« これが韓国・・・ | Main | 動画で巡る大阪の花マップ »

08/13/2019

小学5年生用「北前船」ガイドの準備

8/30に某小学校の児童に、「住吉大社および境内の燈籠が日本遺産<北前船>に認定されたこと」をテーマにした研修があり、私も境内を案内することになっています。
境内の案内個所は10カ所、3班に分かれてそれぞれガイド2人がつきます。
私の説明担当は5カ所、「越中締綿荷主廻船中 燈籠」(富山と大坂の綿商人が奉納した燈籠。高さ6.6m)、「阿州藍玉大阪積 燈籠」(徳島の藍玉業者が奉納、高さ7.5m)、「長明燈 燈籠」(山形十日町の紅花や綿の業者や京都・大坂などの商人が奉納、高さ7.1m)、「遣唐使進発の地 顕彰碑」(住吉の津から遣唐使船が出航したことを顕彰するカラー絵画の碑、令和への御代替わり直前に除幕)、「うつぼ干鰯仲間 燈籠」(境内でもっとも巨大、高さ10.8m。幅10m)。

小学校5年生に、藍玉、紅花、遣唐使、干鰯とか言ってもわからない? 資料はきょう中に作れそうだけど、わかりやすく説明する工夫をしなくては・・・ 

|

« これが韓国・・・ | Main | 動画で巡る大阪の花マップ »