06/30/2019

動画「住吉の万葉歌碑を巡る」

2018年に行われた帝塚山派文学学会の「住吉の万葉歌碑を巡る」の動画です。
住吉には数多くの万葉歌碑があります。まち歩きで回った歌碑の歌と現代語訳を字幕で入れました。
今回作成した「住吉大社の神事と祭の動画を埋め込んだOSM」にも入れました。

https://youtu.be/asb48Db3mGk

|

06/10/2019

きょうは、5代目旭堂小南陵さんの講談

バスに乗って会場の急性期総合医療センターへ。バスの中で大きなスーツケースを持って、同じ停留所で降りた女性がいました。「今から入院する方かな」と思っていたら、なんとその人が旭堂小南陵さんでした。
2016年、襲名前の旭堂小二三(きょくどうこふみ)さん時代に「難波戦記より 日ノ本一の兵、真田幸村」を聴いたことがあります。小二三さんはその年、5代目旭堂小南陵を襲名、その後、講談の常設館「此花千鳥亭」を立ち上げるなど、上方女流講談師として大活躍されています。
きょうも忠臣蔵に関連した演目を熱演されました。

会場はほぼ満席。講談を聴ける機会は少ないのですが、結構ファンはいるようです。

|

05/22/2019

京見会館で見かけた絵の作者がわかった!

住吉大社から教えていただきました。
「画題:大阪住吉祭(版画)
年代:昭和36年(1961)
作者:朝井清(1901~1968)
備考:広島県呉市出身。
   昭和35年(1960)棟方志功らと日本版画会を結成。

 

当社では、昭和37年1月付で大成建設が奉納され、現在でも祈祷殿の控室廊下に懸額しております。当時、祭シリーズで数々の作品を遺していますが、その中の代表作のひとつに数え挙げられます。」

 

なお、「NIPPON STEEL MONTHLY 2010. 7」に、京見会館談話室の写真が掲載されていました。「大阪住吉祭」の版画は正面突き当りの壁に懸かっています。(131.5x91.1cm)

 

この版画は、呉市立美術館で今年1~3月に開催された「郷土の作家たち」という展覧会でも展示されました。
パンフレットから該当部分を転載します。

 

なお、昨日の記述のうち、反橋が「板を並べて打ち付けた」ように見えたのは間違い。端を見ると階段状に描かれていました。

 

Photo_12  Photo_14

|

05/19/2019

3月に設置されたばかりの西日本最大8K巨大モニターで観た「曜変天目茶碗」

競争率8倍を勝ち抜いて当選した(といっても、私ははがきで申込んだだけ。ただの抽選です)西日本最大280インチ 8K巨大モニター(NHK大阪アトリウム)で観る「8Kシアター&スペシャルトーク」はみどころ十分、素晴らしいイベントでした。2人用チケットなのに、1人で出掛けて、落選者には申し訳ないことをしました。次回は無駄にしないようにしましょう。

 

実物は2、3年前、所蔵する大阪の藤田美術館で観ましたが、8K撮影を巨大8Kモニターで観るとその映像表現力に圧倒されます。6分間の世界初8K撮影に、NHK奈良と大阪がかけた時間は、なんとまる2日間。8K撮影には超強力な光源が必要です。その光の当て方を工夫し、光を移動させ、不思議な模様の変化をとらえ、曜変天目の魅力を引き出しています。

手にすっぽりおさまる直径12センチの小さな茶碗が、280インチの巨大モニター画面全体から迫ってきます(写真撮影禁止)。1000倍以上に拡大された星のきらめきのような模様一つひとつが、いささかも観る者を飽きさせません。光を当てなけれは、ただの真っ黒な茶碗ですが、光が当たるとたちまちキラキラ光って大変な美しさ。直接観ても分かりにくいのですが、さすが8K画面です、見事に再現してくれます。

藤田美術館が、蛍光X線分析を行った結果、模様と地の部分の元素に、差はなかったそうです。釉薬を部分的に変えたり、焼成後に上塗りしていないことは明らか。窯のなかの環境により、釉薬の微妙な化学変化を生んだのでしょうか。
8K映像のおかげで、いままで気がつかなかったところに、青い輝きを見つけるなど新発見もあったようです。

藤田美術館・藤田館長、武者小路千家家元・千宋屋氏、永青文庫副館長・橋本麻里氏のトークも興味深いものでした。藤田美術館が所蔵する国宝9点、重文53件をすべて展示している奈良国立博物館での「国宝曜変天目茶碗と藤田美術館の名宝」(4/13~6/9)のみどころや裏話が次々披露されました。

司会は4月、東京(英雄たちの選択、土曜スタジオパーク、SONGSなどを担当)から大阪(歴史秘話ヒストリア)に転勤してきた渡邊佐和子アナ。笑いを絶やさない司会は、テレビでお目にかかるよりはるかに素敵な方に見えました。

なお、改修工事中の藤田美術館は、2022年4月にリニューアルオープンします。

|

05/13/2019

フェルメール展閉幕 122万人来場

東京展4カ月間で68万人、大阪展81日間で54万人、合わせて122万人が来場したそうです。
東京はフェルメール9点を1室に展示したため大混雑、大阪は東京になかった1点を含めて6点を2点ずつ展示するなど、工夫したため、いつ行ってもスムーズ。私が出掛けた時も、何年か前、神戸で2点観た時よりすいていて「フェルメールがこんなにゆっくり観られるなんて」と驚きました。ただし、最終日は大変な混雑だったようですが。

産経新聞 5/13朝刊

Kimg0548-1 

|

04/27/2019

猫好きの皆さん必見?

「ニャンダフル 浮世絵ねこの世界展」は、大阪歴史博物館で 令和元年7月27日から。

Photo_4
2_1

|

04/23/2019

難産の 子牛の足に チェーンまき 母と二人で 引っ張り出した

4/17に放送されたNHK BSP「平成万葉集 ふるさと」に登場した北海道の女性が、中2の時詠んだ歌。

 

朝ドラ「なつぞら」で、なつが逆子の牛をみんなに手伝ってもらって引っ張り出し、出産させたシーンが目に浮かびます。なつは、さらに仮死状態だった子牛の鼻に詰まった羊水を口で吸って生き返らせたのでした・・・

 

この女性が詠んだ別の歌です。
「ばあちゃんは もぐさを丸め 足の悪い 牛の背中に お灸をすえる」

|

03/25/2019

きょう(3/25)のハッピーエイジング&ソナエ博2019春 ①


前回は当日早朝発生した大阪北部地震のため急遽中止。1年ぶりの開催です。
私が参加したのは、メインステージの「南陵の元気塾/笑いの伝統芸能<狂言>の世界~善竹兄弟の狂言で健康長寿を招く~」、「家田荘子の生き方講座/踏み出す力~四国八十八カ所霊場を巡って~ 高知編」、「青春コンサート/中村泰士&柏原芳恵」。

<南陵の元気塾>
トーク「狂言の魅力と健康長寿について」、旭堂南陵さんの講談「正成の亡霊」に続いて、狂言「仏師」。

狂言vs能の関係は、川柳vs俳句、狂歌vs短歌と同じ。前者は滑稽、後者はまじめ」→なるほど。
深刻な劇より、笑わせる方が難しい。
膝を軽く曲げ、背筋を伸ばした「構え」の姿勢ですり足、これが狂言の基本。声の出し方を練習(~そろりそろりとまいろう。はぁっ、はぁっ、はぁっ・・・という笑い)
狂言師が白足袋を履くのは、ヒノキの舞台に足の脂が付くと、取れなくなるから。

引き続いて、シテ(すっぱ、詐欺師)とアド(迎合、相手と合わせる。田舎者)の狂言実演。確かに滑稽劇です。狂言はふつうあまり観劇できませんが、私は去年醍醐寺(京都市伏見区、太閤秀吉の前代未聞のお花見で有名)の花見でも観る機会がありました。

<家田荘子の「生き方講演会」>
家田荘子さんは、13年前から毎年四国八十八カ所霊場1400kmを歩き遍路で回っています。毎月2泊3日ずつ四国にわたって。
1年前の講演は徳島からスタート、今回は高知編です。
<徳島から高知に向かう55号線はトンネルが多く、しかも1km、2kmの長いトンネル、暗いトンネル、わずかな段差があるだけの肩幅程度の歩道など危険でこわいトンネルを延々と歩きます。
こんなルートですが、時々トラックが止まって「お遍路さん、頑張って。ご苦労様です」と声をかけてくれ、踏み出す力をいただきます。
室戸岬の手前の山の上に、白い大きなお大師さんの像が見えてきます。74km歩き続けて、この像を見ると、「やっとここまで来られた」と目から涙が出てきます。この先、人生どんな辛いことがあっても、頑張って行ける。この道を歩けたのだから、と思えます。

人生壁にぶつかったとき、「あれができたのだから、大丈夫」と思えるような自分の経験(頑張ってうまくいったこと)をよく覚えていてください。人生の励みになります>

こういった話を歩き遍路のルートに沿って縷々お話になりました。そして最後はいつものように「一歩前に踏み出してください。そうしなければ、始まりませんから」。


|

03/20/2019

語り部シアター チャレンジ公演

3/13は語り部シアター(大阪ガスエネルギー・文化研究所)の鑑賞にアーバネクス備後町ビル(大阪メトロ御堂筋線本町駅下車)へ。知人が2人出演。
上演タイトルは、
・歌人石上露子のものがたり
・三好長慶 戦国天下人
・三月十三日(大阪大空襲)
・近松ものがたり
・大阪万博レガシー そして再び、大阪・関西から世界へ
・天王寺七坂物語

いずれもレベルの高い公演でした。

|

雛飾りの男雛は女性、女雛は男性だった!

3/18の住吉大社セミナーは京都女子大名誉教授八木意知男氏の「住吉開帳 神功皇后の御亊 年中行事の中で」。


知らないことの多い貴重なお話ばかりでした。なかでも驚いたのは、雛飾りの男雛が実は、男装で三韓征伐に出かけた神功皇后、女雛は神功皇后が九州の菱形山で産んだのちの応神天皇の幼い姿を表したものだったこと。


なるほど絵を見ると、女雛は背が低くてまだ子供ですね。


1 


2

|

より以前の記事一覧