« 計画達成状況ときょうの予定 | Main | 「片葉の葦(あし)」と「夕霧太夫ゆかりの竹」で作った茅の輪 »

07/18/2019

高津宮夏祭 境内をひと回り

高津宮夏祭本宮の境内も、昼間は芭蕉せんべいの名物おじさんが声を張り上げて客とやり取りしているくらいで静かなもの。

そこで5年前を思い出しながら境内を一回り。
南参道・・・梅之橋、北野恒富筆塚、献梅碑、梅ノ井。

西参道・・・相合坂(あいあいざか)=二等辺三角形の二辺のような坂を同時に登り始めた男女が、頂点でピタリ出会うと結ばれる、という縁結びの坂。頂点付近に住友吉左衛門、片岡愛之助、中村扇雀、中村鴈治郎、坂田藤十郎などの献灯があります=、縁切り坂=昔は坂が三下り半になっていたため、離縁の坂とされました=。

境内・・・仁徳天皇の民のかまどの煙の話を顕彰する漢文の碑および絵、5代目桂文枝の碑、3番目の王子社推定地の碑、仁徳庭、陰陽石。

|

« 計画達成状況ときょうの予定 | Main | 「片葉の葦(あし)」と「夕霧太夫ゆかりの竹」で作った茅の輪 »