12/11/2018

阪急百貨店の動物園

阪急百貨店うめだ 9階の祝祭広場にアフリカゾウ、キリン、ナマケモノ、ライオン、シマウマなどの動物が・・・
みんな売り物です。こういう商品を買っていく人がいるのでしょうか? 食事代が不要とはいえ・・・
ちなみにゾウについていた値札は266万円でした。

Sp1030346


Sp1030347


Sp1030349_2


|

きのうは「一粒万倍の日」


大阪駅前第4ビル前のドリームジャンボ宝くじ特設売り場に、「一粒万倍の日」の幟がはためいていました。この言葉、住吉大社以外でも使われているんですね。初めて気が付きました。

Sp1030359


Sp1030361


|

12/09/2018

みかん

小1の孫娘が食卓にあったみかんの入った容器を見るなり、さらさらっと画いた絵。


Skimg0199_3


|

大さかおじいちゃん

小1の孫娘が書いた似顔絵?


Skimg0197_2


|

12/05/2018

今年のチケット屋 年賀状相場は様変わり

最近、チケット屋を覗くことはめったにありませんが、きのう中村屋のコロッケを買った後、大阪駅前第四~第一ビルを歩いてチケット屋を20店くらい眺めたところ、「無地62円の官製年賀状」が全店61円とわずか1円しか安くなっていませんでした。しかも大半が10枚セット売り。ご丁寧に「ばら売りは定価です」と張り紙をしている店も。

ちなみに2年前、1年前のブログで当時の売値をチェックすると、今年とは大違い。利幅の大きい高価な絵柄入り年賀状にシフトしているようです。チケット屋の商売も変革期を迎えている?

2016年12月6日のチケット屋
阿倍野・天王寺→郵便局で52円の無地インクジェット用年賀はがき 10枚で480円(2店)。
東梅田・駅前第3、第4ビル(5店)→同 1枚でも46円、10枚で460円、10枚で500円。

2017年12月のチケット屋
大阪第4、3ビルのチケットショップ→52円の無地インクジェット47~48円。(普通の葉書は62円に値上げされたが、年賀状は52円だった)。

それからJRが2018年9月で昼得切符の発売をやめるという記事を去年見た覚えがありますが、その影響でしょうか。近距離格安切符の取り扱いをやめた店が多いですね。
もっとも12/16までは使えると、最後の?売り込みをしている店もありましたが・・・

|

11/26/2018

はやインフルエンザで学級閉鎖

きょうは、急遽孫の小学校へタクシーで駆けつけました。「インフルエンザにより学級閉鎖になったので、家まで連れ帰ってくれ」との連絡がきたため。

わたし自身はまだワクチンもうっていない(ワクチン入荷が12/4なのでそれ以降の接種になります)のに、もう学級閉鎖する学校がでたとは・・・

孫のクラスは34名中、きょうはインフルエンザによる欠席が6名、ほかに発熱が4名、合わせて10名が休んだそうです。ほかにも5クラスくらい(各学年3クラスの学校)が学級閉鎖になったとのこと。

学校に着いたとき、迎えてくださったのは教頭先生、学級閉鎖になった孫(小2)は、担任の先生に図書室隣の閲覧室で勉強を見てもらっていました。帰りに妹(小1)の担任からも「Kさんの担任の〇〇です」と挨拶されました。

|

11/24/2018

今年の日文研一般公開

正面玄関の立看板と頂き物(クリアファイル、外書しおり、来年のカレンダー4種類、妖怪塗り絵、玉ちゃん塗り絵、妖怪スタンプラリー、井上章一教授デザインのブックカバー)。

Sp1030210


Sp1030200


|

11/23/2018

乗ったらつかまる!


てっきり「乗ったら捕まる」ってどういうこと? って思ったら「乗ったら掴まる」でした。阪急桂駅のエスカレーター乗り場で。

Photo


|

11/17/2018

きょうは灯台と海上保安の講演会


きのうかねて予約していた「不便ですてきな江戸の町 -時空を超えて江戸暮らし-∥永井 義男/著∥柏書房」の準備ができたので取りに来るように、とのメールが来ましたので、朝まず図書館へ。古文書研究家?が執筆したユニークな小説、江戸時代の生活や風習の知識が身に付きそうで楽しみ。

もっとも現在、大和川付替えの本など10冊ほどを知人から借りて読んでいる(「大和川付替えに関心があるならこれも読め」と、なかば無理やり持ってこられたのではありますが)のに加え、百田尚樹さんの「日本国紀」を買ってきて毎日1章ずつ読んでいるので、ちょっと時間がたりそうにない。

図書館で本を受け取った後は、そのまま海遊館ホールへ向かいます。灯台150周年と海上保安制度70周年記念講演会です。知人が申し込んで2人券が当たったからと誘ってくれました。きのうこの知人から新たに、来週のNHKホールでの漫才のお誘いも。2人券ですが、奥さんが夜なら行かないといっているらしく、お鉢がまわってきました。

その2日後は、京都の日文研公開もありますねえ。久しぶりに井上章一先生のお顔でも拝見してきましょうか。というより、地下のレストラン「赤鬼」の「南極ビーフシチュー」の方に興味と関心があったりして。

|

11/12/2018

河内長野/三日市町からの帰りはいつもこの格安切符自動販売機で

毎年、フルートコンサートを聴いた後は、南海・三日市町駅から帰ります。駅前ロータリー近くにあるこの自動販売機、日曜490円の切符が440円になります。50円のお得。
この切符が紙箱に入って出てくるところがユニーク。箱の写真を撮ったつもりが忘れていたので販売機と切符の写真を。
ちなみに駅の名前は、「みっかいち」でなく「みっかいちちょう」。長らくここに住んでいる知人でさえ、「ネットで料金を調べても出てこないのでおかしいと思ったら、<ちょう>が必要だった」と言っていました。

Kimg0120


Kimg0121


Kimg0122_2


|

より以前の記事一覧