« April 2019 | Main | June 2019 »

05/31/2019

学部卒業50年、18年ぶりの仙台を訪ねて

同期会の前日は下宿訪問、翌日は市内巡りで瑞鳳殿(学生時代は焼失後復元されていなかったので行っていません。今回、初めて訪れ、豪華絢爛たる桃山様式にびっくり)、青葉城(学生時代とは様変わり! 大広間の礎石が再現されているとは。いま話題になっている「ずんだシェイク」も賞味しました)、大崎八幡(学生時代に行ったことがありますが、修復され、創建時の輝きを取り戻した国宝社殿が見事でした。御祭神は応神天皇・仲哀天皇・神功皇后)

 

せっかくの仙台の旅、3分間動画制作とOSM登録(気がついた数ヵ所)をしようと思っています。同期会編(関係者のみ公開)と仙台観光編(公開)に分けて。

|

05/28/2019

はい、わかりました

メールを開くと、奥さんから、「弱いお酒を飲み過ぎるな」「熱中症にならないよう、水分をとるように」など注意事項がずらり。
なんと返事に書こうかと思って、下を見ると「はい、わかりました」とデフォルト?の回答が書いてありました。
これは便利と、そのまま返信しました。

 

こんな返信例が表示されたのは初めて。メールの内容を判断して、回答例を表示しているのですねえ。

|

仙台にやって来た

新大阪から東京までは、のぞみ自由席、始発だったためがらあき。東京からは自由席のあるやまびこに。こちらも始発のため楽々座れました。

仙台に着くまえ、50年前の下宿先の子供さん(現在79歳)からメールが入ったので、「まず下宿のあった所に行く」と返事すると、地下鉄最寄り駅で待っているとの返信。コーラスの練習をキャンセルして、付き合ってくれました。感謝、感謝。マンションに変わった元下宿など周辺の変わりようを詳しく解説して頂きました。
その後20分くらい歩いて、ご自宅のマンションへ。

そこでご夫婦と、懐かしい50年前の思い出話に花が咲きました。
私がおばさんの誕生日祝に差し上げたという野草図鑑の現物も見せて頂きました。表紙をめくると、私からのメッセージが、そして裏表紙の裏におばさんがながーい感謝の言葉をるる述べています。思わずジーンときました。この下宿では、下宿人3人(年によって変わる)、おじさん、おばさん、仙台に住んでいる子供さん一家全員の誕生会を開いてくれていました。こんな下宿は、当時の仙台でも珍しかったでしょうが・・・

さあ、明日は青葉山の工学部見学と秋保温泉のホテルで同期会、50年ぶりの学友も多いので楽しみです。

|

05/27/2019

50年前の誕生日祝が、今でも大切に活用されていた!

大学学部卒業50年記念の同期会に参加するため、仙台に行きます。そこで6年間下宿した家に電話しました。もっともおじさんもおばさんもすでに亡くなり、そのあと子供さん夫婦が住んでいた家も、17年前マンションに変わっています。
インターネットで探して、新しい連絡先がわかりました。

電話すると、子供さんの旦那さんが出てきて、50年前の下宿人をよく覚えていて下さり、話がはずみました。そのなかで、びっくりしたのはおばさんの誕生日に、私が野草図鑑を差し上げたらしく(こちらは覚えていない・・・)生存中よく開いては名前を調べていたこと、亡くなったあとは、「僕が引き継いで、いつも使っています。図鑑の最後に<正弘さんから 誕生祝に頂いた>と、おばさんが書き込んでいるのだそうです。
「女房も喜びます。いま外出しているので、仙台に来たら電話ください.」。

青春のひとこまですねえ。いい街、いい大学、いい下宿でした。

|

05/26/2019

きょう(5/26)は 畝傍山登山と神功皇后陵の旅

大和三山(畝傍山・天野香具山・耳成山)のひとつ、畝傍山の西麓にある畝傍山口神社の主祭神のひとり、神功皇后(気長足姫命)は、住吉大社を創建された方と伝えられます。
住吉大社は春秋の祭祀に用いる陶器を焼くための土(埴土 はにつち)を、畝傍山頂に出かけて採取しています。

きょうは近鉄橿原神宮西口駅から畝傍山に登ってきました。標高199mの山ですが、結構きつかった。おまけに気温30度以上・・・

ついで近鉄で平城(へいじょう)に移動し、神功皇后陵を観てきました。

今日一日、神功皇后の旅でした。

|

きのう(5/25)はOSM登録12件

きのうは帝塚山音楽祭・ヘアカットのついでに、あちこち歩いてGPSでデータを記録し、帰宅してOSMに登録しました。12ヶ所。

住吉区万代池:整地記念碑、八紘一宇、桜樹他寄贈碑、時計台、ジョギングスタート点、地蔵

阿倍野筋:くまの街道道標(2ヶ所)、梶井基次郎旧居跡、播磨塚および小町塚、大阪高等学校のあと、セントラルスクエア北畠

|

05/25/2019

パンダも出てくる日本初総天然色長編漫画映画「白蛇伝」

朝ドラ「なつがきた」、きょうはなつが漫画映画会社の入社試験に臨もうとするシーンで終わりました。
同社が作ろうとしているのは、日本初の本格的漫画映画「白蛇姫」。モデルは東映の「白蛇伝」(昭和33年)でしょうね。私も当時11歳、映画館で観た記憶があります。

その予告編がyoutubeにありました。東映大川博社長の意気込みが伝わってくる演説入りの珍しい予告編です。
朝ドラでも紹介された漫画映画のために作った新社屋や多くのアニメーターが作業をしている光景も写っています。声優として、森重久弥・宮城まり子も出演。

そして驚くべきことに、当時まだ日本では知られていなかったはず(上野動物園にカンカンとランランがやって来たのは昭和47年)のパンダが登場しています!!

|

05/24/2019

the Nakagawa wayのTKG

Let's make TKG the Nakagawa way.
中川流の卵かけご飯を作りましょう。
NHK Eテレ「もてきそ」で、中川翔子さんが勧めていた卵かけご飯の作り方です。
お茶碗のご飯の中央にくぼみを作り、たまごを割って穴に落とす。次いで、マヨネーズ、めんつゆ、胡椒、最後にトリュフパウダーをかけてかき混ぜれは出来上がり。
トリュフパウダーなんて高そうだけど、どんな味の卵かけご飯になるんだろう?

|

05/22/2019

京見会館で見かけた絵の作者がわかった!

住吉大社から教えていただきました。
「画題:大阪住吉祭(版画)
年代:昭和36年(1961)
作者:朝井清(1901~1968)
備考:広島県呉市出身。
   昭和35年(1960)棟方志功らと日本版画会を結成。

 

当社では、昭和37年1月付で大成建設が奉納され、現在でも祈祷殿の控室廊下に懸額しております。当時、祭シリーズで数々の作品を遺していますが、その中の代表作のひとつに数え挙げられます。」

 

なお、「NIPPON STEEL MONTHLY 2010. 7」に、京見会館談話室の写真が掲載されていました。「大阪住吉祭」の版画は正面突き当りの壁に懸かっています。(131.5x91.1cm)

 

この版画は、呉市立美術館で今年1~3月に開催された「郷土の作家たち」という展覧会でも展示されました。
パンフレットから該当部分を転載します。

 

なお、昨日の記述のうち、反橋が「板を並べて打ち付けた」ように見えたのは間違い。端を見ると階段状に描かれていました。

 

Photo_12  Photo_14

|

05/21/2019

きょうはOB会の工場見学で、広畑製鉄所へ

退職して、八幡に行くこともないし、製鉄所の巨大工場を見る機会はありません。きょうは大阪地区OB会で、久しぶりに日本製鉄(にっぽんせいてつ、「鉄は金の王かな」から「金を失う」に変わったのは、時代の流れとはいえ、OBとしては寂しいものがあります)広畑製鉄所の見学。中に入って見学通路を400mほど歩いたのは熱延工場だけでしたが、けた外れに大きい工場のわりには人がほとんど見えません。構内はどこに行っても緑が鮮やかで、昭和40年代前半までの製鉄所のイメージはまったくありません。

昼食を食べたのは、かつて上皇陛下が皇太子のとき、美智子さまとお泊りになったこともある(当時、姫路には皇族をお泊めできる格式のあるホテルはなかったそうです)製鉄所の迎賓館「京見会館」。八幡製鉄所の高見倶楽部(昭和天皇が御宿泊になられた)のような施設ですね。

ここのロビー正面に掲げられていたのが、なんと「住吉大社の反橋を渡っている大きな神輿」。思わず目を見張りましたが、確かにあちこちに「住吉」の字が読み取れます。間違いありません。住吉大社の絵です。責任者の方に聞いたのですが、なぜ広畑製鉄所の迎賓館、しかも一番目立つところに、住吉大社の反橋を渡る神輿の絵がかかっているのか、御存じありませんでした。「清」の署名がありましたが、あの有名な放浪画家の作品ではないそうです。
ただこの絵で少し違和感を覚えたのは、反橋の床が階段状になっておらず、板を並べて打ち付けたように描かれていたこと。現在は階段になっていますし、その昔は足を突っ込む穴があったはず・・・いったいいつごろの作品なのでしょう。

畏れ多くて写真を撮らせてとは言い出せませんでしたが、ダメもとでお願いししてみればよかったかな?

|

05/20/2019

「ウイルスバスター」がサイバー攻撃を受けた

ウイルスソフトの大手がサイバー攻撃にやられたとは・・・

https://www.asahi.com/articles/ASM5L6VHNM5LULZU00R.html?ref=hiru_mail_topix1

|

きょうはセミナー「御代替わりの御大礼/譲位(退位)・践祚・元号・即位・大嘗祭」

5月の住吉大社セミナーです。タイミングのいいテーマだったこともあり、多くの方が参加しました。
講師は、3月まで皇學館大学学長だった清水潔氏。2時間20分休憩なしの熱弁でした。

|

「いだてん」視聴率ついに6%台に

関西の視聴率がついに6.6%、先週に続いて最低記録更新です。関東は8.7%。
私の見るfacebookでは、好きな人が多いのですがねえ。

|

住吉大社 御田植神事の準備着々

20190520_120190520_2

 

6/14に、御田で盛大な時代絵巻が繰り広げられます。重要無形民俗文化財。

|

中世に出逢えるまち 河内長野、日本遺産認定

201905205/20付産経新聞夕刊。

|

05/19/2019

3月に設置されたばかりの西日本最大8K巨大モニターで観た「曜変天目茶碗」

競争率8倍を勝ち抜いて当選した(といっても、私ははがきで申込んだだけ。ただの抽選です)西日本最大280インチ 8K巨大モニター(NHK大阪アトリウム)で観る「8Kシアター&スペシャルトーク」はみどころ十分、素晴らしいイベントでした。2人用チケットなのに、1人で出掛けて、落選者には申し訳ないことをしました。次回は無駄にしないようにしましょう。

 

実物は2、3年前、所蔵する大阪の藤田美術館で観ましたが、8K撮影を巨大8Kモニターで観るとその映像表現力に圧倒されます。6分間の世界初8K撮影に、NHK奈良と大阪がかけた時間は、なんとまる2日間。8K撮影には超強力な光源が必要です。その光の当て方を工夫し、光を移動させ、不思議な模様の変化をとらえ、曜変天目の魅力を引き出しています。

手にすっぽりおさまる直径12センチの小さな茶碗が、280インチの巨大モニター画面全体から迫ってきます(写真撮影禁止)。1000倍以上に拡大された星のきらめきのような模様一つひとつが、いささかも観る者を飽きさせません。光を当てなけれは、ただの真っ黒な茶碗ですが、光が当たるとたちまちキラキラ光って大変な美しさ。直接観ても分かりにくいのですが、さすが8K画面です、見事に再現してくれます。

藤田美術館が、蛍光X線分析を行った結果、模様と地の部分の元素に、差はなかったそうです。釉薬を部分的に変えたり、焼成後に上塗りしていないことは明らか。窯のなかの環境により、釉薬の微妙な化学変化を生んだのでしょうか。
8K映像のおかげで、いままで気がつかなかったところに、青い輝きを見つけるなど新発見もあったようです。

藤田美術館・藤田館長、武者小路千家家元・千宋屋氏、永青文庫副館長・橋本麻里氏のトークも興味深いものでした。藤田美術館が所蔵する国宝9点、重文53件をすべて展示している奈良国立博物館での「国宝曜変天目茶碗と藤田美術館の名宝」(4/13~6/9)のみどころや裏話が次々披露されました。

司会は4月、東京(英雄たちの選択、土曜スタジオパーク、SONGSなどを担当)から大阪(歴史秘話ヒストリア)に転勤してきた渡邊佐和子アナ。笑いを絶やさない司会は、テレビでお目にかかるよりはるかに素敵な方に見えました。

なお、改修工事中の藤田美術館は、2022年4月にリニューアルオープンします。

|

05/18/2019

日本のアニメ、韓国では韓国産と思われている

https://www.facebook.com/166623963389149/posts/2375024039215786/

|

きょうはまち歩きの下見

その前に天王寺のくまざわ書店、喜久屋書店、ジュンク堂近鉄あべのハルカス店周り。どこにも雑誌「地図中心」5月号(OpenStreetMap特集)はなかったので、ネットで申込まないと入手できないようですね。

その後、ちん電で住吉大社吉祥殿に移動。新たに開発したまち歩きコースを2時間あまり歩いてきました。来週は神功皇后ゆかりの畝傍山などに行く予定もありますので、最近、毎日スクワットをしています。とりあえず、きょうのコースは落伍せずに帰ってきました。

OSMに未登録のお寺や道標6カ所を追加しておこう。
Sscreenshot_20190518151736

|

05/16/2019

動画 住吉大社卯の花苑 令和元年(2019)

今年はOpenStreetMapで卯の花苑の場所を明示したり、歌碑・石碑の解説を入れました。撮影時に雨が降ってきたので、アオスジアゲハの乱舞が見られず、2年前に撮影したシーンを入れました。
また卯之葉神事(今年は5/6)で用いられる卯の花の玉串、神楽女の頭や神職の胸に付けられた卯の花もワンカットずつ収録しました。

なお、苑内の細い道は私が登録したものではありません。毎年5月しかオープンされないのに、どなたかがすでに記入されており、感心しました。

https://youtu.be/4vhiz1X5iA8

|

10/1から「八幡市駅」は「石清水八幡宮駅」に

今朝の産経新聞。
京阪が駅名を変更するそうです。「やわた(しえき)」から「いわしみず(はちまんぐうえき)」です。今まで駅名の八幡が「やわた」か「はちまん」か迷うことがありましたが、これですっきり。もっとも「いししみず」と誤読する人がでるかも。

 

(注)北九州の八幡製鉄所は「やわた」、地名は「やはた」ですが、京都の八幡市は「やわたし」なのですね。さらに八幡市の石清水八幡宮は「はちまん」・・・ややこしい。

0516

|

05/15/2019

遺伝子的に、男系天皇には重要な意味があった

きのう女性天皇と女系天皇は違うという記事を書きましたが、けさ(5/15)の産経新聞に興味深い話が載っています。これは必読。
男系天皇を守ってきたから、皇室の染色体Yがしっかり保存されてきた!

へーえ、遺伝子の知識なんてなかった大昔からそういうシステムを作り上げていたとは・・・不思議としか言いようがありません。

S0515kimg0551

|

驚異! 遺伝子の世界

天皇の遺伝子の話を書きながら録画していたNHKの「人体 遺伝子 1」(山中先生、タモリ)を観ていたら、驚きの最新研究が続々。今までゴミと考えられたきたDNAの98%に秘められていた凄い力。

例えば、鈴木亮平さんのDNAから本人そっくりの顔が再現されました。石原さとみさんの耳たぶが小さいこともDNAからわかります。
コーヒーを飲んで心筋梗塞が起きやすくなる人と,起きにくくなる人の違いも、DNAから説明できる・・・

しかし、DNAから人の顔が再現できるなんてなあ!

|

05/14/2019

政党別 改憲議論賛成者比率が興味深い

一番高いのが、維新の93.8%、自民は80.6、公明75.1。改憲を目指すなら、自民は公明より維新と組むべき・・・

驚くのは、立憲民主、国民民主支持者でさえ 76.7、81.7で公明を上回っていること。さらに共産でも60.5と過半数が賛成!

5/14付 産経新聞朝刊
Skimg0550

|

政党別 改憲議論賛成者比率が興味深い

一番高いのが、維新の93.8%、自民は80.6、公明75.1。改憲を目指すなら、自民は公明より維新と組むべき・・・

驚くのは、立憲民主、国民民主支持者でさえ 76.7、81.7で公明を上回っていること。さらに共産でも60.5と過半数が賛成!

5/14付 産経新聞朝刊

|

女性天皇と女系天皇の違いを知らずに、「女性の天皇に賛成」する人たち

解説を読んでもなかなかわからないのが、女性と女系の違い。
私は百田尚樹さんの「日本国紀」を読んで、やっとわかりました。要するに、お父さん、そのお父さん、そのまたお父さん・・・とたどって行くと、初代神武天皇にまでたどり着くのが男系。これが万世一系という大昔からの日本のシステムになっています。
男女平等という次元の話ではないんですね。
これが崩れると、天皇になろうとするよこしまな人間が現れてくるかも?

 

5/14付産経新聞朝刊

 

Skimg0549

|

05/13/2019

「住吉大社境内の石碑」写真集(動画)改定

「NPOすみよし歴史案内人の会」の学習グループで1年間取組んできた「石碑」、私は昨年境内の石碑約110基をすべて収録したデジタル写真集を作りました。
今回、1年間の活動成果発表するにあたり、全面改定中です。

目玉は、冒頭にこのほど設置された陶板にカラーの日本画が美しい「遣唐使進発の地」碑をとりあげます。 
もうひとつの目玉は、全石碑の名前・位置をOpenStreetMapに登録したので、すべての石碑の場所をブロック別にOSM地図で表示すること。

動画8分間に、石碑110基を収録します。

|

フェルメール展閉幕 122万人来場

東京展4カ月間で68万人、大阪展81日間で54万人、合わせて122万人が来場したそうです。
東京はフェルメール9点を1室に展示したため大混雑、大阪は東京になかった1点を含めて6点を2点ずつ展示するなど、工夫したため、いつ行ってもスムーズ。私が出掛けた時も、何年か前、神戸で2点観た時よりすいていて「フェルメールがこんなにゆっくり観られるなんて」と驚きました。ただし、最終日は大変な混雑だったようですが。

産経新聞 5/13朝刊

Kimg0548-1 

|

自公、民意受け白旗

今度は共産党が自公に怒っている。
Kimg0547

|

05/11/2019

絵と相撲

孫の一人が、大相撲大阪場所の開催会場で開かれたわんぱく相撲大会で優秀な成績をとり、大阪市長から表彰状をもらった。この子は去年も、こども二科展で入選し、ピザの絵が市立美術館に展示された。


 


おじいちゃんは小学校時代、図画工作も体育も苦手だったけどなぁ。・・・
もっと見る
孫の一人が、大相撲大阪場所の開催会場で開かれたわんぱく相撲大会で優秀な成績をとり、大阪市長から表彰状をもらった。この子は去年も、こども二科展で入選し、ピザの絵が市立美術館に展示された。


 


おじいちゃんは小学校時代、図画工作も体育も苦手だったけどなぁ。・・・


 

ちなみにこの子は、小学校2年の女の子。女子が相撲というのにもビックリ。

 

|

最近、受講したセミナー、研修会

毎月受講している住吉大社セミナー、4月22日は「日本古代の植物油 神功皇后はこの地で榛油を搾ったのか」でした。今月下旬には「NPOすみよし歴史案内人の会」の行事で、住吉大社を創建された神功皇后陵やゆかりの畝傍山(住吉大社は毎年春秋、山頂まで出掛けて祭祀に用いる陶器を焼く土を採取しています)に行きます。5月20日のセミナーは、「御代替わりの御大礼」がテーマです。

上記NPOも毎月、研修会を開催しており、今月は「住吉大社はなぜ和歌の神様になったのか」でした。

5月19日はかねて申込んでいた「8Kシアター&スペシャルトーク/国宝曜変天目茶碗と藤田美術館の名宝」のチケットが当たったのでNHKへ。

住吉大社セミナーは1回500円、NPOの研修は年会費2000円だけ(ただしボランティアのガイドや毎月事務所当番・毎月の定例会参加などが必要)、NHKの行事も無料。もちろん研修旅行は実費が必要です。

年金生活者らしく、「お金をかけずに充実した毎日を!」がモットーです。

|

05/09/2019

「なつぞら」と六花亭の「マルセイバターサンド」

今朝の「なつぞら」を見て気がついたのは、「あのデザインは、六花亭のバターサンドそっくり!」。

なぜ「マルセイバターサンド」という名前なのだろう? とかねて不思議に思っていたのですが、きょうのドラマの中に、雪月が試作した「十勝バター煎餅」と缶容器が登場しました。この容器のデザインが「マルセイバターサンド」にそっくり。ドラマの中で、高畑淳子さんが解説していましたが、さらにwikipediaで調べると・・・六花亭が社名変更を機に開発した商品に、なぜ「マルセイ」の名前をつけたのか、わかりました。 

<マルセイとは◯の中に成の字を入れたもので、依田勉三の興した晩成社(依田牧場)が1905年(明治38年)に北海道で初めて商品化したバターのことである(当時の表記はマルセイバタ)。マルセイバターサンドの包装は 発売当時のマルセイバターのラベルを復刻・再デザインしているため、レトロな外観を持つ>。

|

05/08/2019

企業は変わる

入社したのは八幡・富士合併の2年目、退職後、住金と合併して新日鉄住金に、そしてこの4月社名が日本製鉄(にっぽんせいてつ、「てつ」は<金の王かな>の「鐵」をやめ、<金を失う>「鉄」になったようですね。これも時代の流れ?)へ。

大阪に転勤して働いていた朝日新聞ビルもいまはなく・・・

昔、「会社寿命30年」と言われましたが、変わらなくては、生き残れないということでしょう。

0508

|

公明、維新にすりより

また騙されないように。

0508_1

|

住吉大社御即位奉祝奉納行事まとめ

5/1~6に行われた行事の動画の一覧です。簡単に見所をコメントしました。

https://youtu.be/GCwMQyqnLuY  5/1(かっぽれ+住吉踊の共演、ライブ書道、神館公開=ただし撮影不可のため解説のみ=)

https://youtu.be/2lUjidlWyvE   5/2(大神輿の鳳凰取外・取付・反橋渡り・回転)

https://youtu.be/NyoWVkgRe3Q  5/5(奉祝行事ではありませんが、御田のレンゲと鯉のぼり、南京玉すだれ、バルーンアート)

https://youtu.be/XlwH9qGZ-X8  5/6(卯之葉神事、鏡、卯の花の玉串、吉祥殿特別舞台での御即位奉祝奉納舞楽と能=撮影不可のため解説のみ=)

|

05/07/2019

おめでたい 令和の「金箔ようかん」

金沢土産です。

 

Sp1090308 Sp1090309

|

指が火事になった

意外に煙が出る!
小学2、3年の孫曰く「火が出れば完璧」。

 

Photo_5

|

動画 住吉大社卯之葉神事(御即位奉祝奉納行事)

この日しか見られない五所御前(神功皇后が住吉大社創建の地を決められた聖地)の鏡、卯の花の玉串奉奠が写っています。
例年日本三大舞台(住吉大社・四天王寺・厳島神社)の石舞台で行われる舞楽が、今年は御即位奉祝奉納行事の一環として、祝いの能とともに、吉祥殿に特設された舞台で斎行されました。
立ち見の方が大勢でるほど、たくさんの方が鑑賞されました。(撮影禁止ですので、舞楽と能の動画はありません)

https://youtu.be/XlwH9qGZ-X8

|

05/06/2019

朝日新聞は皇室を潰したいですか?

https://www.youtube.com/watch?v=swI7Wcouon8&feature=share

|

「いだてん」に東海道53次駅伝

大河ドラマ「いだてん」もおもしろくなってきました。ベルリン五輪金メダルをかけ、必死の努力を続ける金栗四三に「五輪中止」の悲報。失意の四三が、後継者育成のため考案したのが「東海道53次駅伝」。
京都三条大橋東詰にある記念碑は、去年12月にOSMで京都に行ったとき写真にも撮りました。

 

Photo_6

|

05/05/2019

動画 住吉大社御田 レンゲDEすみ博2019

https://youtu.be/NyoWVkgRe3Q

|

歴代元号・天皇一覧表(時刻表スタイル)

有田さんお勧めの「歴代元号表」です。この1枚で全元号と元年の西暦がわかる魔法のような表です。古文書の勉強にも、歴史案内のガイドにも役立ちそう。同じ方が、「歴代天皇一覧」も作成されています。女帝や重祚もわかるよくできた一覧表です。

ただ、一部誤植があるようで、そのうち「ナポリタン(端山の人)さん」のツイッターで修正後の表が公開されるそうです。(元号→1239は延応、1240は仁治。天皇→御醍醐は後醍醐 の間違い)

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190503-00000050-dal-life

20190504

20190504_1

|

05/04/2019

大阪の乱は続く

4面に詳細が掲載されていて、そこには「憲法改正の運命を大阪の地方議会が握っているところに、政治の面白さが凝縮されている」。

自民党の党是「憲法改正」より既得権益重視の大阪自民は、改憲派の維新を敵にまわし、護憲派の共産党(!)及び他の野党、中途半端な公明党などとも共闘した結果、先の選挙で惨敗しました。市議会で2名、都構想賛成に回さなけれ維新に潰されかねない崖っぷち。
都構想に協力するとの約束を反故にされ、公明党に烈火の如く怒っている維新は、次の衆院選で、公明党の関西現役6人を落選させると宣言しています。これらの選挙区は選挙協力のため、今まで維新は候補者を出していませんでした。大阪都構想賛成の維新支持者は、公明党に投票してきたわけですが、先の選挙で都構想反対の急先鋒になっていることに唖然。これから公明党が維新にすり寄るかどうか、見物です。

Photo_7

|

動画 「令和」2日目の住吉大社 神輿

重さ2.6tの大神輿が、第一本宮前から幸寿門をくぐり(神輿上部の鳳凰を取り外し、くぐった後、反橋手前で再度取りつけます)、弓状になった反橋を渡ります。続いて吉祥殿前に移動し、大神輿の回転が始まります。

https://youtu.be/2lUjidlWyvE

|

05/03/2019

有名なトロッコ問題、ついに正解が

http://netgeek.biz/archives/139272

|

05/02/2019

きょうから「令和」、住吉大社の御即位奉祝奉納行事(別途動画あり)

さすが住吉大社さんも力を入れています。
江戸の「かっぽれ」のルーツは「住吉踊」ですが、なんときょうの奉祝奉納行事のなかに、「江戸芸かっぽれ」がありました。お江戸から家元を初め多くのメンバーがやってきて、第一本宮前で熱演。のみならず、なんと「住吉Sp1080791踊」と夢の共演(住吉踊のチームに、かっぽれチームが入って、みんなで住吉踊を踊るという、二度と見られそうにない趣向)まで披露してくれました。
反橋西詰では、奉納ライブ書道が・・・巨大な4枚の紙に、「令」「和」や万葉集の歌を、太鼓の音とともにダイナミックに書き上げました。出来上がった作品は、ただちに反橋を渡って第3本宮と第4本宮へ。

日頃拝観できない神館が特別拝観できます。しかも外から見るのでなく、中に上がって(無料)。天皇のお座りになる玉座も近くから観られます。先月、読売新聞夕刊1面で紹介された江戸期の歴代天皇の短冊も3回目?の公開。歴代天皇の肖像画(「江戸時代まで住吉大社境内にあった神宮寺は、孝謙天皇が758年に創建されました」とガイドでしゃべっていますが、肖像画を見て「あっ、女帝だったんだ」と改めて気が付きました)や「住吉大社神代記」(天平期、レプリカ)、明治天皇から若菜局がいただいた「雛人形」も展示されています。
神館の特別拝観は、5/6までです。貴重な機会ですので、お近くの方はぜひどうぞ。

写真は、西大鳥居、風流武者行事、かっぽれ(2枚)、奉納ライブ書道、境内はいたるところ長蛇の列、神館。
Sp1090020
Sp1080725Sp1080725
89
Photo_8
Sp1090069
90


|

「祝」「令和」の焼き印が入った縁起焼を食べた

ついでに店のお兄さんと写真を。なお、この焼き印の入った縁起焼の販売期間は1週間だそうです。それ以降は予約注文のみ。

 

Sp1090010 Sp1090017 Sp1090019

 

 

#縁起焼
#もちもち

 

|

05/01/2019

動画 きょうから「令和」、住吉大社の奉祝奉納行事

https://youtu.be/GCwMQyqnLuY

|

住吉大社で御即位奉祝記帳

雨の中、大変な人出です。

Photo_9
2_2
33
44

|

« April 2019 | Main | June 2019 »