« 熱中症対策の決め手はこれ! 手のひらを冷やす | Main | おからパウダー »

07/17/2019

江戸時代のお金の単位、知らなかった「目(め)」と「匁(もんめ)」の関係

こんなややこしい計算を瞬時に暗算でこなしていた江戸時代の人はすごい、とつくづく思うのが、お金の換算。
金の単位は「両・分(ぶ)・朱(しゅ)」の4進法、銀は「貫・匁(もんめ)・分」で1貫=1000匁、1匁=10分。1000進法と10進法が混ざります。さらに匁の1の位がゼロの場合は「目」に変わります。これは知りませんでした。「9匁(もんめ)、10目(め)、11匁(もんめ)」となります。高島幸次先生の「上方落語史観」に、文楽「女殺油地獄」の床本に「200匁」と書いてあっても、太夫さんは「200め」と語る話が紹介されています。さすが口承芸能! 
中野家文書に時々「匁」の代わりに「目」が登場して不思議に思っていましたが、そういうことだったのか・・・
銭の単位は「文(もん)」。銭1000文=1貫文です。
もう一つ、「歩(ぶ)」という単位も「中野家文書」に出てきました。当時、調べていたらある本に「金の単位は本来<歩>だが、大坂では<分>と書く」と書いてあったので、とりあえず納得したのですが・・・


さらに金・銀・銭の交換比率は時代によって変動するのですから、江戸時代の商人は頭がよくなくては務まりません。両替商が発展したわけです。
おまけに、江戸時代は、金銀銭に加えて、長さ・容積・重さなどにも同じ単位が出てくるので大変です。例えば、落語「井戸の茶碗」に、屑屋が紙くずを買い取る場面で「7匁ちょっとございますんで、8文で買わせていただきます」。この7匁を銀7匁と思ったら訳が分からなくなります。ここの匁は重さの単位です。重さの匁は160進法で160匁=1斤です。
(高島幸次「上方落語史観」より)

|

« 熱中症対策の決め手はこれ! 手のひらを冷やす | Main | おからパウダー »