« 仙台今昔、50年前なかった or 50年間知らなかったこと③ 建学の理念のひとつ「門戸開放」の一環? | Main | それは知らなかった、「ヌヌヌ又」 »

06/06/2019

仙台今昔、50年前なかった or 50年間知らなかったこと④ 谷風の等身大像ができていた

50年前、学生時代に仙台市霞ノ目で谷風の墓を見た記憶があります。今回、仙台の地図を見ていたら、勾当台公園の中に、「谷風の等身大像」が・・・
昔はありませんでしたので、見に行きました。なるほど堂々とした銅像です。設置されたのは私が仙台を離れて4か月後。見たことがなかったのも当然でした。

ところで谷風は、歴代横綱の第一人者とされ、第四代横綱ですが、実質的な初代横綱だそうです。
先日NHK番組で「横綱の起源は谷風」と解説していました。銅像に「第四代横綱」と書いてあったので「あれ?」と思いましたが、その理由はさておき・・・、「横綱発祥の地は住吉大社のはずでは?」と思う方もいるはず。

住吉大社の公式見解は、facebookによれば

<日本の国技である大相撲の最高位が「横綱」であることは皆さまもご存知でしょう。じつは横綱の起源は住吉大社という伝説があるのです。
今から約1200年前ほど前のお話です。古くより行われていた住吉大社の相撲会(すもうえ)において近江国(滋賀県)住人のハジカミという最強をほこった力士が参加していました。彼はたいそう強い力士で誰一人として相手になるものがいませんでした。そこで当時の行司・志賀右左衣門尉は案じてご神前の「しめ縄」をハジカミの腰にまとわせ、このしめ縄の垂れに手をかけるものがあればこれを勝ちとするというルールをもって相撲をとらせましたが、やはり誰もこのしめ縄に触れることすらできませんでした。
これが横綱の起源であるといいます。これは相撲の吉田司家に家伝として伝わる話ですが、これが史実であるかはともかく、古くから伝承として広くし信じられてきたものです。
現在もこの伝統をふまえ、毎年10月(本年は10月23日)に近畿高等学校招待相撲大会や3月の大阪場所の前に横綱の手数入(土俵入)、横綱による「しめ縄」の奉納が行われています>

こちらは1200年前の伝承ですが、横綱免許を授与する吉田司家に家伝として伝わる話だそうですから、それなりに説得力はありますね。

Sp1090774
Sp1090782

|

« 仙台今昔、50年前なかった or 50年間知らなかったこと③ 建学の理念のひとつ「門戸開放」の一環? | Main | それは知らなかった、「ヌヌヌ又」 »