05/09/2019

「なつぞら」と六花亭の「マルセイバターサンド」

今朝の「なつぞら」を見て気がついたのは、「あのデザインは、六花亭のバターサンドそっくり!」。

なぜ「マルセイバターサンド」という名前なのだろう? とかねて不思議に思っていたのですが、きょうのドラマの中に、雪月が試作した「十勝バター煎餅」と缶容器が登場しました。この容器のデザインが「マルセイバターサンド」にそっくり。ドラマの中で、高畑淳子さんが解説していましたが、さらにwikipediaで調べると・・・六花亭が社名変更を機に開発した商品に、なぜ「マルセイ」の名前をつけたのか、わかりました。 

<マルセイとは◯の中に成の字を入れたもので、依田勉三の興した晩成社(依田牧場)が1905年(明治38年)に北海道で初めて商品化したバターのことである(当時の表記はマルセイバタ)。マルセイバターサンドの包装は 発売当時のマルセイバターのラベルを復刻・再デザインしているため、レトロな外観を持つ>。

|

05/06/2019

「いだてん」に東海道53次駅伝

大河ドラマ「いだてん」もおもしろくなってきました。ベルリン五輪金メダルをかけ、必死の努力を続ける金栗四三に「五輪中止」の悲報。失意の四三が、後継者育成のため考案したのが「東海道53次駅伝」。
京都三条大橋東詰にある記念碑は、去年12月にOSMで京都に行ったとき写真にも撮りました。

 

Photo_6

|

04/27/2019

「なつぞら」のパンフレットと絵はがき

さすが朝ドラ100作目だけあって、今後も次々人気者が出演しますね。
北乃きい、山口智子、リリー・フランキー、戸田恵子、鈴木杏樹、比嘉愛未・・・

1
2

|

NHK大阪の外壁に巨大壁画?

大阪局制作の番組名が書いてあるようです。

Sp1080486nhk
Sp1080487nhk

|

04/21/2019

東大教授本郷先生が絶賛、「次の大河は島津義弘」

絶不調の「いだてん」の失敗を乗り越えるには、この男しかいない? もう韓国に遠慮する義理もないし(数年前、韓国を刺激するからと落選になったそうですが・・・)
(このテレビ番組はそのころの放送だと思います)」


 


https://www.youtube.com/watch?v=aWrDhN0uXtM

 

|

04/05/2019

「まんぷく」最終回22.4% で有終の美。ぶしむすロスも

「いだてん」は20位に入っていません。

Kimg04970405

|

04/02/2019

「令和」決定の日に、昭和の名作朝ドラ「おしん」スタート

昨日、朝ドラは「まんぷく」から「なつぞら」へ。BSプレミアムの再放送は、朝ドラ100作目を記念してあの世界中で大ヒットした「おしん」です。昭和58年の放送ですから36年前の作品。

 

新元号が決まった日に、平成の一つ前、昭和の名作が再スタートというのも、いささか因縁めいています。

 

写真は、先日、チコちゃんから見なけりゃ、「ぼーっとしてんじゃねえよ」と叱る、と言われた番組で紹介された「朝ドラ イチオシランキング」のベスト10。1位は「あさが来た」、2位は「あまちゃん」、3位は「ひよっこ」。もう1枚は、翌日の別番組で放送された「朝ドラ 名シーンランキング」、こちらの1位は「ちりとてちん」。

Skimg0479_1 Skimg0468_1

 

|

03/29/2019

目の離せないエンディング、朝ドラ「まんぷく」

産経新聞3/29朝刊大阪市内面。

ドラマに使われた小道具の発泡スチロールカップは、アメリカに唯一残っていた発砲スチロール製カップ製造会社から取り寄せたものだったんですね。
視聴者にわからないところで、ドラマ制作者は苦労しています。

Skimg0464

|

テレビのチコちゃんはこうして作られる

|

隔て板を蹴破るときは 馬のように後ろ足で

3/29のNHK「あさイチ」は「初体験してみたら知らない情報いっぱい」(再放送)。

・マンションのベランダにある隣との隔て板の強度は、ベニヤ板2枚相当。正面から蹴っても破れにくい。後ろ向きになって、手すりを握り、蹴ると破りやすい。(靴を履いて)

・ベランダ床の非常階段は、蓋を開け赤ボタンを押すと自動で下に出てくる。

・エレベーターに閉じ込められた時は、非常ボタンを10秒以上長押しする。押し間違いが多いので、一回押しただけでは監視センターに繋がらない。

・飛行機の酸素マスクは緊急時、自動的に下降してくるが、紐を強く引っ張らないと、酸素は出てこない。

・飛行機で救命胴衣を膨らませるのは席でなく、飛行機から脱出する時。(席で膨らませると、出口にたどり着けないことがある)救命胴衣は品質保持のため、しっかり封がされており開けにくい。

・AEDの使い方(略)

|

より以前の記事一覧