05/23/2017

犬のおしっこ運動


いつもあまり熱心に見ていなかった朝刊の連載企画「技あり! ほねつぎの健康術」(産経新聞)。今朝は風変りな絵があったのでじっくり読みました。転倒防止に中殿筋を鍛えよう、そのために効果があるのが、犬が電柱におしっこをかけるように、ゆっくり片足を横方向に上げ下げする「犬のおしっこ運動」という内容です。

Img_20170523_085953


|

05/14/2017

病院のプレールームはUSJ

産経新聞大阪版5/12付。


Img_20170514_084448


|

04/30/2017

ピーナッツは死亡率を大きく下げる

最近、ピーナッツをよく買っています。
今年1月11日の「ためしてガッテン!」の影響です。この回のテーマはピーナッツ。HPにこう書いてあります。

<アメリカ・ハーバード大学が30年間にわたって12万人の食生活を調べた研究があります。その中で、「死亡率を大きく下げる食材」として浮かび上がったのが、意外にもピーナッツでした。

実は、ピーナッツに含まれる油は、飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸がとてもバランスよく含まれていることから、 コレステロール値をさげたり、血管を強くしたりと、様々な効果が期待されています。
ミネラルやタンパク質も多いため、優秀な健康食材として一躍注目を集め始めました。>

<ピーナッツのおよそ半分は脂肪ですが、ピーナッツの油には「飽和脂肪酸」や「不飽和脂肪酸」が非常にバランスよく含まれています。油というと体に悪そうに思うかもしれませんが、実は全身の血管を強くしなやかに保つ大切な栄養素。カロリーのことも考えると、おすすめは1日20粒程度。肉やお米を、ほんの少しピーナッツで置き換えてみては?>

|

04/10/2017

スマホで低温やけど

産経新聞4/9夕刊。
ご注意ください。

Sp1100184


|

04/05/2017

内科クリニックの休診


近所の内科クリニックが設備更新のため1カ月休診します。
工事中、近所のビルを借りて診療を続ければいいのにと思ったら、いったん廃院にして移転しなければならず、戻ってくる時も同じ手続きが必要とのことで、やむなく休診することに。
1カ月超の投薬はできませんので、休診スタートの直前に出かけてきました。

|

03/31/2017

ハッピーエイジング&ソナエ博 2017春 その3


作家で高野山本山布教師の家田荘子さんの講演を聴くのは半年毎に3回目。今回のテーマは「孤独という名の生き方」。不倫、最悪の結婚生活、離婚、再婚などの苦しかった過去の自分(現在は普通の幸せな結婚生活を送られています)を振り返り、「無理してやりたいことをするのでなく、自分を出していい。開き直ることも大切。潔くすることも大切。自分らしく生きてみよう。これからやりたいことを整理するために終活ノート(エンディングノート)を書こう。今までやって来たこと、これからやりたいこと、何が足りないのかわかってほっとする」といったお話でした。

その他、こんなお話も。
<執着心が邪魔してなかなか捨てられないが、すべて捨てて新しいスタートを切るのもいい 。不倫して別れた後苦しんだが、再会していかにつまらない男だったかがよくわかった。自分が弱っているときにはろくな出会いがない。
弘法大師は「ろうそくの炎を消えないようにするのは難しい。いい星の下でずっと生きていくのは難しい」とおっしゃっている。人生には必ず山も波もある。悪い星がやって来る前に、一歩前に進もう。そうすれば悪い星をやり過ごすことができる。いい業(ごう、日頃の行い)を積み重ねていけばいい、自分のできる範囲で。無理しなくていい。人に合わせる必要はない。苦しみは「乗り越える」か「心の持ち方を変えて対応する」。勇気を持って明るい方を見つめよう。孤独を恐れるな、自分から望んだ孤独は怖くない。小さな目標を持って一歩一歩人を喜ばせることをして笑顔を見よう>

|

03/30/2017

きょうはハッピーエイジング&ソナエ博2017春 その1


本日スイスホテル南海大阪(なんば)で行われた同博のうち、事前に申し込んでチケットを入手できた「南陵の元気塾」「生き方講演会/孤独という名の生き方・家田荘子」「腸にまつわる最新トピックス~食生活と大腸がんについて」を聴きました。「太田裕美コンサート」はチケットが入手できず断念。

「南陵の元気塾」は講談師・旭堂南陵さん、日本舞踊・西川梅十三(うめとみ)さん(元芸妓)、元OSK日本歌劇団トップスター・桜花昇ぼる(講談師名は旭堂南桜)。
テーマ①は「古き北新地のお座敷あそび~唄と舞で戦後大阪の花街文化を体験」という、ふつう経験できそうもないユニークな内容です。

昭和10年ころの北新地(当時の読み方は「きたのしんち」、北陽とも言った)の芸妓さんが華やかな踊りをしている白黒の映像も流れました。現在のサンケイブリーゼ(旧産経新聞社)の右あたり(道路の向かい側)に巨大な北陽演舞場があったそうです。当時の芸妓は600人。
お茶屋さんは一見さんお断り。紹介があれば入れてくれます。芸妓さんは踊りだけでなく、三味線、太鼓、鼓、笛すべてできたそうです。
大阪の花街・色街は北新地(北陽)と新世界(南陽)がありますが、北の芸妓は旦那ができると奥さんのように尽くす地味なタイプ、南の芸妓は浮気タイプだったとか。
南地の有名なへらへらおどりは芸妓の逆立ちで知られますが、北新地にも逆立ちはあったそうです。(生国魂神社で毎年行われる彦八祭りで、落語家のみなさんがこれを踊ります)。
芸妓さんは三味線ばかりでなく、北陽オーケストラも結成して洋楽も演奏していました。もちろん洋装で。

梅十三さんが日本舞踊を何曲か披露されました。

Simg_20170330_0001


|

03/23/2017

低脂肪牛乳で尿酸値が下がる?


1/4の「ためしてがってん!」で大阪市大の先生が、言っていた「尿酸値を下げるには、毎朝牛乳(低脂肪を推奨)を飲めばいい」は本当か?
1/4の放送以降、2カ月半ほど豆乳をやめて低脂肪牛乳を飲んでみました。
その結果です。

6カ月前 基準値上限+0.8 mg/dl
3カ月前 基準値上限+0.8 mg/dl
本日   基準値上限+0.1 mg/dl

基準値の上限よりはわずかに高いのですが、3カ月前、6カ月前に比べ、0.7も下がっています。
まんざら嘘ではなさそうです。

|

03/16/2017

におい控えめ カプセル型正露丸 新発売


大幸薬品から半世紀ぶりの新製品です。飲みやすく、成分が素早く溶け出すのが特徴だそうです。16個入り1080円だから従来品より高そう。3/16 産経新聞。

|

03/15/2017

「教育勅語」は 人間として身に付けなければならないことばかり、江口克彦氏の現代語訳

「教育勅語述べられている内容は、非常に重要なことです。国民として、人間として、身につけなければならないことばかりです」。江口克彦氏が、現代日本語訳を提唱されています。

《国民としての心得》
我が国が世界に冠たる長い歴史を有し、発展していることは、誠に素晴らしいことである。
これは日本国民が常に和を貴び、成し遂げたものであり、実に我が国のこの伝統精神によるところであると言える。
教育の原点は、父母の温かい心に報いるべく努め、兄弟姉妹は仲良く、夫婦は互いに思いやりの心を持ち、友を信じ合い、他人に対しては謙虚に、己は慎み深く、多くの人たちに愛をもって接し、怠りなく学び、経験を大事にしながら人として成長し、徳を高め、常に国家国民のために力を尽くすというところにある。
このようなことは、日本国民としては、常識であり、また、我々の祖先から受け継いだものである。
以上のことは、今も昔も変わらぬ、さらには、国内外を問わぬ人間としての道である。
我々日本国民は、お互いにこの人としての道を心がけ、日本と世界の平和、繁栄を実現するために努めることを誓う。

https://www.facebook.com/katsuhiko.eguchi.92

|

より以前の記事一覧