05/29/2017

シンポジウム楠木正成考 その1

5/26(金)に、産経新聞主催の「シンポジウム楠木正成考 ゆかりの地から見る大楠公・小楠公」(河内長野市ラブリーホール)に出かけてきました。シンポジウムは今回で3回目。神戸・湊川神社、東京、そして今回の河内長野と場所を変えながら開催されてきました。私が参加したのは初めて。会場は1,300人の人でいっぱい。申込みは2,000人だったそうです。パネラーの寺社の宮司さんだか長老の方が、奥さんは抽選に外れて参加できなかったと披露されていました。

概要は5/27付の速報記事(詳報は6月)をご覧いただくとして、まずプログラムの紹介です。

第一部 特別講演「美しいメロディーを歌い継ぐ」(雅楽師 東儀秀樹氏)。
第二部 基調講演「楠公さんの魅力と日本遺産」(マンガ家/大阪芸大教授 里中満智子氏)
第三部 パネルディスカッション「ゆかりの地から見る大楠公・小楠公」(千早赤阪村長・河内長野市長・四條畷市教育長・観心寺長老・湊川神社宮司・里中満智子氏・コーディネーター 安本寿久産経新聞編集委員)

東儀秀樹さんのショウ、シチリキの演奏で懐かしい叙情歌「おぼろ月夜」「浜辺の歌」や「青葉繁れる桜井の」を聴きました。いずれの曲も「これぞ日本の心」と感じさせてくれる不思議な力がありました。アンコールの「仰げば尊し」はとくに素晴らしかった! こうした名曲が教科書から消えてしまったことは、とても残念です。東儀さんは消えた日本の歌を復活させる運動をされているそうです。
ロビーで販売していた東儀さんのCDが、飛ぶように売れていました。

Sp1130019


Sp1130021


Sp1130022


|

09/26/2016

豊洲問題、こういう意見も


盛土の上にビルを建てるってそもそもの案 も、こんにゃくの上に建てるようなもので大丈夫?という気がしますが・・

http://www.sankei.com/column/news/160925/clm1609250007-n2.html

|

02/17/2016

太陽研究者の<地球寒冷化>警告、無視するな


NHKは取り上げない話題だと思いますが・・・

<地球温暖化問題は本来、環境科学のテーマだが、ソ連崩壊に伴う冷戦構造の消滅が関係しているともいわれる。全世界を束ねる緊張のシステムが求められたという解釈だ。一方、太陽活動の低下は、地球が寒冷化に向かうことを示唆しているが、太陽物理学者の意見は無視されがちだ。炭酸ガス増加による地球温暖化論は、人間活動のためとする「人為説」、太陽活動の低下による地球寒冷化論は、太陽磁場の変動のためとする「自然説」>。
太陽活動がこのまま低下すれば、2030年過ぎに太陽活動のピークが消え、やがてかつて太陽の黒点が少なかった時期のように、テムズ川や隅田川が結氷する?
<地球温暖化問題は、自然科学以上に国際政治と経済が深く複雑に絡んだ課題なのだ>。
地球温暖化議論はこのままでいいのでしょうか?

http://www.sankei.com/column/news/160217/clm1602170006-n1.html

|

09/06/2015

イルカの真実、映画に


海老名 要一さんに教えていただいた「Behind "THE COVE" digest」です。

  https://youtu.be/SVGklokZYWI

|

05/31/2015

森本敏氏の講演会

今日は、昨日買ってきた青梅(南高梅 880円/kg を2kg )を丁寧に洗い、3時間水に浸けて悪抜き後、ザルに入れて乾燥。午前中に帝塚山音楽祭の店巡り。昼から大阪科学技術センターに出掛けて、「シンポジウム いま改めて考えよう地層処分 ~高レベル放射線廃棄物の問題を将来に先送りしないよう、一緒に考えましょう~」に参加しました。
基調講演・拓殖大学特任教授(元防衛大臣)「エネルギー安全保障と地層処分」の後、パネルディスカッションが行われました。
夕方の民放テレビを観ていたら、ニュースでちゃんとこのシンポジウムを取り上げていました。
この問題は「原発反対」などと言うだけでは済みません。すでに大量に貯まった高レベル放射性廃棄物を処分しなければならないのですから。後の世代に迷惑をかけないよう、いまの世代で解決の道筋をつけなけれなりません。
きょうの説明では、地層処分は安全にできるという研究の最前線が紹介されました。今後、国民全体の意識をどう育てどう対処していくか、ひとごとではありません。

Sp1110921


Sp1110923


|

05/08/2015

再生エネルギーへの道通し?

太陽光発電に停止指示が出るとは!
発電量が需要を超え、停電の恐れが出たためだそうです。

http://www.yomiuri.co.jp/science/20150507-OYT1T50052.html?from=ytop_main6

|

10/19/2014

階段の花壇

梅田で地下からヒルトンプラザウェストのー1階に上がる階段はちょっと変わっています。段と段の間から本物の花が顔を出しているのです。
狭い空間に少しでも花を、ということでしょうか。
手入れは大変かも知れませんが・・・

Sp1100406_4


Sp1100407


|

08/07/2014

食品だけではない、中国の危険

さっきたまたまネットで目にしたのが、「水槽に入れたら金魚が死んだ…中国産猛毒割り箸の恐怖」、週刊大衆の記事です。

<かねてから、中国産の食材は危険視されてきたが、それ以上に危険なのは中国産の割り箸。 上海のレストランで食事をしていた一般客が、割り箸を澄んだスープに入れたら、瞬く間に濁ったことから発覚。報告を受けた当局が調査のために割り箸を水槽に入れたら、元気に泳いでいた金魚が、ぷっかり浮かんできた>

<中国産の割り箸には、製造過程で強力な防カビ剤や、見栄えをよくするための漂白剤等が大量に使われている。しかも、ほとんど洗浄されずに出荷されているため、人体に有害な薬品がこびりついたまま>

<日本における割り箸の年間使用量は250億膳。その97%が中国産ということだから、他人事ではない>

<野菜や食肉といった食料品には、輸入時に検査があるが、工業製品である割り箸はフリーパス。日本では、"殺人割り箸"が日常的に使用されている危機的状況と言える>

割りばしの袋に、「中国産」なんて書いてないしなあ。

|

05/30/2014

山の神仏(かみほとけ) 吉野・熊野・高野

大阪市立美術館の特別展です。「紀伊山地の霊場」世界遺産登録10周年記念。会期も残すはあと3日、気が付いてあわてて観に行きました。最近、会期末に駆け込み鑑賞することが多くなりました。ちょっと反省。

http://www.osaka-art-museum.jp/sp_evt/deities-of-the-mountains/

|

05/29/2014

エネルギーの奔流 第2回/欲望の代償 破局は避けられるか  その4

NHKスペシャル

5)エネルギー分野でのイノベーションを期待するとともに、いますぐ低消費型生活に切り換えなければ、地球は破局するだろう。
←(コメント)福井地裁は、「豊かな国土と国民が根を下ろして生活していることが国富であり、これを取り戻すことが出来なくなることが国富の喪失と考える」と言っています。しかし、現在、「豊かな国土と国民が根を下ろして生活できていない国」はたくさんあります。そうした国が一斉に原発に走っている現状をどうするのか。
資源エネルギーのない日本が、豊かな生活レベルを今後も維持できる保証はありません。「(国富)を取り戻すことが出来なくなる」事態は、起りうる原発事故に限った話ではありません。すでに消費増税分に相当する毎年3兆円もの国富が石油や天然ガスを余計に購入する費用として海外に流出していますし、電気の不足・電気代値上がりは、産業・経済をガタガタにし、仕事もなくなる・・・。これも国富の喪失です。電気代だけにとどまらないから問題なのです。
ドイツの原発全廃をめぐる動きは、ヨーロッパ全体からみたとき、今後、どのような展開をみせるのでしょうか。(完)

|

より以前の記事一覧