07/16/2019

勝間凧(こつまいか)の「イカ」と「タコ」

NPOすみよし歴史案内人の会のガイドコースのなかに、新たに加わったのが「粉浜から勝間街道を北上する」。訪問地のひとつに、「上の天神 生根神社」があります。夏の「だいがく」、冬の「勝間南瓜祭」で有名な神社です。ここの社務所に幕末から明治・大正期に流行した「勝間凧(こつまいか)」が飾ってあります。タコがどうしてイカ?

 

大阪大学招聘教授高島幸次先生(日本近世史)の「上方落語史観」(2018、発行所140B)が、「タコ」と「イカ」について紹介しています。
古典落語「初天神」に、天神さんの縁日で寅ちゃんが「お父ったん、イカ買ぅて」とねだるシーンが登場しますが、このイカは現在の「タコ」。
滝沢馬琴が「その形から烏賊(いか)と呼ばれていたが、江戸では烏賊に対抗して、章魚(たこ)と呼ぶようになった」と書いています。
江戸城大奥に通じる切手門の内側に、火をつけたイカ(紙鳶)が落ちたため、1646年と1654年に江戸幕府がイカ禁止令を出しました。そこで江戸ではタコと改称して揚げ続けたというのです。もっとも「いか」の呼び名もすたれてはいませんでした。

 

明治時代に東京で発行された唱歌集にも「イカ(紙鳶)のぼし」「いかのぼり」が登場します。しかし、明治末から大正に「タコノウタ」となり、文部省唱歌にも採用され、「タコ」が全国を席巻することになります。

 

ということだそうです。玉出の生根神社を案内するとき、知っておきたい話題です。それにしても「落語」、おそるべし。近世史の真実がいっぱい詰まっています。

 

|

動画「住吉大社神輿洗神事」

もう日が変わってしまいましたが、きのう7月15日は「海の日」、住吉祭の神輿洗神事がありました。
毎年、見に行っていますが、同じ祭や神事を何回も見ると、新たな撮影の場所や目の付け所が見つかって面白いですね。

今回は、鳴環(なりかん)の取り付けをじっくり見ました。重量2t(2.6t説も)もある神輿ですから、、鳴環が抜けたら一大事です。どういう仕組みで止めているのか、よくわかりました。動画の中に、その一端を紹介しています。ちょっと角度が悪かったですが・・・

神輿が反橋を渡るシーンは、日本製鉄広畑の迎賓館(京見会館)で見た(住吉大社にもあるそうですが)朝井清の版画が描く角度から眺めるのが、いちばん迫力がありますね。今回の動画は、ほぼそれに沿った構図になっています。

https://youtu.be/Kh6NJcBCyo8

|

07/10/2019

「動画で巡る大阪の祭マップ」

本日、1日かけてOSMマップに組み込んだ74本(1本増やしました)の動画をチェックし、不具合を修正しました。下記URLからご覧ください。
個々のラベルが読み取れる程度まで拡大し、「青四角+白丸」マークをクリックすれば動画の窓が開きます。1本3分間です。(全部で222分間)。
ラベルには祭の名称と撮影年を表示しました。

なお、マークの色は季節を表します。春(3-5月):ピンク、夏(6-8月):青、秋(9-11月):赤、冬(12-2月):茶。

有名人も多数登場します。
朝ドラのヒロイン(「マッサン」のシャーロット・ケイト・フォックスや「純と愛」の夏菜)、相撲の貴乃花、落語の桂文枝(歌・ハワイアン・真田丸の千利休)や桂米團治(三番叟)、その他文楽やテレビによく出てくる俳優さん、元宝塚や元OSKの皆さんも。

http://u.osmfr.org/m/344568/

|

07/08/2019

「動画で巡る大阪の祭マップ」

過去6年間に撮りためた350本の動画から大阪市内の祭をテーマにした作品73本を選び、OSMの地図に埋め込みました。
1本3分間ですからトータル219分間のボリューム、ちょっとした動く大阪の祭図鑑です。
こういう形に整理すれば、いつでも気軽に見ることができて便利です。1本3分間というコンパクトさですし、インターネットでどこでも見ることができます。

 

同じ祭を何回も取り上げている場合もあります。比較してみることができます。例えば大神輿が大和川を渡るときの水位は年によって違います。去年からパレードも露店もなくなった愛染まつりも、過去のにぎやかな様子を見ることができます。

 

祭のマークは、春・夏・秋・冬で色わけして見やすくしました。なお、トップ画面はラベルが重なって見にくくなっていますが、利用時は必要な個所を拡大します

 

(まだチェックが終わっていませんので、とりあえず静止画で)8

 

1_20190708222501 2_20190708222501

 

3_20190708222601 4_20190708222601 5 6 7

 

|

07/04/2019

きょうのOSMサーベイ

午前中は明日の古文書研究会の予習、午後はヘアカットの後、周囲のOSMサーベイ。
帰宅後、次の10件を登録。

安倍晴明神社(すでに登録されているが漢字が間違っている。修正できなかったのでとりあえず追記)、安倍晴明像、葛之葉姫図、晴明公産湯井の跡、安倍晴明生誕伝承地。
第二王子社、もと熊野街道、願掛け御烏(カラス)大神、葛之葉稲荷大明神、天王寺蕪。

|

07/03/2019

G20に住吉大社の大神輿

Sp11006250628g20

|

07/02/2019

大江神社で茅の輪くぐり

愛染さんの後は、隣の大江神社へ。茅の輪をくぐりました。
境内に「夕陽岡」の碑、芭蕉たちの句碑があるのですが、OSMに登録されてたかな? ほかに愛染坂の途中に、芭蕉がなくなる一カ月前に句会を開いた江戸時代の有名な「浮瀬亭(うかむせ)跡」の案内板も。なかったら追加登録候補。
愛染さん(四天王寺支院 愛染堂勝鬘院)の境内も、「大力金剛尊」「延命地蔵尊」「愛染めの霊水」「七福神」「哲学の椅子」「腰痛封じ」などは登録されてないのではないかな?

|

縁結びの霊木「愛染かつら」の花はいまが満開

大阪の夏祭りのトップバッター「愛染祭」、去年から露店も宝恵駕籠行列もなくなりましたが、境内の「愛染かつら」は健在でした。きれいな花が咲いていました。
今年も愛染娘の募集はありませんでしたが、世話人が手配した4人が参拝客の相手をしていました。初日には13:30から「宝恵駕籠上げ」もあったようです。
秀吉が戦勝祈願のために再建した重要文化財の多宝塔が昨年の台風21号で被害を受け、大修理中でした。
愛染娘さんから、修理支援のソフトクリーム(300円を寄付して)をいただきました。

Sp1100575Sp1100579Sp1100579Sp1100588Sp1100600

|

99分間の動画を埋め込んだOSM地図です!「住吉大社の神事や祭」

住吉大社境内のOpenStreetMapに、私が撮影した住吉大社の「3分間で早わかり!」シリーズの中から33本を選んで埋め込みました。
少し離れた正印殿(南朝の皇居だったところ)も表示範囲に含めていますので、ラベルが重なって見にくくなっています。拡大してご覧ください。
個々のマーク(まち針)をクリックすると、動画の窓が開きます。

http://u.osmfr.org/m/341534/

|

06/29/2019

大阪の夏祭、最後は住吉祭です

Img_20190629_0001 Img_20190629_0002

|

より以前の記事一覧