« すみ博2019 | Main | 須藤英二氏の「いやしのフルートコンサート@杉原邸」2019 »

10/21/2019

ヘリコプターで救助されても、やめられない登山・・・

他の行事と重なることが多いのですが、久しぶりに琵琶の「物悲しい調べ」を聞きに行きました。
出番が終わり、着替えて客席にやって来た中学の同級生と奇跡的に(出入口近くに座っていたので)会いました。そこでかねて疑問に思っていたことを質問。

毎年、年賀状に何十もの登山写真を印刷して寄越すので、何年分を載せているのかと聞いたら、すべて「夫婦二人でその年(前年)1年間に登った山の写真」だそうです。月に何回も日本各地に出かけて山登り? 店の経営者ですが、いい身分ですねえ。

もっとも2年前、石鎚山から下山中大怪我をしてヘリコプターで救助され、車椅子生活になった経験も。(記録のため、年賀状に小さい写真を載せたそうですが、本人が怪我をしたとは気がつきませんでした)。それにも懲りず、「最近も福島の磐梯山に登ってきた」。山の魅力がいかに絶大なものかわかります。

|

« すみ博2019 | Main | 須藤英二氏の「いやしのフルートコンサート@杉原邸」2019 »