05/27/2017

言葉狩り好き新聞


相も変わらず、疲れる。


http://www.sankei.com/column/news/170527/clm1705270003-n1.html

|

05/26/2017

記者会見は、こういう詳細なやり取りを読まないと事実が見えてこない

記者が都合のいいところだけつないで勝手にまとめた記事はあてにならない。

http://www.sankei.com/politics/news/170526/plt1705260044-n1.html

|

05/25/2017

ストーリーありきのプロパガンダ


阿比留瑠比の極言御免(産経新聞 5/25)
朝日新聞を反面教師としたい 朝日流「ストーリーありきのプロパガンダ」


http://www.sankei.com/premium/news/170525/prm1705250008-n1.html

|

えっ?! 朝日新聞が憲法9条を正しく理解しないで護憲を主張している

http://www.sankei.com/column/news/170524/clm1705240006-n1.html

|

05/22/2017

沖縄の新聞に新風を、八重山日報


「反米」「反基地」「反自衛隊」路線を貫く「沖縄タイムス」「琉球新報」の2紙に対して、公平な事実を報道しようと立ち上がった八重山日報が、先発2紙の妨害を受けながらも、順調に読者を獲得しています。

http://www.sankei.com/politics/news/170522/plt1705220012-n1.html

|

05/20/2017

虎の威を借りる人


こういう話を聞くと、昔、サラリーマンだった頃、中小企業の社長さんや部長さんと仕事の話をしていて、「いやあ、お宅の××さん(日頃接することのないずーと上の上司の名前)とはいつもGOLFをする仲でして」などと言って来る人。本当かどうかわからないし、雲の上の上司に確認するわけにもいきませんから、むげにお帰りいただきにくくなります。
中には、一回でも会った人はみんな「自分のポンユウ」にして言いふらす人もいました。

http://www.sankei.com/column/news/170520/clm1705200003-n1.html

|

今週くらい、この欄を書くのに悩んだことはありません


きょうの「花田紀凱(かずよし)の週刊誌ウオッチング」の書き出しです。それはそうでしょう。古巣の週刊文春が槍玉にあがっているのですから。

そもそも新潮が疑いを持ち始めたのは、朝日新聞「慰安婦誤報騒動」の折り、朝日が池上彰さんのコラムの掲載を拒否したことをスクープした(はずだった)新潮が中吊り広告に載せたとき。中吊り段階では載せていなかった文春も記事にして新聞広告に掲載し、ネットにも文春のスクープとしてアップ。新潮は煮え湯を飲まされました。
以後、執拗な取材を重ねて今回、 グラビアと10ページの大特集を組んだのが新潮です。

現段階では、産経Webに転載されていませんので、ここに詳しい内容を書くのはやめておきます。読みたい方は、今朝の産経新聞を買ってお読みください。

|

05/15/2017

朝日新聞のデタラメ吉田証言はいつまでも利用される


http://www.sankei.com/world/news/170515/wor1705150009-n1.html

|

05/05/2017

めぐみさんへの手紙

第2回は子供の日に掲載されました。「めぐみ」ちゃんの名の由来が書いてあります。3人の子供さんとともに写っている早紀江さんが若い。

http://www.sankei.com/premium/news/170505/prm1705050016-n1.html

Sp11108760505_2


|

05/02/2017

北朝鮮は朝日新聞の身内 ? このやさしさはなぜ


http://www.sankei.com/west/news/170502/wst1705020042-n1.html

|

より以前の記事一覧