06/30/2019

講演「ジャーナリストから見た『帝塚山派』の作家たち」(元産経新聞編集委員 石野伸子さん)

会場の帝塚山学院同窓会ホールに早目に到着したので、しばし講師と雑談しました。20年近く前、産経新聞社のファックスモニター座談会に参加した時お会いし(全面2ページの特集記事になって2回掲載されました)、その後、知研セミナーの講師になっていただいたこと(水谷さん・海老名さん→「知研はいまも続いていますか?」と聞かれましたよ)などを話しました。
産経新聞は先月で退社されたそうです。講演の内容はいずれ学会誌に開催されるでしょうから省略。

ただ、「ご自身が東京転勤で味わった東京人の大阪人に対する偏見(大阪の女はがさつで、厚かましいなど)は、マスコミが流す固定観念(たこ焼き、ヒョウ柄、吉本・・・)とそれを安易に受け入れてしまう大阪の人たちにも問題がある。そういう意味で、ヒューマンで恥じらいのある(含羞の)帝塚山派文学を掘り下げて研究しようという学会活動には大きな意味がある」というお話には共感を覚えました。

 


もうひとつ、昨日、一昨日に作った「住吉大社の神事と祭の動画を埋め込んだOSM」を文学博士(万葉集)と住吉大社権禰宜さんに見ていただきましたので、近々公開することにしましょう。


 


写真は、石野さんの最新刊(書店では売ってないと思います。産経新聞社刊)


 


Photo_20190630214301


 


 

|

やっと梅雨入り、きょうは外出

2年前まで、きょうは愛染祭の宝恵駕籠行列について、あべのキューズモールから愛染さんに行って、愛染娘の乗った駕籠上げを見て参拝し、隣の大江神社で茅の輪くぐりもして、源氏堂で和菓子を買って・・・
と恒例のコースが決まっていたのですが、去年から愛染祭は本来の宗教行事に戻るということで、露店も行列もなし。

ということで、きょうは帝塚山派文学学会の講演会に参加する予定です。あいにくやっと梅雨入りし、外は雨ですが・・・。講師は産経新聞石野伸子編集委員。昔、座談会でご一緒したり、知研セミナーの講師になっていただいたり、「フジサンケイビジネスアイ」初代編集長(東京本社)を紹介していただいて講演をお願いしたり・・・15~20年近く昔のことですが。

|

06/24/2019

新聞も影響を受ける

今朝の朝刊に「G20で新聞の配達が遅れるかもしれません」とのお断りチラシが・・・。

|

06/09/2019

本庶先生を応援したくなる(花田紀凱)

|

過去の再検証甘い朝日(酒井信彦)

https://www.sankei.com/column/news/190609/clm1906090005-n1.html

|

04/30/2019

きょう、あすは特別夕刊

2日とも祝日ですが、平成から令和への記念すべき日。
特別に夕刊が発行されます。

0430

|

04/24/2019

河野外相、WTO判断めぐり朝日に抗議

https://www.sankei.com/politics/news/190424/plt1904240004-n1.html

|

04/23/2019

朝日新聞カメラマン批判される

https://news.nifty.com/article/domestic/society/12184-47603/

|

04/18/2019

なんだ、この新聞広告は!

きょう(4/18)の産経夕刊にはびっくり。なんと1面から最後の14面までのすべてに同じ映画の広告が掲載されています。しかも5~10面までの6ページは全面広告。どうみても一般記事よりこの映画広告の分量のほうが多い。今まで全然知らなかった映画のタイトルですが、確かにタイトルだけは頭に入りました。


 


そういえば中島貞夫監督が、20年ぶりに後世に残せる本格的チャンバラ映画として制作した「多十郎殉愛記」も現在上映中。日文研お墨付きで監督の講演も聴いたし、あちらの方が優先度は高い。


 


20190418

 

|

04/14/2019

平成は新聞凋落の時代だった、令和は生き残る新聞と消え去る新聞に分かれる時代

中国の主張に沿う記事が多い朝日、毎日が、漢籍由来とならなかった新元号への反発を記事にしていたとは知りませんでした。
相変わらずイデオロギーに固執する新聞が、インターネット時代に生き残れると思っていたら大間違い。

https://www.sankei.com/column/news/190414/clm1904140005-n1.html

 


 

|

より以前の記事一覧