« 「り地域」ってなんだ? | Main | 江戸時代のお金の単位、知らなかった「目(め)」と「匁(もんめ)」の関係 »

07/17/2019

熱中症対策の決め手はこれ! 手のひらを冷やす

きょうのNHK総合「金のベンリ堂」で仕入れた、スタンフォード大学教授お勧めのお手軽熱中症防止策です。

「熱中症を防ぐには、手のひらを冷やせ!」
首やわきの下じゃない、手のひら。
手のひらに集中している特殊な血管AVA(暑く感じる時に現れる)が、効率的に体温を下げてくれます。
手のひらを冷やすには、15度くらいの冷たいペットボトルを握ります。冷た過ぎると、血管が収縮するので逆効果。

NHKのHPに、次のように書いてあります。

【ここがポイント!】
★暑い日には冷えたペットボトルを手に握ろう。
★適温は15℃前後(冷蔵庫や自販機から出た直後は約5℃)。15分ほどは効果が持続!
★手のひらにはAVA(動静脈吻合[ふんごう])という特別な血管がたくさん!普段は閉じているが、暑くなると開通して放熱。体温を下げようとする。

AVAとは動脈と静脈を結ぶバイパスのような血管で、普段は閉じています。ところが体温が高くなってくるとAVAが開通し、一度に大量の血液を通します。そうすることで熱が放出され、冷えた血液が体に戻っていくのです。

|

« 「り地域」ってなんだ? | Main | 江戸時代のお金の単位、知らなかった「目(め)」と「匁(もんめ)」の関係 »