03/30/2017

スイスホテルの雅~MIYABI


6階に「雅」と題する装飾がありました。

Sp1090850miyabi


Sp1090852


Sp1090853


Sp1090854


|

12/09/2015

七三わけは、おじさんのイメージ


けさの産経新聞大阪総合面にこんな記事が載っていました。
本町界隈で、ワイシャツ姿のサラリーマンらしき男性100名の頭を調査したところ、かつてサラリーマンの象徴だった男性の髪型「七三わけ」はたったの4人、しかもすべて白髪混じりの高齢者。
96人は、わけめのない短髪、前髪をおろしたスタイル、オールバック、わけめのはっきりしないまんなかわけか横わけ。
最近の若い世代は、「おしゃれ七三わけ」(はっきりしたわけめがない)が多いそうです。
時代によって髪のわけ方も変わるんですね。

|

07/19/2014

美の壷/京の浴衣

07/18 NHK BSP

浴衣に対するイメージが変わりました。京都の浴衣が、着物の伝統を受け継いで、あそこまで艶やかで優美なものになっているとは・・・。今年は大阪の夏まつり、愛染祭り、生玉祭りに出かけましたが、大阪ではあんなシックな浴衣を来た人はいませんね。さすが、京都でしょうか。
地域の歴史や伝統によって、同じ浴衣でもずいぶん違うものですね。全国的には、江戸の浴衣のイメージ=さっぱりした夏の服装=が一般的だと思うのですが、京都では友禅染、西陣織の帯、足袋と組み合わせてフォーマルな装いとしても通用する「浴衣」があるというのは驚きでした。
京女のはんなりとした浴衣姿、うっとりするような画面でした。「京をはんなりまとう」、「京女に憧れて」、「ええもんは楽しんでこしらえる」・・・それぞれ京都ならではの「美意識」ですね。経済的とか効率的とかいう世俗的な世界を超越したものを感じます。
「美の壺」に取り上げられるような日本の伝統美を、ときには味わえる生き方をしてみたいものです。

|

06/28/2014

バーチャルフィッテイング(試着)/The Lab. その8

多くのドレスの中からどれが似合うか、いちいち着替えなくてもあっというまに比較し、判断できます。別室にある3Dボディスキャン装置は、最適サイズのドレスを縫製するシステムに使えそう。

最終回「3分間で早わかり!」の動画もご覧ください。おじさんがお似合いのドレスを選んでご満悦です。

Photo


|

06/09/2014

生まれて初めて(大袈裟な!)自分で買った帽子

前回、写真がなかったので追加です。夏に向けて炎暑対策のひとつ?

Sp1070709


|

06/08/2014

帽子おろし

数日前、近鉄あべのハルカス本店で「帽子」を買って来ました。いままで自分で帽子を買った記憶はありませんので、これは極めて珍しい出来事です。
奥さんに「夕方おろすのはだめ」と言われて、その日は袋に入れたまま。翌朝は雨のため、外出とりやめ。ということで、今日初めてかぶりました。
行った先は、堺市のアジサイ園(じゃないけどアジサイの名所)。熱い日差しの下でさまざまなアジサイを見てまわりました。帽子があれば、けっこう気持ちがいいものですね。

|

04/28/2014

アートキティ その2

Sp1070010

Sp1070022

アートキティ パレードには20人以上の有名人が作ったアートキティも。グランフロントのあちこちに展示されています。
土屋アンナさん(北館2F)と坂下千里子さん(これは探しました。うめきた広場B1)の作品がこれ。(完)

|

アートキティ その1

Sp1070004

Sp1070006

ビルの1階から7階までの吹き抜け部に吊り下げられた巨大なキティちゃん、テレビのニュース映像や新聞写真ではよくわからなかったので、グランフロント大阪で実物を観てきました。
プレゼントに欠かせない「感謝」の象徴=リボン 1万1千個でつくった雲のようなキティちゃん「キティクラウド」。谷尻誠さんの作品です。
近づくとただのリボンがぶら下がっているだけですが、遠くから眺めると巨大なキティちゃん・・・迫力十分です。

|

03/03/2014

グローバルディベートWISDOM 世界が語る メディアの未来 2014 その2

動画配信サービス会社が、ビッグデータを利用して、ヒット作を制作するといったことも行われているようですが、画一的な大衆迎合的作品ばかりにならないか、心配です。
番組の中で議論になっていましたが、ビッグデータとクリエイティビティをいかに両立させるか、重要になりますね。
世界中の動画サイトにアップされる素人の動画をチェックし、注目すべきものを世界中に配信するサービスを始めた会社もあるそうです。事件の決定的瞬間にプロのカメラマンが居合わせるとは限りません。たまたまその場にいた一般人の撮影した動画が、貴重な作品になることも少なくないでしょう。(終)

|

12/21/2013

ユニクロの語源

カジュアルウェア「ユニクロ」って、なんとなく語呂もいいし、しゃれてるし、いったいどんな意味なんだろうと思っていました。会社の名前は「ファーストリテイリング」だし・・・。

12/21付産経新聞の「ニッポンの分岐点/<流通革命>④製造小売り」のなかに、
<ユニクロ創業者の柳井正(64)が広島市繁華街の本通りにユニクロ1号店となる「ユニーク・クロージング・ウェアハウス」を開いたのは昭和59年6月2日・・・>

ユニクロは、UNIQUE CLOTHING WAREHAUSU(ユニークな服の倉庫)の略だったんですねえ。なるほど、知ってすっきり。記事には1号店の写真も掲載されており、英文の看板もはっきり読めます。

なお、wikipediaにこんなことも書いてありました。
<1984年(昭和59年)6月に広島市で第1号がオープンしたときは「UNIQLO」ではなく、「Q」が「C」になっている「UNICLO」でした。1988年(昭和63年)、香港で合弁会社を設立しようとする際「C」を「Q」に間違えて登記してしまったのですが
その字体を見た「柳井正・ファーストリテイリング社長(現ユニクロ会長兼社長)」が、
「CよりQの方がかっこいい」と、気にいったそうです。これを機に、店名の表記は「UNIQLO」に統一されたのでした。

|