09/11/2016

近鉄の豪華列車 青のシンフォニー運行開始


9/10 朝9時前に近鉄あべのばし駅を通ったら(地下鉄に乗るため)、黒山の人だかり。関西テレビがインタビューしていました。

Sp1020254


Sp1020255


|

08/20/2016

動画 水谷シローの手品披露


「水谷シローの手品披露」

https://youtu.be/e2qcTQPL3V0

2分31秒

|

動画 水谷シローのハーモニカ演奏

「水谷シローのハーモニカ演奏」

https://youtu.be/PaMERqcfh8c


4分19秒

|

04/16/2016

造幣局講演会と造幣博物館見学記 その8


世界のコインにもいろいろあるもので、いちばんビックリしたのは超有名かつレアなバイオリン付きコイン。もちろんコインに封入されているミニチュアのバイオリンですから、取り出して演奏できるわけではありません。
ストラディバリ「レディブラント」(木製レプリカが封入されたコイン)

P1180294


|

04/05/2016

造幣局講演会と造幣博物館見学記 その7


名画のカラーコインもあります。

2012年、神戸市立博物館で開催された「マウリッツハイス美術館展」で、フェルメールの「真珠の耳飾りの少女」を観ました。憂いを秘めた瞳がこちらをじっと見つめているような気が・・・。引きつけられるようなまなざしです。ラピズラズリを砕いて作った高価な顔料ウルトラマリンで描かれた青色のターバン、目や真珠、口にくっきり浮かぶ白い部分・・・光の効果が印象的です。想い出のこの絵もコインになっていました。
もう1枚、ルノワールの「眠る浴女」も紹介しておきましょう。

P1180302_2


P1180304_2


|

04/04/2016

造幣局講演会と造幣博物館見学記 その6


造幣博物館には、面白い世界のコインがたくさん並んでいます。
写真の順に、
マリリン・モンローやプレスリーの肖像画コイン
サメの化石の入ったコイン
本物のチータのDNAを封入したコイン
島の砂入りコイン

Sp1180282


P1180281


P1180283_2


Dnap1180306_2


P1180285


|

08/19/2015

鉱物女子!?

今朝の「あさイチ」で取り上げていた話題です。最近、自然の鉱物の色や形を愛でる女子が増え、ブームになっているそうです。自然の造形に感動する魅力、意外にお手頃価格から購入できる魅力。インテリアとして飾ったり、オリジナルのペンダントなど雑貨を作ったり。
そういえば、去年大阪市立科学館で開かれた結晶展に、きれいな結晶や不思議な形をした魅惑的な結晶がたくさん並んでいました。
http://app.m-cocolog.jp/t/typecast/11798/1366/81163072

|

02/06/2015

趣味DO楽/レンズで見つける! 私の京都~女子のカメラ&ライフレッスン~

NHK Eテレ、2/3

女子だけでなく、もっぱらオートモード愛用の「おじいさん=私」にも役立ちそうな情報番組です。女優の北川弘美さんと実力派の若手女性カメラマンが案内役というのもひきつけます。新しい京都の魅力を発見しながら、おしゃれで楽しく学べるカメラ講座。毎回、違うテーマで学べるとはうれしいですね。
京都といえば、まず京料理。町屋を改装したレストランで3段重ねの料理をおいしく、美しく撮るレッスンが始まります。優美な京料理を眺めながら、カメラの手ほどきも教えてもらえる贅沢さ。料理の味も伝わってくれば、もっといいんですけどね。次いで、歴史的な洋館のカフェで、アフタヌーンセットを楽しみながらのカメラレッスン。京都らしさをカメラで追求する、一貫したテーマが気に入りました。
これからは私も、オートモードから脱却し、「光の向きを意識し、半逆光を」「Pモードで露出補正をして明るさ調整」「主役を決めて、中心に」「 背景や空間を意識して」 といった、番組で習ったポイントを頭に入れながら、シャッターを切りたいものです。
シリーズを見終わったときには、私の写真も進化しているでしょうか?

|

12/30/2014

正月に〈平和の鶴〉を飛ばしたい方に

12/29の「ひるおび」で紹介していた「オリガミペーパーカイト」です。次のyoutube画面を見ながら作れば、テレビで「レコード大賞」を見ながらでも1時間ほどでできました。ただ1mm単位の作図をして切り抜かなければならないのが少々厄介ですが・・・
室内で飛ばすカイト(タコ)です。

www.youtube.com/watch?v=FeaXfD5hyvo

|

06/29/2014

クラゲという“神様”に出会った~世界一のクラゲ水族館~ その2

クラゲの種類ごとに人工繁殖に挑戦、常時50種類以上の展示ができる体制を作り上げた奥泉さんの努力に敬意を表します。春を告げるシロクラゲ、傘の直径が2センチのカギノテクラゲ(猛毒をもっているそうですが)、天女の羽衣のような3メートルもの触手を持つアカクラゲ、透明感のある白色から茶色に変化し、食感がよくて高級食材になるビゼンクラゲ、地中海に棲息するコティロリーザツベルクラータ、春に姿を見せるイオリクラゲ、太平洋のミズクラゲパープルオーレリア、カラフルなハナガサクラゲ・・・どのクラゲも美しく、神秘的です。ネオンサインのように光が移動するクラゲもいました。
クラゲが魚や餌のアルテミラを時速130kmの高速で打ち出す毒針で仕留める姿には驚きましたが・・・
小さな水族館が生き残りをかけて、クラゲの人工繁殖に挑戦する姿、水槽の水流のわずかな変化でクラゲが沈んだり、ダメージを受けることなど、大変なご苦労をされていることがよく伝わってきました。(完)

|

より以前の記事一覧