08/07/2019

文房具見本市で目についた注目の新製品 ②

「文具と紙製品の見本市」は「マイドームおおさか」(地下鉄谷町4丁目駅、または堺筋本町駅から徒歩7分。大阪商工会議所の隣。江戸時代、大坂西町奉行所のあったところです)の1~3階できのう、きょう開催されています。
大阪が本拠地のコクヨ、サクラクレパスはさすが巨大スペースをとっています。おなじく大阪のナカバヤシやLIHIT LAB.もそこそこのブースを構えています。

 

文具業界の動向を知るには、またとない機会です。会場には、夏休みの工作ネタを探したり買う親子連れもたくさん。それでは前回に引き続いて、注目文具8~12です。ただし、去年、おととしすでに取り上げた「ハリマウス」(片手・ワンタッチでテープ貼りができる)や「らくらくホッチキス」(力を入れないで枚数の多い紙を綴じられる)は除きます。なお、ホッチキスは今年の新製品も並んでいました。

 

8) 「暗記用Chigiru(ちぎる)カラーフィルム」。本やノートの暗記したい個所に5mm方眼でちぎれるフィルムを貼り付け、赤や緑のフィルムで隠して覚えます。覚えたら貼り付けたフィルムをはがせ、マーカーと違って裏うつりしないところががみそ? もっともちぎって張り付けるのが少々面倒?

 

9) 「マジックインキのふりかけ」。どんなものにも掛ける(書ける、ではなく)。マジックインキの容器に入ったご当地ふりかけです。

 

10) チョークに彫刻できる工作セット「チョコック」。大きめのチョークと彫る道具も入っているそうです。

 

11) 「資料のボリュームに合わせて伸縮するファイル整理ボックス」。

 

12) 「消し屑が頭に集まる アニマル磁ケシ、お磁ケシ」。消しゴムの中に鉄粉が含まれているそうです。つまみを押すと屑が落ちます。こんな消しゴムを使うと、子供が消すことに夢中になりそう。

 

Sp1110665chigiru Sp1110666 Sp1110671 Sp1110675 Sp1110678animal

|

08/06/2019

文房具見本市で目についた注目の新製品 ①

毎年8月、マイドーム大阪で行われる、日本最大級の文房具と紙製品の見本市。きょう午後、出かけてきました。(入場無料)毎年、面白い新製品が並んでいて楽しめます。

 

何回かに分けて、私が注目した文房具を紹介します。

 

1)大阪G20で各国首脳に贈呈された輪島塗蒔絵のボールペン。実物を展示。1本5万円。
安倍首相が発言中、トランプ大統領は熱心に耳を傾けていましたが、習近平はこのボールペンを興味深そうにいじくり回していました。(私も会場で動画を見ました)。その動画は、世界中で話題になったとか。
(セキセイ)

 

2)新素材おりがみ。「オリエステルおりがみ」。水に強く、破れにくく、綺麗な光沢。薩摩切子や江戸切子などの美しい模様も揃っています。薩摩切子のカラーミックス7色20枚入りを買ってきました。
(東洋紡STC)

 

3)太いドット、小さいドット、しずく模様が、自由自在に描けるマーカー(CLEAN COLOR DOT)
(呉竹)

 

4)和紙ノート。中の紙が洋紙でなく和紙。日本文具大賞2019デザイン部門優秀賞受賞。
(ダイゴー)

 

5)暗くても書けるボールペン。ペン先が光る、書ける、ライト付きボールペン。
(ゼブラ)

 

6)セロテープでカンタン! 「セロパンダ」。新聞紙とセロテープで、あっという間にパンダが出来上がります。
(ニチバン)

 

7)「消毒できるストラップ」。繰り返し消毒していつも清潔キレイ。医療施設や来客用・貸出用として。ノロウイルス対策用の次亜塩素酸ナトリウムにも対応。
(オーブン工業)

 

続きます。

 

Sp1110662g20 Sp1110673 Sp1110669dotdotcleancolordot Sp1110674 Sp1110667lightwrite Sp1110686Sp1110670

|

04/09/2018

トミカの「ドクターヘリ」と「トーマスバス」


車だけかと思ったら、ヘリコプターまで。


Img_20180409_180515


|

09/11/2016

近鉄の豪華列車 青のシンフォニー運行開始


9/10 朝9時前に近鉄あべのばし駅を通ったら(地下鉄に乗るため)、黒山の人だかり。関西テレビがインタビューしていました。

Sp1020254


Sp1020255


|

08/20/2016

動画 水谷シローの手品披露


「水谷シローの手品披露」

https://youtu.be/e2qcTQPL3V0

2分31秒

|

動画 水谷シローのハーモニカ演奏

「水谷シローのハーモニカ演奏」

https://youtu.be/PaMERqcfh8c


4分19秒

|

04/16/2016

造幣局講演会と造幣博物館見学記 その8


世界のコインにもいろいろあるもので、いちばんビックリしたのは超有名かつレアなバイオリン付きコイン。もちろんコインに封入されているミニチュアのバイオリンですから、取り出して演奏できるわけではありません。
ストラディバリ「レディブラント」(木製レプリカが封入されたコイン)

P1180294


|

04/05/2016

造幣局講演会と造幣博物館見学記 その7


名画のカラーコインもあります。

2012年、神戸市立博物館で開催された「マウリッツハイス美術館展」で、フェルメールの「真珠の耳飾りの少女」を観ました。憂いを秘めた瞳がこちらをじっと見つめているような気が・・・。引きつけられるようなまなざしです。ラピズラズリを砕いて作った高価な顔料ウルトラマリンで描かれた青色のターバン、目や真珠、口にくっきり浮かぶ白い部分・・・光の効果が印象的です。想い出のこの絵もコインになっていました。
もう1枚、ルノワールの「眠る浴女」も紹介しておきましょう。

P1180302_2


P1180304_2


|

04/04/2016

造幣局講演会と造幣博物館見学記 その6


造幣博物館には、面白い世界のコインがたくさん並んでいます。
写真の順に、
マリリン・モンローやプレスリーの肖像画コイン
サメの化石の入ったコイン
本物のチータのDNAを封入したコイン
島の砂入りコイン

Sp1180282


P1180281


P1180283_2


Dnap1180306_2


P1180285


|

08/19/2015

鉱物女子!?

今朝の「あさイチ」で取り上げていた話題です。最近、自然の鉱物の色や形を愛でる女子が増え、ブームになっているそうです。自然の造形に感動する魅力、意外にお手頃価格から購入できる魅力。インテリアとして飾ったり、オリジナルのペンダントなど雑貨を作ったり。
そういえば、去年大阪市立科学館で開かれた結晶展に、きれいな結晶や不思議な形をした魅惑的な結晶がたくさん並んでいました。
http://app.m-cocolog.jp/t/typecast/11798/1366/81163072

|

より以前の記事一覧