11/20/2017

和泉幻視行/遠里小野


11/19付産経新聞「和泉幻視行」は「遠里小野(おりおの)」。見出しは「信長本願寺攻めの舞台に」。
奇しくもこの日は、すみよしの中世の歴史遺跡を巡る街歩き。記事に書かれているところも歩きました。
遠里小野を舞台にして、織田信長が本願寺の出城「新堀城」を攻略する戦いを行った話が記事に取り上げられています。
司馬遼太郎の「尻(口に炎)孫市」に、樹齢400年の老松に身を隠して信長を狙撃したと書かれているそうですが、福島記者の調べでは狙撃も「遠里小野の鉄砲松」もフィクションのようです。遠里小野在住の知人からそんな話を聞いたことがないので、おそらくそうなのでしょう。

もうひとつ、大和川付け替えに対する反対運動があったかどうか、「当時の史料を調べたが分からなかった」と書いてありますが、「摂津国住吉郡苅田村寺田家文書」に、反対運動や水利権を巡る紛争について記録があります。福島記者にメ―ルで教えてあげましょう。

|

11/12/2017

前期難波宮はあったのか?


昨日の講演会はそんなテーマの懐疑派研究者からのお話。いろいろ疑問があることはわかったけど・・・。そうすると大阪歴史博物館の展示はいったい?
きょうは毎年恒例・河内長野の知人宅で行われるフルートコンサート。演奏者は関東から来ていただくプロの演奏家です。魂を揺さぶられるような音色 が楽しみ。

|

11/11/2017

今年の正倉院展古文書から


おもしろいものをいくつか紹介しようと思っていたのですが、きょうの読売新聞WEB版にこんな記事がありました。

http://www.yomiuri.co.jp/culture/20171111-OYT1T50066.html?from=ytop_main9

|

11/10/2017

お~こわ、天平の呪い人形


胸にくぎが刺さっていたり、穴が開いていたり。こんな人形を作ってこっそり呪っていたんでしょうか。平城宮跡資料館の展示から。

Sp1180247


|

興福寺中金堂落慶の看板 近鉄奈良駅


現在、工事用のテントに覆われています。

Sp1180280


Sp1180178_2


|

11/09/2017

これが天平人のうんちと尻ふき道具だ!


平城宮跡から発掘されたうんちと尻ふき棒です。平城宮跡資料館の展示から。(この資料館は、フラッシュを使わなければ写真撮影ができます)。
うんち、尻ふき棒(という名前は私が勝手につけました)から大腸菌等が検出されたことから、うんちであることが確認されたとか。
本物のうんちを展示している博物館を始めて観ました。貴重です。

|

なんと無粋な! 大極殿前に巨大な工事用建物

お役人の考えることは理解できませんねえ。おかげで大極殿から見えた薬師寺の塔が目隠しされてしまいました。ちなみにこの工事は、第一次大極殿、朱雀門を取り囲む塀を昔のように幅10mの回廊にするものだそうです。

Sp1180221


Sp1180220


|

10/17/2017

復元された江戸時代の菜種油搾り機で油搾り(動画)

貴重な映像です。


https://youtu.be/05pgZKTuzjg

|

大化の改新が行われたのは奈良でなく、大阪だった

日文研の井上章一教授が、産経新聞夕刊に連載中の「大阪まみれ」にお書きになっていた話。
645年の大化の改新は、最近は「乙巳(いっし)の変」とよばれます。この2日間で終わったクーデターは確かに奈良で起きました。私もクーデターの密談をした桜井の談山神社に行って、蘇我入鹿の首が空中を跳んでいる有名な絵を見たことがあります。

天皇はすぐ都を大阪に移し、難波宮で大化の改新を始めます。 難波宮の存在が明かになったのは、昭和35年ころから(当時、学会では発掘推進者の山根徳太郎博士は、幻の都を追い求める学者と冷笑されていました)ですから、私が小学校、中学校で習った歴史には出てきませんでした。

最近の歴史学では、「大化の改新が行われたのは難波宮、すなわち大阪」と定まっているのに、「奈良だと思っている人が多い」と、井上先生は驚いています。

いつもながら、井上先生には教えられることが多いですね。

なお、以前磯田道史日文研准教授が、次のようにNHK BSP「英雄たちの選択」でおっしゃっていました。

乙巳の変:645年の中大兄皇子と中臣鎌足による蘇我入鹿暗殺などのクーデターを指します。
大化の改新:その後に行なわれた天皇の権力強化と中央集権化を目指す一連の政治改革を指します。


Sp117081720171016


|

10/15/2017

江戸時代の菜種油搾り機を復元し、実演

前回遠里小野会館で、江戸時代の大坂・遠里小野(おりおの)で発明されたしめ木を3分の1スケールで復元した装置が紹介されましたが、今回は実際に油を搾る実演です。

現在、古文書研究会で読んでいるのは、まさにこのしめ木で油搾りをしていた庄屋さんに伝わってきた古文書です。左右のくさびを木槌で叩くと、ポタポタと油がしたたり落ちてきます。

動画をたくさん撮影したので、いつのように「3分間で早わかり!」シリーズに編集しよう。


Sp1170649


Sp1170650


|

より以前の記事一覧