および島津家と結ばれているとはおめでたい。4月20日の誕生記念祭にぜひ参列していただこう」となったようです)。

 

住吉大社の公式facebookに、次のように紹介されています。

 

<誕生石 ~薩摩藩「島津家」発祥の地~
本年も4月20日午後2時より境内誕生石前にて島津家の方や鹿児島県人会の皆様、関係者参列のもと『島津忠久公誕生記念祭』をご斎行いたします。
丹後局(たんごのつぼね)は源頼朝の寵愛を受けて懐妊しましたが、正室である北条政子の嫉妬により捕えられるところを家臣の本田次郎親経(ほんだじろうちかつね)によって難を逃れ、住吉に至った所で産気づきました。
本田次郎が住吉明神に祈るなか、局は傍らの大石を抱いて男児を出産します。
この時、生まれた子が島津氏初代・島津三郎忠久公であります。

 

この故事により、住吉社頭の力石は島津氏発祥「誕生石」とされ、この場所の小石を拾い、安産のお守とする信仰が現在も続いています。
また丹後局の出産したときに雨が降っていたと言い伝えられており、現在でも九州地方では祝い事や神事の日などに降る雨を「島津雨(しまづあめ)」といい縁起の良いものとされています。

|

04/15/2019

住吉大社台風被害修復工事 再開

きょう境内を歩くと、あちこち修復工事中でした。
住吉大社のfacebookにも次のような記事が出ています。

 

【台風被害修復工事 再開】
昨年の台風21号被害で修復を待っていた本宮域の工事が再開されました。
昨年末に第一本宮のみ部分的に修理を行いましたが、今回は国宝本殿をはじめ、被害を受けた文化財全ての工事を国庫補助事業として実施致します。しばらくの間、足場がかかり、シートで養生した状態になりますが、ご理解くださいますようお願い致します。  

 

Sp1080010 Sp1080011

|

春の御田(おんた)は レンゲがいっぱい! 鯉のぼりも泳いでいます

子供の日(5/5)には、レンゲいっぱいの御田が解放され、中で遊べます。

Sp1080015
Sp1080016

|

04/14/2019

<堂島米市場跡に 巨大な「一粒の米」>

Sp1070815 Sp1070819  Sp1070827 Sp1070834

2018年10月24日、江戸時代中期に開設された世界初の先物市場「堂島米市場」をアピールする新しい記念碑が大阪市北区の跡地に完成しました。国内の株価指数先物市場が創設30周年を迎えたことを記念して、日本取引所グループ(JPX)傘下でデリバティブ(金融派生商品)市場を運営する大阪取引所が企画したものです。

新記念碑は大きな御影石を米粒の形に切り出して加工。重さは約9・5トン、最大で長さは約3メートル、直径は約1・5メートル。建築家の安藤忠雄氏がデザインに協力し、「一粒の光」と名付けられました。

2015年下期の朝ドラ「あさが来た」の関連史跡探訪の時、現地を訪れ、動画も作りました。当時からあった「稲に遊ぶ子供」像の位置が移動し、「一粒の光」像とセットになっていました。

|

元号の意味を英語で表現すると・・・

令和は先頃話題になりましたが、明治、大正、昭和、平成は?


https://www.sankei.com/premium/news/190412/prm1904120010-n1.html

 


 

|

平成は新聞凋落の時代だった、令和は生き残る新聞と消え去る新聞に分かれる時代

中国の主張に沿う記事が多い朝日、毎日が、漢籍由来とならなかった新元号への反発を記事にしていたとは知りませんでした。
相変わらずイデオロギーに固執する新聞が、インターネット時代に生き残れると思っていたら大間違い。

https://www.sankei.com/column/news/190414/clm1904140005-n1.html

 


 

|

04/13/2019

帝塚山派文学学会文学講座「住吉と和歌」

きょうは住吉大社権禰宜・小出英詞さんのお話で「住吉と和歌」。
住吉大社は和歌の神様として崇められていますが、その由来を「古今和歌集」から「万葉集」、「摂津国風土記」、「住吉大社神代記」、「伊勢物語」、「拾遺和歌集」、「俊頼髄脳」、「新古今和歌集」、「玉葉和歌集」、「竹取物語」、「伊勢物語」、「土左日記」、「源氏物語」、「和泉式部日記」、「更科日記」、さらに多くの歌人の歌集など多数の文献に描かれた「住吉と和歌」の関係からうかがいました。

 

なお、同学会の定時総会(6/30)で記念講演が行われるそうです。講師は以前、知研関西セミナーで講演していただいた産経新聞の石野伸子編集委員。演題は「ジャーナリストから見た<帝塚山派>の作家たちーー「浪花女を読み直す」を取材する中での帝塚山派作家の位置とはーー」。 石野氏は、私が最初に座談会でお会いした20年近く前は文化部のデスクでしたが、その後文化部長、夕刊編集長等を歴任。夕刊1面の読者投稿欄「夕焼けエッセー」(今月から全国の朝刊1面に「朝晴れエッセー」と改題して連載スタート)の生みの親で、朝ドラ「あさが来た」ブームの火付け役にもなりました。石野氏は、文化部長、夕刊編集長等を歴任。夕刊1面の読者投稿欄「夕焼けエッセー」(今月から全国の朝刊1面に「朝晴れエッセー」と改題して連載スタート)の生みの親で、朝ドラ「あさが来た」ブームの火付け役にもなりました。

 

|

04/11/2019

大阪維新圧勝は、吉村のこのひとことで始まった

https://president.jp/articles/-/28352

|

トムとジェリーの音楽がすごい

きょうのNHK ETV「ららら♪クラシック」がトムとジェリー(TVコミック)を取り上げていました。昔から何気なく見ていましたが、細部に至るまで計算しつくされた音楽だったことに驚嘆。特にピアノの鍵盤の動きとぴったり連動した、トムとジェリーのヒトコマヒトコマの動きは、素晴らしい!

ベルリンフィルがトムとジェリーの音楽を演奏したこともあるんですね。

ところで3月まで、大阪で夕方のニュースキャスターをされていた石橋亜紗アナが、朝の報道番組だけでなくこの番組も担当。お化粧のせいか最初別人かと思いましたが。
そういえば前任の牛田茉友アナは、逆に4月から東京→大阪に転勤、阪大医学部出身のちょっとユニークなお方。東京ではほかに政治討論の司会などもされていました。

|

04/10/2019

動画 大阪・住吉はかつて8年間南朝の都だった! 後村上天皇を偲ぶ正印殿祭2019

地元民でも南朝の都が、8年間ほど住吉にあったことを知らない人が多いんですよね。後村上天皇はこの地で崩御され、長慶天皇が即位されました。
後村上天皇がお亡くなりになった4/6(新暦換算)、毎年正印殿趾(もと住吉大社神主邸)「正印殿祭」が行われます。

https://youtu.be/XyvZWdCiccw

|

動画 お花見! オープンデータソンin京都 2019

4/7に開催されたオープンデータソンin京都。山科のサーベイ(現地調査)で撮影した写真・動画を3分間にまとめました。

琵琶湖疎水跡の公園、疎水のトンネルから突如姿を現した観光船、赤穂・浅野家ゆかりの寺・稲荷、急勾配の石段を登ったお寺で見かけたお坊さんのライブ・・・。

満開の桜と菜の花、そしてミモザに包まれた素敵な町歩きでした。

https://youtu.be/qmm5ipvkoF8

|

04/09/2019

京都・山科の風景 その4

16.山科聖天 お滝不動さん
17.山科聖天 鳥居
18.白川 優雅に川床で
19.平安神宮鳥居付近の疎水の桜

Sp1070792
Sp1070797
Sp1070806
Photo_2

|

京都・山科の風景 その3

11.毘沙門堂の急な石段
12.毘沙門堂 提灯
13.毘沙門堂 みごとなしだれ桜
14.毘沙門堂 お坊さんライブ
15.山科聖天

 

Sp1070756 76 S-7477_1 Sp1070777

 

|

京都・山科の風景 その2

6.琵琶湖疎水のトンネルからでてきた疎水船(観光船)
7.疎水沿いは満開の菜の花と桜
8.赤穂・浅野家ゆかりの瑞光院
9.浅野稲荷
10.桜だけじゃないよ、ここには地中海のミモザも

69
Sp1070731
Sp1070741
Sp1070745
Sp1070748

|

京都・山科の風景 その1

4/7の「お花見! オープンデータソンin 京都」で山科の現地調査を行った時の写真です。地図作りとは関係ない写真もいろいろ。
動画も作成していますので後で公開します。
1.白川の桜
2.疎水公園
3.諸羽神社手水場に珍しい警告。家でも犬と共用食器?
4.諸羽神社「入学奉告祭」ってなに?
5.諸羽神社、早々と「令和元年」の表記


Sp1070676
Sp1070683
Sp1070697
Sp1070700
Sp1070701

|

内閣支持率 5.2%アップ、「令和」良い 87%

4/9付産経新聞。「令和」が内閣支持を押し上げたと解説しています。
「令和」が良いと思う割合は、自民支持の93.8%、立憲民主の70.8%、共産の70.6%。

新元号発表直後、「令和はみんな良くない、と言っている」と書いた人がいましたが、共産党支持者でさえ70%も!

0409

|

京大では変人・アホが文化だ

https://news.nifty.com/article/domestic/society/12159-0406m040233/

|

「自民大物つぎつぎのみ込まれ」、「次は公明を壊滅させる」

今回の大阪ダブル選に対する東京の政治評論家、コメンテーターの意見はおおむね的外れ。例えば「維新は全国区になろうとして、話題づくりのためダブル選を仕掛けた」。

 

産経新聞のシリーズ「大阪都構想 最終章へ」は、実態をよく伝えています。

 

上はこちら。

https://www.sankei.com/smp/west/news/190408/wst1904080013-s1.html

下はこちら。

https://www.sankei.com/politics/news/190409/plt1904090006-n1.html 

|

04/08/2019

都構想反対の急先鋒・自民府議団幹事長落選、市議団幹事長も落選

維新との密約をホゴにした「常勝関西」公明の現職市議会議員もひとり、維新新人に4票差で落選。佐藤茂樹代表は「都構想反対が原因なのか、あらゆる角度から敗因を分析したい」。
維新は、都構想への協力の見返りに衆議院選で佐藤を応援、維新支持者は公明・佐藤に投票しました。ところが公明はその後、都構想に公然と反対、怒った維新が知事・市長入れ替えのクロス選という奇策に転じたのが今回の選挙。騙された維新支持者の頭には忘れられない記憶になりました。公明の態度次第では、次回佐藤の刺客が送り込まれるかも。


https://www.sankei.com/politics/news/190408/plt1904080033-n1.html

 


 


 

|

大阪ダブル選は大阪維新圧勝

興味深いのは、自民支持層が市長選で50%、府知事選で56.2%も自民候補でなく、維新候補に投票していたこと。大阪都構想についても、猛反対している支持政党自民の方針とは逆に、賛成が大阪市民57.6%、大阪府民60.5%もいたこと。(いずれも産経新聞出口調査)

前回の都構想住民投票では、70代以上の3分の2が反対していました。この結果、僅差で敗退。今回は52.4%が賛成に回っています。反対派の「維新が勝つと、高齢者の福祉が大幅に切り捨てられる」という宣伝が嘘だったことが分かって、安心したためでしょう。
優遇され過ぎを、我慢できる範囲で是正するものだったこと、バス・地下鉄民営化や万博誘致の実現、基本的に身を切る改革(知事や市長の報酬3割減・退職金ゼロ、公務員削減・・・)など、実質的な赤字再建団体でお先真っ暗だった大阪府をわずか2、3年で黒字に変えた、口先だけでない実績が評価されたからでしょう。

|

04/06/2019

きょうは後村上天皇の崩御をしのぶお祭り「正印殿祭」

南北朝時代の南朝の都は8年間ほど、住吉大社神主の館(大阪市住吉区)にありました。現在、住吉行宮(あんぐう)正印殿(しょういんでん)阯となっています。

 

きょうはここで亡くなられた後村上天皇の命日(新暦換算)にあたります。恒例の「正印殿祭」が行われました。

「吉野朝時代、後村上天皇は正平7年(1352)、大和賀名生の行宮より着御、津守国夏(住吉大社神主)の館を御座所と定められ、閏2月15日まで御駐輦あらせられた。また、正平15年(1360)には観心寺行宮より再び行幸があり、そのまま正平23年(1368)、崩御あそばされるまで行宮とされました。吉野朝後村上天皇はここを行在所として定め、およそ8年間、この住吉より天下に号令を発せられました。」

 

Sp1070599 Sp1070598 Sp1070595 Sp1070614 Sp1070620

|

アーモンドの花、ニオイザクラ、十月桜・・・長居公園は花いっぱい

写真は順に、アーモンド2枚、ニオイザクラ2枚、十月桜2枚。

 

Sp1070652 

Sp1070653

Sp1070646

Sp1070641

Sp1070648

Sp1070649

 

|

ほとんどの韓国人は泳げない

https://web.smartnews.com/articles/fM54q47oAmh

|

産経記事を見るまで選管は知らなかった。あわてて開票手順を統一

今朝の産経新聞朝刊記事をfacebookで紹介しましたが、さすがに抗議が殺到し、あわてて手順を統一したそうです。


https://www.sankei.com/west/news/190405/wst1904050040-n1.html

|

04/05/2019

「30分以内に電話に出なかった」から合格取り消し?

これはひどい。補欠入学者をはやく決めなければということでしょうが。

大学入試関連で思い出した話がふたつ。
娘が合格した大学から「特定の1日(この日だけ)に、大学に来て入学手続きをしなければ合格無効」という厳しい連絡をもらってさあ大変。飛行機が一番楽ですが、万一「天候不良のため運航中止」となったら一大事。そこで私が当時単身赴任していた芦屋の社宅に娘を泊まらせ(九州から行くのは大変)、早朝真っ暗な中、娘と一緒にJRの駅まで延々歩き、電車を乗り継ぎながら何百キロも離れた大学まででかけました。無事入学手続きを済ませ、アパートも決めて帰ってきました。

自分の時はどうだったかなあ。合格発表を見るために、広島から仙台まで行くわけにいかないので、学生のやっていた電報サービスと一般紙の合格者速報(現在廃止されていますが)が頼り。後で大学からの正式書類を待って郵便で入学手続き書類を送りました。
もっとも新聞は全国紙すべてと地方紙を確認しましたが、なんと産経新聞には、広島県からの合格者10名のうち私の名前だけが脱落していました。おかげで産経を購読していた親戚には不合格と思われる始末。皮肉なことに、いまもっとも信頼して愛読しているのはこの新聞です・・・

https://www.sankei.com/west/news/190404/wst1904040019-n1.html

|

「まんぷく」最終回22.4% で有終の美。ぶしむすロスも

「いだてん」は20位に入っていません。

Kimg04970405

|

4重選、開票順はバラバラ

これ混乱しそう。ある区は自分の区だけで完結する区会議員を先に開票し、ある区は市長から開票する。
これでは注目の知事、市長の当確がなかなか出せないかもしれませんね。
けさの産経新聞。

Kimg0494-40405

|

04/04/2019

嘘の写真で「徴用工」

日本たたきのためなら、嘘でもなんでもでっち上げる・・・

https://www.sankei.com/politics/news/190403/plt1904030034-n1.html

|

仙道敦子さんのいまと36年前

NHK BSPの朝7:15からの朝ドラ再放送「おしん」、7:30からの朝ドラ「なつぞら」を続けて観て気づいたこと。
どちらにもでている女優さんがいる!
その名は「仙道敦子(せんどう のぶこ)さん。俳優 緒形直人(故 緒形拳の息子)の奥様です。
36年前といまを続けて観られるとは珍しい!

|

きょうは住吉大社「松苗神事」

住吉大社のfacebookにこう書いてあります。
「場所:第一本宮
奉納された松の苗を境内に植樹し、献詠俳句の秀作を披露する神事です。江戸時代に社前の松原が枯れ始めたことを惜しんだ俳人らが、「松苗勧進」を行って献木を斡旋し、併せて俳句の献詠を募り神前に奉納したものに由来します。この神事は緑化運動の先駆けともされています」

境内に松苗神事にゆかりの石碑・石灯籠が3つあります。大伴大江丸の碑、飛脚問屋石燈籠、生田南水句碑。動画ではこの3者との関連も字幕で入れましょう。

06656668Photo_1

|

動画 緑化の先駆け 住吉大社 松苗神事

きのう行われた神事です。

https://youtu.be/PWDtWPOONhs

|

動画 さくらが美しい! 住吉大社


きのう撮影した住吉大社境内の美しい桜です。

https://youtu.be/a5N0m3CKPc8

|

04/03/2019

住吉大社に見事な桜が!

きょうは住吉大社の松苗(まつなえ)神事。始まりの11時まで、境内の桜を撮影して回りました。

 

祈祷殿西の階段のところに、花びらが大きくて、きれいな満開の桜を発見。ソメイヨシノとは違うようです。近くで見つけた衛士さんにに聞くと、「名前は知りませんが、同じ種類の桜が吉祥殿の前にもあり、ちょうど満開ですよ」。
移動すると、なるほど、これほど立派な桜も珍しい、というくらい美しい花をたわわにつけた枝が、まさに満開状態。そこにやってきた古老に話しかけると、なんと大変なお方でした。

 

18代くらい前から、営々と住吉大社の営繕関係のお仕事をされている家系で、境内のあらゆる建物の営繕を手掛けたそうです。大海神社本殿の屋根から落下して大けがをしたことも。いまでも骨が曲がったままだとか。移設前の高燈籠(現在地より西200m)を台風の時、壊し?に行ったこともあるそうです。風速20m以上になると、上部にぶら下がっている風鈴(銅鐸?)が激しく揺れて不気味な音を出すため、近隣の住民が不安になった話をされましたので、それを下ろしに行ったという意味かもしれません。
昔は境内に桜の木がたくさんあり、種貸社前の駐車場は桜畑と呼ばれる桜の名所だったそうです。花見客が騒いだり汚すのは好ましくないという当時の宮司さんの方針で、いつしか桜は少なくなりました。もっとも最近、「住吉桜」と書かれた幼木が境内あちこちに植えられていますので、再び桜も増えてくるでしょう。
吉祥殿前の見事な桜は、もと文華館裏に植えられていたものを、だれも見に行かないので、吉祥殿前に植え替えものだそうです。
「きょうは11時から松苗神事ですね」と言うと、「昔は松苗神事に、今里新地の芸妓がやってきて、松を植えていたものです」。

 

きょうの発見。住吉大社境内には、さまざまな桜があちこち植えられていることに気づきました。動画「住吉大社の桜」を作って残すことにしましょう。

Ssp1070416

 

 

 

 

 

|

04/02/2019

懲りない元首相

https://news.nifty.com/article/domestic/government/12272-235579/

|

「令和」決定の日に、昭和の名作朝ドラ「おしん」スタート

昨日、朝ドラは「まんぷく」から「なつぞら」へ。BSプレミアムの再放送は、朝ドラ100作目を記念してあの世界中で大ヒットした「おしん」です。昭和58年の放送ですから36年前の作品。

 

新元号が決まった日に、平成の一つ前、昭和の名作が再スタートというのも、いささか因縁めいています。

 

写真は、先日、チコちゃんから見なけりゃ、「ぼーっとしてんじゃねえよ」と叱る、と言われた番組で紹介された「朝ドラ イチオシランキング」のベスト10。1位は「あさが来た」、2位は「あまちゃん」、3位は「ひよっこ」。もう1枚は、翌日の別番組で放送された「朝ドラ 名シーンランキング」、こちらの1位は「ちりとてちん」。

Skimg0479_1 Skimg0468_1

 

|

ソメイヨシノに大島桜、きょうはお花見

 新元号発表と総理大臣談話を聴いたあと、近所の花見会場へ。11人が集まりました。去年まで池の周りにびっしり繁っていた桜の木が、台風被害を受けてまばら。
とはいえ、きれいなソメイヨシノ、大島桜も。

Skimg0492yoko

Skimg0490yoko

|

04/01/2019

大阪W選挙情勢、産経新聞

4/1付朝刊によれば、「知事選は維新の吉村リード、市長選は維新の松井がやや優位。

 

興味深いのは、知事選で吉村が維新支持層の9割だけでなく、自民支持層の5割、公明支持層の2割に食い込んでいるのに対し、小西は肝心の推薦している自民支持層のたった3割しか固めていません(自民ではない公明の7割、立憲民主の6割、共産の5割が支持、という皮肉)。

 

市長選でも松井は維新の9割、自民の4割、公明の3割。一方、柳本は国民と立民の7割を固めていますが、自民は5割にとどまっています。

 

大阪以外の人には理解できない現象でしょうね、なにしろ「大阪府内の政党支持率は自民31.3%、大阪維新18.8%だが、4月実施の大阪府議選で投票する候補者の政党は大阪維新38.4%、自民17.6%と形勢が逆転している」(産経新聞)のですから。
安倍首相は支持するが、大阪の自民は嫌いという人が多い、という不思議な逆転現象がここにも。

 

Skimg048420190401-2  Skimg048420190401-1yoko

|

大阪W選挙情勢、JX通信社

|

大阪W選挙情勢、読売新聞

|

大阪W選挙情勢、朝日新聞

|

大阪W選挙情勢、毎日新聞

https://mainichi.jp/senkyo/articles/20190401/ddm/001/010/157000c

|

« March 2019 | Main | May 2019 »