03/27/2018

人間国宝・奥村旭翠さんの琵琶と旭堂南陵さんの講談(競演)

3/26(月)、なんばのスイスホテルで、「Happy Aging & ソナエ博 2018春」(主催:産経新聞、共催:スイスホテル)が開催されました。
メインステージ「南陵の元気塾」は、「至宝の魅力/『寛永三馬術』 競演!~人間国宝の琵琶奏者に学ぶ長寿の秘訣」。
琵琶といえば、耳なし芳一のあの琵琶ですが、一般にはあまり聴く機会がないと思います。私はたまたま中学の同級生が大阪で琵琶の先生(女性)をしています。年に何回か、一門の発表会の招待状を送ってくれるので2回ほど国立文楽劇場に出かけたことがあります。

人間国宝・奥村旭翠さん(67)の筑前琵琶は、高音~低音の複雑な音が混ざり合った、なんともいえない上品な響きを奏でていました。馬が急斜面の石段を登る時は、それまでのもの悲しい音から、軽やかなテンポの音に変わりました。透き通ったなかに渋みを感じる語りも、さすが人間国宝です。

奥村旭翠さんの琵琶と、南陵さんの講談が交互に演奏されて、一つの演目になるという非常に珍しくも貴重な公演でした。

20180326happyaiging


|

03/13/2018

動画 四天王寺 極楽浄土の庭


四天王寺を参拝した人は多いでしょうが、「極楽浄土の庭」まで拝観した方は少ないかもしれません。何十回も参拝した私もここは知りませんでした。
蜂須賀桜も写っています。

https://youtu.be/8bAmtaDoxqw

|

極楽浄土の庭


四天王寺の本坊庭園「極楽浄土の庭」を始めて拝観しました。
もともと昭和8年、武者小路千家のの茶匠の設計によって造園されました。一般公開はされていませんでしたが、平成15年に基本的構造を受け継ぎつつ、仏教説話(中国唐代の僧が説いた「ニ河白道 にがびゃくどう」)に基づき修繕改修が行われたのを機会に、一般公開されることになりました。

3/12に拝観したとき、早咲きの蜂須賀桜(4本)がきれいな花をつけていました。夏には極楽浄土の池全体に蓮華が生い茂るそうです。

Sp1210178


Sp1210190


Sp1210199


Sp1210201


Sp1210202


Sp1210205


Sp1210209


Sp1210222


|

02/17/2018

きょうは大阪工芸展へ

大阪市のATCで開催されている「大阪工芸展」を観に行きました。
江戸時代に大坂・遠里小野で発明された「菜種油搾り装置/しめぎ」の3分の1 復元模型が、特別展示されていました。場所も他の展示品と違って、通路にドーンと置いてあり目立ちます。

2年間にわたって「なにわ古文書研究会」が解読してきた古文書原文を提供いただいた旧家の御当主が、奈良の工芸家さんに依頼して制作されたものです。

まるで民芸家具を思わせる渋い木目が、格調高い芸術作品思わせます。もっとも解説文をじっくり読まなければ、何をする装置かわからない人が多いでしょうね。

|

02/16/2018

2018 春節 in 大阪天王寺 その4/中国東北ヤンコ踊り

Sp1200258odori_2


|

01/09/2018

JR高松駅ホームの門松オブジェ


阪急梅田本店の正月恒例巨大生け花オブジェもすごいですが、高松駅ホームにはこんなユニークな作品が。

P1190493_2


|

12/29/2017

きょうは神戸でピアノコンサート

久しぶりに神戸に行きました。新神戸駅を少し南に下った神戸芸術センター小ホール(プロコフィエフホール)で「松本昌敏 PIANO♪NOW! 色とりどりの花束(ポプリ)」。
娘のピアノの恩師(大阪音大教授)です。

<知る人ぞ知るドイツの名器ブリュートナーで奏でる、古典からロマン、フランスやジャズ風といった、さまざまなスタイルの名曲をアラカルトで楽しんでいただけるプログラムでお届けします。
暖かく澄んだ響きのピアノで、作品ごとの音色の違いを味わって頂けたらと思います>

曲目は、モーツァルト:ソナタ 変ロ長調K570など7曲+1。

相変わらず、迫力ある力強い響き、かと思えば清らかな流れるような音色・・・変幻自在の演奏です。
130人の小ホールならではでしょうか。鍵盤をたたく音が、空気振動となって耳に飛び込んでくる感動を味わいました。

昔、数々のコンサートで名演奏を奏でてくれた娘の先輩を久しぶりにお見掛けしました。嫁さんの口癖「美人で、華のある若手ピアニスト」。旦那さんは昔、私が鉄鋼メーカーに勤めていたころ、お客さんだった電機メーカーに勤務されています。

|

12/11/2017

きょうは「笑都大阪 笑うまちには福が来る」セミナー第1回


平成29年度住まいの大阪学 連続セミナーの第1回は、「古典のパロディから新喜劇へ」。
講師は森西真弓氏(大阪樟蔭女子大学教授)。
3回の連続セミナーです。第2回は、1/21 「笑福亭松鶴代々と大阪の人々」、第3回は2/18 「萬歳から漫才へ」。
場所は、天神橋筋6丁目の大阪市立住まい情報センター。

|

11/22/2017

京都国立博物館の国宝展へ

今月は奈良国立博物館の正倉院展(11/8 水)、あべのハルカス美術館の北斎展(11/13水)、京都国立博物館の国宝展(11/21火)と文化の香り高い催しに相次いで出かけました。

北斎展と国宝展は予想通りの待ち時間に閉口。ハルカス美術館は屋内の行列ですが、京都国立博物館はチケット購入後、屋外で2時間のながーい入館待ち行列、入館後も展示室までまたまた行列です。天気のいい日を選んで、出かけたので、それほど苦にはなりませんでしたが、寒くて雨天だったらちょっとつらいでしょうね。杖をついた熟年世代も多かったのですが、皆さんがまんのひととき。

日本に800点あまりの国宝のうち、今回の国宝展に出陳されているのは210点、これを4回に分けて展示しています。私が出かけたのは最後の第4期。NHKの特集番組で取り上げていた 雪舟の国宝6点、曜変天目茶碗(京都・龍光院。国宝3点のうち、大阪・藤田美術館のものは特別展で観たことがあります)、金印はすでに展示が終わっていましたが、教科書でお馴染みの伝源頼朝像、源氏物語絵巻、平家納教、尾形光琳の蕪子花(かきつばた)図屏風、如拙の瓢鮎図、丸山応挙や蕪村の絵画など次々実物が観られて実に壮観でした。縄文土器なのに縄目のない火焔型土器や縄文の女神なども本物を初めて観ました。
1階にでーんと設置されていた河内長野・金剛寺の大日如来座像には驚きました。あんなでっかい仏像をどうやって京都まで運んだのでしょう。

どちらを向いても国宝ばかりの贅沢な展覧会、京都国立博物館開館120周年記念のイベントです。2時間待って入場しただけの価値はありました。

P1180409


P1180412


P1180418


|

11/21/2017

日本最大のフェルメール展開催へ


神戸に「真珠の耳飾りの少女」を観に行ったのは2012年でしたっけ。もっと前、大阪市立美術館でフェルメール展が開かれた時は、美術館への道が「フェルメール通り」と命名されました。今回も大変な人出でしょう。

http://www.sankei.com/life/news/171120/lif1711200047-n1.html

|

より以前の記事一覧