04/05/2017

300m上空から撮影した歩行者の影で人物の特定ができる

きょうのNHK「クローズアップ現代プラス/スマホで指紋が盗まれる? 映りすぎ社会到来!」を観ていたら、「300m高さのビルの上から撮影した地上の歩行者の影を解析して人物の特定ができる」という実験結果を紹介していました。
万引き犯を顔認証システムで特定する実験も。
高精細画像の時代ならではの画像識別技術ですが、個人情報との兼ね合いでいろいろ問題もありそうですね。

ところで2年くらい前まで大阪局で活躍していた田中泉アナウンサーが、4月から「クローズアップ現代プラス」のキャスター(武田真一、鎌倉千秋、田中泉の3人)になったのですね。

|

08/11/2016

カメラの初期化


先月購入したカメラ、どこか間違って操作したらしく、動画撮影時露出オーバーで白っぽくなってしまう現象が・・・。あちこちいじっても直らず、困っていたのですが、ネットで「画面が白くなる」と検索すると、ヒントがでてきました。「出荷時の設定にリセットするといいのでは?」
そこで「MENU/SET」から「設定リセット」を実行すると、ちゃんと元通りになってくれました。
カメラにも「初期化」があるとは知りませんでした。

|

02/25/2015

趣味DO楽 レンズで見つける! わたしの京都~女子のカメラ&ライフレッスン~ 第4回

NHK Eテレ 02/24

人物を美しく撮るポイント、いちいち納得です。実践で使えるよう頭に叩き込んでおかなくては! 「コミュニケーションを大切に、レンズや光を上手に使う」「会話をして親しくなる」「話しかけ誉めたりして、自然な表情を撮る」「瞬間を逃さない」「着物のポーズは洋服に比べ、バリエーションが少ない。手を拡げたり、上を見上げたり、振り返ったり、既成概念を崩して自由な発想でポーズをつける」「背景に注意。左右の柱が目立って人物が引き立たない、水平の屋根の線が人物の顔と首を切る等の場合、横構図から縦構図に」「風景を生かして記念写真を撮る」「大きな建物と人物を同時に撮る場合、建物全体が画面に入る位置まで下がり、人物に手前に来てもらう(背景と人物のバランス)」「よい姿勢と光(光のくる方向に顔を向けて)」。

毎回、「このポイントに気をつけて撮影すると、こんなにも素晴らしい写真になる?! 」 と驚きながら観ています。第4回は「町家でポーズ」、人物を美しく撮るコツをいろいろ伝授していただきました。素人の撮る人物写真といえば、面白味のない記念写真みたいなものになりがち。 美しい写真を撮るには、撮影者だけでなく撮られる人の協力も必要ですね。

安珠さんの指導ポイントを守って撮影した北川弘美さんの写真が、素人とは思えない作品になってきます。素晴らしい! ちょっとしたアドバイスで変わってくるものですねえ、感心。「人物に動きをつけて(看板の横に立つのでなく、壁の前をゆっくり歩いている姿を。ジャンプ写真も)」「町屋の写真は中庭を生かして。中の人物を撮るとき、中庭の緑(雰囲気)を出すため、露出をマイナス補正して光を演出。露出を庭に合わせて人物をシルエットにすると、しっとりした町屋の雰囲気がでる。ガラス戸越しに中の女性を撮ると味わい深い写真になる」

シャッター押せば写真は撮れますが、美しい写真を撮るには、さまざまなノウ ハウが必要なことがよくわかります。

|

02/18/2015

趣味DO楽 レンズで見つける! わたしの京都~カメラで 女子力アップ~ 第3回

02/17 NHK Eテレ

じっとしていない動物を、上手に可愛く撮るのは難しいものです。今回は、先生= フォトグラファ 安珠さん、生徒= 北川弘美さんによる「猫をいかに可愛く撮るか」がテーマでした。なるほどと感心するポイントが次々。これらをうまく使って、可愛い猫の写真にチャレンジしてみます。

カメラアングルを変えるだけで、ずいぶん印象の違う写真になることがよくわかりました。ハイアングル=猫が上目づかいになって可愛らしくなる。水平アングル=自然で安定感。ローアングル=口元やモコモコした毛並みで存在感が増す。なるほど作例を見ると、その通りです。これはすごいノウハウですね。面白い!

「猫の瞳の特徴を生かす」というポイントも、ちょっと意外でした。明るいところでは、瞳孔が閉じて黒目が細くなり、瞳の色がはっきりして本来の黄色や緑色となり、暗いところでは瞳孔が開いて黒目が大きくなります。瞳に注目するだけで、がらりと変わった写真になりそう。足や肉丘、尻尾、猫の影等「猫を感じる写真」も可愛い写真になりますね。「交換レンズを使う」、「背景を生かす」、「猫の柄やしぐさで個性的な写真に!」といったポイントも参考になります。

|

02/23/2013

携帯電話機料金滞納でブラックリストに

以前も書いたことがありますが、携帯電話端末代金を分割払いにしているとき、うっかり残高不足になって滞納すると、信用情報にキズがつきます。ブラックリストに載り、金融機関からお金が借りられなかったり、クレジットカードを新たに作れなかったりします。しかもこの記録は5年間残りますので注意が必要です。

けさのNHK「朝イチ」でも先週の新聞でも取り上げられていたので思い出しました。テレビでやっていたのは、住宅ローンを組もうとしたら銀行から断られた事例でした。

|

02/27/2011

合成写真をつくる

撮影タイミングの関係から、雛飾りと孫がいっしょに写った写真を撮れませんでした。そこで合成写真を作り上げることに。先日購入したソフトに、その機能があることはわかっていました。ところが解説が難解で、さっぱり手順がわかりません。

宣伝文句の冒頭に、「合成写真が簡単に作れます」と書いてあったのですが、マニュアルを読んでも、何から手をつけていいのかが不明でした。背景写真の上に合成する写真を希望する形状に切り抜くことはできたものの、結局、半日以上かけても埒があかなかったので、ついにギブアップ。というか、やる気をなくしました。

宣伝に用いているくらいですから、当然「合成写真をつくる場合、具体的な手順は次のとおりです」といったわかりやすい説明があってしかるべきなのですが、個々の機能をパート別に淡々と説明してあるだけ。

「~をしたい場合、こうしなさい」という肝心の説明は皆無です。こんなソフトをよく素人向けに売っているなあとあきれてしまいました。そういえば、このソフトメーカーから購入したソフトのうち、ほとんど使っていないものが少なくありません。マニュアルを改善するだけで、大幅に売れ行きが伸びるでしょうに・・・

というわけでせっかく購入したこのソフトはあきらめて、ネットで合成写真作成の専用ソフトを探しました。すると・・・ありました。外国製ソフトですが、マニュアルも実にわかりやすく、あっというまに合成写真が出来上がりました。出来栄えもまずまずです。
作成した合成写真のイメージを紹介すると・・・この写真の場合、背景の雛飾りの前に別に撮影した女の子の写真を合成しています。(もちろん実際の写真には全身が写っています)。

Fotomixkokorogu_4

今回見つけたこのソフトは、けっこう利用価値がありそうです。

|

01/27/2011

海外で携帯を落としたら

きのうテレビで若一 光司さんが話していた携帯電話にまつわる恐ろしい話です。

若一さんは、以前シンガポールだか香港で携帯を落としてしまいました。すぐ届け、携帯も無事戻ってきたのですが、後から請求された電話代がなんと140万円! 

なくなっていた間に、誰かが電話をしまくったらしいのです。裁判で争ったのですが、結局70万円を支払う羽目に。

「海外で携帯を落としたら大変なことになりますよ」、とのことでした。

|

05/09/2009

どこまでが無料?

5年以上使っていた携帯電話(private)が古くなり、今回機種を変更しました。

いままで使ったことのないワンセグ付き携帯ですが、これがけっこう悩みの種。というのもテレビを見るだけなら無料ということですが、データ放送や番組表取得などさまざまなメニューがあり、通信料もパケット料も不要なのはどこまでかよくわかっていないから。放送局からの電波によるサービスは無料で、電話会社の回線を利用するサービスは有料なのでしょうが、どこで判断すればいいのやら?

いじっているうちに「~しますがよろしいですか」なんて表示されると、とたんに不安になります。あとで請求書を見て青くならないためには、どんなことに気をつければいいのでしょう。

「通信を始めます。よろしいですか?」なんて表示されたら、即刻「いいえ」を選択するということでしょうか。これだけ守っていたら絶対大丈夫という方法はないのかなあ。

|

04/23/2007

携帯病で死者!

もうひとつの「incredible STORY」(けさのFSBi掲載記事)がアップされていませんでした。

アフガニスタンのカブール市内で「携帯電話の通話によって数人がウィルスに感染し、死亡した」とのうわさが広がっています。うわさを信じた人々は、知らない電話番号からの着信には出ないよう声をかけあっています。政府はテレビで「うわさには根拠がない」と異例の緊急声明を発表し、沈静化に躍起となっています。

恐るべし、携帯電話!?

|

04/08/2007

撹乱作戦

けさの産経新聞に、おもしろい記事が出ています。

<東京都知事選の投開票を前に、インターネット上で「誰に投票しても(報道機関の)出口調査には○○候補と答えよう」などと、出口調査の撹乱(かくらん)を呼び掛ける書き込みが広がっている>

私も読売新聞の出口調査を受けたことがあります。正直に答えましたが・・・

開票前に、出口調査からほぼ当確と決め付けてしまういまのテレビ報道への反撃でしょうか。出口調査と全然違う結果が出るとおもしろいことに?

|

より以前の記事一覧