12/02/2018

23年ぶり、冷蔵庫買い替え


阪神大震災で被災し、芦屋から堺に引っ越した時購入した冷蔵庫、5年前にピーピー音が止まらなくなって買い換えようかと考えたのですが、部品交換で修理できたのでそのまま使い続けてきました。まだ動いてはいますが、いくらなんでも23年は寿命だろうと、ついに買い換えることに。
5年前検討した時、買い換えたら年間電気代が約2万円(
401~450リットル)安くなるとわかりましたので、5年間の余分な電気代だけで新品が買えるほどの額に・・・。

そこで今回改めて、夫婦二人用の350~400リットルのデータで試算仕直すと
1995年 → 2018年(日立 R-K38JV)
年間消費電力量 860~980kWh → 350(510~630↓)
年間電気代 23220~26460円→9450(13770~17010↓) 
年間CO2排出量 440~501kg→179 (261~322↓)
年間CO2吸収量 杉31.4~35.8本→12.8(18.6~23↑)

http://terusakura.air-nifty.com/tetsus_top/2013/03/post-f2ae.html


|

11/13/2018

北陸電力、原発長期停止で高負荷になった火力発電がストップ、自社で電力賄えず

https://this.kiji.is/434897309062333537

|

11/06/2018

風力発電が生態系を破壊する

http://www.afpbb.com/articles/-/3196319

|

10/12/2018

太陽光発電にまた逆風


https://news.nifty.com/article/economy/economyall/12145-102600/

|

10/08/2018

原発停止とブラックアウト

https://www.sankei.com/smp/economy/news/181007/ecn1810070001-s1.html

|

10/04/2018

地球は氷河期に向かっている?


https://www.facebook.com/166623963389149/posts/2038859556165571/

|

09/03/2018

旧民主党幹部が、いま太陽光発電反対運動の先頭に立っているわけ


こんなことになっていたのですか。

「自然再生エネルギーの前向きな評価だけに基づいて制度設計したが、当時は予想できなかった事態の発生に内心じくじたるものがある」、「本来は環境に優しいはずの太陽光発電が環境を破壊し、二酸化炭素削減のはずが山林の大規模伐採で二酸化炭素を吸収する樹木を切り倒している。住民を幸せにするどころか、感情を逆なでしている。起きている現実には反対せざるをえない」。国民民主党副代表 渡辺周氏はこう語っています。細野豪氏も渡辺氏とともに、メガソーラー建設計画の許可見直しを求めています。

「コンクリートから人へ」政策が各地の自然災害を大きくしたことなど、民主党の愚策が招いた被害は少なくありません。野党の支持が下がる一方なのも当たり前。

それにしても「49kWの罠」・・・政策立案時の無策が原因ですね。


https://www.sankei.com/politics/news/180903/plt1809030001-n1.html

|

08/27/2018

太陽光発電・風力発電にまた逆風

豪雨や台風で損壊が相次ぎ、再生エネルギーの普及にブレーキがかかりそうです。根本的に耐久性の検討が必要? (産経新聞 8/27 朝刊)

Sp1000098


|

08/17/2018

夏の電力、夕方以降ピンチ。太陽光発電の出力急減


当然と言えば当然。夜は太陽が照らないからねぇ。

|

07/10/2018

猛暑対策の最新技術

https://www.sankei.com/premium/news/180708/prm1807080011-n1.html

|

より以前の記事一覧