09/28/2014

ギャンブルってなんだ

NHK BSP 9/27「関口宏のそもそも」は、「ギャンブルってなんだ!?」。ギャンブル好きの桂ざこば、えびす能収、倉田真由美、植島敬司(宗教人類学者)、ギャンブル嫌いの壇密が登場してのギャンブル談義。
ギャンブルから保険や確率論が生まれ、株取引のリスクを予測する金融工学理論はノーベル賞を受賞。もっともこのおかげで突如、リーマンショックに襲われ、世界経済は破綻へ。わからない未来を覗きたいというのがギャンブル。その法則性を信じたのが間違いのもと?
ギャンブルとは、偶然の事象に対して財物を賭けること。そこでクイズです。賭博罪に問われるのは? <パチンコ、天丼を賭けて勝ち負けを予想、1円賭けて勝ち負けを予想>。
パチンコは風適法により、出玉に応じた物品を景品として提供することが許されており、建前上ギャンブルではないため、賭博罪にあたりません。刑法第185条に「賭博をした者は、50万円以下の罰金又は科料に処する。ただし、一時の娯楽に供する物を賭けたにとどまるときは、この限りでない」と定められています。昭和9年の判例により、天丼は大丈夫。昭和12年の判例により若干のタバコもOKです。すなわち即時消費性のあるもの(すぐ消えてなくなるもの)は賭博罪にあたりません。ただし、現金は1円でもアウト。食事・飲物はOKです。
番組が、東北大のラットの実験を紹介していました。押せば必ず水がでるボタンと、押しても50%しか出ないが水の量が倍のボタンがある場合、ラットはどちらを選択するか? 結果は後者の方が3倍くらい多くなりました。ラットもハイリスクハイリターン指向なんですねえ。どうやらギャンブル好きは動物的本能みたいです。というより生き残るために身につけた本能?

次回テーマは、「ドラッグ」だそうです。なんだ、この番組は・・・

|

12/13/2008

宝くじ第5弾 「坂田三吉? 知らない」

FSBi12月10日付「キッシー教授のオフタイム教室」に、大商大学長谷岡一郎教授の話が掲載されています。同氏は「ぎゃんぶる学」の第一人者。講義で「上方のギャンブル史--将棋の坂田三吉物語」を取り上げたところ、知っていたのは社会人学生のみだったそうで愕然とされたそうです。

私も、「そんなバカな」と職場にいる大商大出身者に聞くと、「あの先生には、1年間習いました。坂田三吉? 知らない」との返事。そこで少しは分別のありそうな別の40男に聞いたところ、「それ、だれ? アホの坂田利夫なら知ってるけど」。

通天閣下の将棋の駒の形をした坂田三吉の碑が泣いていることでしょうね。

ところでこの記事の中に、期待値の話がでてきます。1,000円投資していくら返ってくるかです。中央競馬は750円、サッカーくじは500円を切る金額、宝くじはさらに下です。

|

12/10/2008

宝くじ 第4弾 「父の恨みを晴らす?」

職場のある男がグループ買いのメンバーになっているというので、「どうして入会したの?」と聞いたところ・・・

 「以前、父が職場のグループ買いサークルに参加しないかと誘われて断ったところ、その直後1,000万円当たったんです。1人当たり80万円もの払い戻しがあったとのこと。父親の悔しい思いを息子である僕は経験したくない。そこで迷わず、すぐ入会しました」。

なるほど・・・みんな欲の皮が突っ張っています。

|

12/09/2008

宝くじ 第3弾 「抜けようにも抜けられない」

職場の「ジャンボ宝くじまとめ買いグループ」に参加している隣席の男。

常々、「辞めたい」と言っているので「辞めたら」というと、「脱退したとたん、1億円当たったらくやしいじゃないか。だから辞めようにも辞められない・・・」。たしかに。

人間の心理は微妙です。こうしてずるずる泥沼にはまっていくとわかっていながら?

|

12/08/2008

未成年者が宝くじを買えるか?

「高校生? ダメッ」で、高校生と宝くじについて書いたところ、朝刊太郎さんから「宝くじは未成年でも買える。変えないのはtoto」とのご指摘がありました。

私が目撃した宝くじ売り場では、toto担当と宝くじ担当の2人のおばちゃんが少し離れた2つの窓口でそれぞれ販売しており、宝くじ担当の方が大声をあげていたので、宝くじだろうと思ったのですが、確かに朝刊太郎さんのおっしゃるとおりだったかもしれません。

じゃ、未成年が本当にどこでも宝くじを買えるのか? と調べてみると、未成年には売らないと宣言している宝くじ売り場も実際にあるそうです。

宝くじのことならなんでも取り扱う最大のポータルサイト(と自称する)「宝くじガイド」によれば、

<宝くじに関する法律である「当せん金付証票法」には、年齢制限に関する記述がないため、未成年者でも宝くじの購入は可能ですし、当せん金もその購入者のものとなります。
しかし売り場によっては、未成年者への販売を自主規制しているところもあり、「18才未満には販売できません」と表示している宝くじ売り場もあります。これは、何かトラブルが起きた際に販売者側の責任を回避したいということです>。

wikipediaにも

<売り場によっては、パターナリズムで「未成年者へ宝くじを販売しない」旨を明示しているところも少数ながら存在する。なお、みずほ銀行宝くじ部によると、未成年者が高額の当せん金の支払請求をしても構わないが、その場合みずほ銀行では未成年者本人ではなく法定代理人へ支払うことになっている>

パターナリズムとは、「強い立場にあるものが、弱い立場にあるものに対して、後者の利益になるとして、その後者の意志に反してでも、その行動に介入・干渉することをいう。日本語では「父権主義」「温情主義」などと訳される>そうで、簡単にいえば、「子供や十分な判断能力のない大人への保護は必要である」という考え方です。

|

07/21/2007

60億円、ネコババされるところだった!

こんなこともあるんですねえ、とにかくびっくりです。
「週刊新潮」7月26日号が伝える驚きのニュース。

題して「ユーロミリオンズ60億円当りクジ猫ババ珍騒動」。ヨーロッパのビッグな宝クジ30億円×2口を当てた30代の独身会計士のパスカル君、そうとは知らず、買ったキオスクの店主から「どちらも外れ」と言われて、いつもと同じ番号の新たなクジを2口購入して店を去ります。

ところが、パスカル君が券をゴミ箱に捨てて立ち去るのを見届けた店主は、大慌てで券を拾って大事に保管します。窓口に知人を送りこんで、見事、換金にも成功。

まもなくコンピュータから異常情報が・・・。大当たりした以降も、毎週月曜日、何者かが同じ店で、同じ組合せのクジを買っているのです。

一方、警察は換金にきた男の奇妙な行動を知ります。その男は、小切手を現金化した銀行で、「世話になった人の口座に預金の8割を移したい」と言っています。調べると、その振込み先がキヨスク主人の口座でした。

翌月曜日の朝、本当の当選者を突き止めようと張りこんだ警察によって、パスカル君は初めて真実を知らされました。当選発表から40日もたっていました。

(教訓) 宝くじの当選番号の照合は、売場のおばさんまかせにせず、必ず自分で確認しましょうね。60億円、フイにしたくなかったら・・・もっとも日本では最高6億円ですが。

|

09/01/2006

4億円当るかも?

最近、宝くじを買っていません。というのも1億円当る確率より、自分が宝くじ発表までに交通事故で死んでしまう確率の方が高いことを知ったから。

かわりに買ってもいいなと、ときどき思うのがロト6やミニロト6。なにしろたった1,000円で5回(5週間)も楽しめます。しかもロト6の場合、通常で1等最高2億円、キャリーオーバーがあれば4億円。ここ何回か1等がでていないため、6億円以上キャリーオーバーになっているとか・・・次回あたり4億円が出るかもしれませんよ。

みなさんも1,000円で5回、4(~2億円)の夢をご覧になってはいかがでしょう。

|